伊豆市(いずし)の行政情報

伊豆市の地域情報

静岡県 伊豆市(いずし)

自然・歴史・文化が薫る 誇りと活力に満ちた「伊豆半島の新基軸(クロスロード)」・伊豆市~いつまでも住み続けたい次世代につなぐ礎づくり~

市区役所所在地:
〒410-2413 伊豆市小立野38-2 TEL:0558-72-1111
公式ホームページ:
http://www.city.izu.shizuoka.jp/

伊豆市は、2004年4月1日に旧修善寺・中伊豆・天城湯ヶ島・土肥の4町が合併し誕生しました。駿河湾、天城連山、狩野川の雄大な自然と豊富な温泉・山葵・椎茸に代表される特産品は全国有数の品質と生産量を誇っております。

他の地域と行政データを比較する
伊豆市とよく比較される地域

土地

土地-出典・用語解説
土地平均価格(住宅地) 36,357円/m2 341位(815市区中)
土地平均価格(商業地) 59,425円/m2 374位(809市区中)

住宅取得支援 新築建築

住宅取得支援 新築建築-出典・用語解説
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 11.5万円
利子補給条件・備考 : (a)申請時に伊豆市内に住民登録を有する(b)自己専用住宅を新築(既存住宅建替えは対象外)または購入している(c)返済期間が5年以上、500万円以上の借入金がある(d)申請者及び同居家族の総所得が700万円以下(e)建物の延べ床面積が135m2以下である(6人以上同居、60歳以上老人、身体障害者のいる世帯は240m2以下)(f)当利子補給制度以外に住宅建設資金の利子補給を受けていない(g)市税の滞納がない。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100万円+α
補助/助成金条件・備考 : 【伊豆市若者定住促進補助金(住宅補助事業)】夫婦のどちらかが満40歳以下の若者世帯が移住定住を目的に新たに土地及び住宅を取得した際に上限100万円を助成。住宅のみを取得した際、上限50万円を助成。中学就学以前の子ども一人につき、10万円を加算。

住宅取得支援 新築購入

住宅取得支援 新築購入-出典・用語解説
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 11.5万円
利子補給条件・備考 : (a)申請時に伊豆市内に住民登録を有する(b)自己専用住宅を新築(既存住宅建替えは対象外)または購入している(c)返済期間が5年以上、500万円以上の借入金がある(d)申請者及び同居家族の総所得が700万円以下(e)建物の延べ床面積が135m2以下である(6人以上同居、60歳以上老人、身体障害者のいる世帯は240m2以下)(f)当利子補給制度以外に住宅建設資金の利子補給を受けていない(g)市税の滞納がない。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100万円+α
補助/助成金条件・備考 : 【伊豆市若者定住促進補助金(住宅補助事業)】夫婦のどちらかが満40歳以下の若者世帯が移住定住を目的に新たに土地及び住宅を取得した際に上限100万円を助成。住宅のみを取得した際、上限50万円を助成。中学就学以前の子ども一人につき、10万円を加算。

住宅取得支援 中古購入

住宅取得支援 中古購入-出典・用語解説
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 11.5万円
利子補給条件・備考 : (a)住宅建設資金の申請時、市内に住民登録を有する。(b)自己専用住宅を新築(既存住宅の建替えは対象外)、または購入。(c)返済期間が5年以上で500万円以上の借入金。(d)申請者及び同居家族の総所得が700万円以下。(e)建物の延べ床面積が135m2以下(6人以上同居、60歳以上老人、身体障害者のいる世帯は240m2以下)。(f)当利子補給制度以外に住宅建設資金の利子補給を受けていない(g)市税の滞納がない。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100万円+α
補助/助成金条件・備考 : 【伊豆市若者定住促進補助金(住宅補助事業)】夫婦のどちらかが満40歳以下の若者世帯が移住定住を目的に新たに土地及び住宅を取得した際に上限100万円を助成。住宅のみを取得した際、上限50万円を助成。中学就学以前の子ども一人につき、10万円を加算。

住宅支援 増築・改築・改修

住宅支援 増築・改築・改修-出典・用語解説
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)14.4万円(2)90万円(3)12.5万円
補助/助成金条件・備考 : (1)【木造住宅補強計画策定事業】1981年5月以前に建築された木造住宅の総合評点を1.0以上とする補強計画策定費用の2/3(上限9.6万円)を助成。高齢者等住宅は上限14.4万円。(2)【木造住宅耐震補強助成事業】木造住宅の耐震補強工事にかかる費用を助成(上限70万円)。高齢者等住宅は上限90万円。(3)【耐震シェルター設置事業】総合評点1.0未満の住宅に耐震シェルターを設置するのに要した費用の1/2(上限12.5万円)を助成。

新・省エネルギー設備機器等導入補助制度

新・省エネルギー設備機器等導入補助制度-出典・用語解説
都道府県の助成制度 あり
都道府県の助成内容 【平成30年度住宅用強制循環型太陽熱利用設備補助金】住宅用建物に強制循環型太陽熱設備の設置費用を助成。補助対象経費の1/10、上限10万円。
都道府県の助成制度申請期間 2018/10/1~2019/3/11
市区の助成制度 あり
市区の助成内容 【伊豆市住宅用太陽光発電システム設置費補助金】1kWあたり3万円、上限10万円の補助。
市区の助成制度申請期間 2018/4/2~

住宅支援 その他

住宅支援 その他-出典・用語解説
移住支援制度 あり
移住支援制度-備考
空き家バンク制度の他、若者定住促進補助金住宅補助事業として、夫婦いずれかが満40歳以下の若者世帯が土地を購入し住宅を建築又は購入した場合は100万円を、住宅を建築又は購入した場合は50万円を補助。さらに、中学校未就学の始期に達するまでの児童に対して1人につき10万円を交付。補助金交付予定者に対して、地元金融機関が金利を優遇。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【若者定住促進補助金[賃貸補助事業]】婚姻届の提出から1年以内で夫婦のいずれかが満40歳以下の若者世帯が契約した賃貸住宅の家賃を月額2万円、24ヶ月間補助)

※順位は登録されている市区のみを対象に算出されたものです

※調査後の制度改変、数値変更等により実際と異なる場合があります。
 最新情報は各市区役所へお問合せください。

伊豆市の情報

竹林の小径 竹林の小径

※会員の投票によりチャートを作成

【生活ガイド.comで提供しているサービス】

地域情報主要都市札幌仙台さいたま川崎横浜静岡浜松名古屋神戸広島北九州北海道・東北北海道(東部)北海道(西部)青森岩手宮城秋田山形 福島関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川北陸・甲信越新潟富山石川福井山梨長野東海岐阜静岡愛知三重関西滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄地域特集横浜市松戸市江戸川区川口市京都市川崎市船橋市さいたま市奈良市宮古島市神戸市高槻市武蔵野市つくばエクスプレス足立区越谷市相模原市八王子市
サービス一覧Q&A口コミ地域レコメンド検索