「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

鹿児島市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【移住相談・情報提供】コーディネーターによる相談対応やポータルサイト等よる情報発信等。(2)【かごしま市IJU倶楽部】本市への移住を検討されている県外在住者を対象として、一時滞在時の宿泊施設やレンタカー利用のほか、住まい確保に係る特典サービスを提供。(3)【移住奨励金】県外から本市へ移住される方に対して、予算の範囲内で、引越費用等を対象として奨励金を交付。(4)【安全安心住宅ストック支援事業】県外からの移住者が行う戸建住宅、分譲マンションの専有部分のリフォームに要する費用の一部を補助。(5)【クリエイティブ人材誘致事業】首都圏等のクリエイティブ関係の個人事業者や創業を予定している方等に対する情報発信による支援。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)170万円(2)66.6 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【安全安心住宅ストック支援事業】耐震診断は補助率2/3(上限10万円)。耐震改修は補助率1/2(上限100万円)。リフォームは条件ごとに補助率20%~60%(上限20万円~60万円)。(2)【高齢者等住宅改造費助成事業】要支援以上の65歳以上の高齢者が住む既存住宅等を改造する場合、対象経費の2/3を助成(上限66.6万円)。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域指宿市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【定住促進事業】65歳以下の市外居住者(Uターン除く)が、指宿市に移住して1年以内に住宅を新築又は購入した場合、費用の一部を助成。(2)【お試し滞在サポート事業】指宿市への移住下見にかかる旅費の一部を補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 732 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅の建設または購入(これに必要な土地の取得および敷地造成含む。)に要する資金として金融機関その他の機関から借り入れた資金にかかる利息(年利率が8.5%を超えるときは、年利率8.5%で算出して得た額に相当する利息に限る)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【定住促進助成金】購入経費の1/2を助成。50歳以下は上限100万円、51~65歳以下で上限50万円。※ただし、Iターンに限る。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 732 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅の建設または購入(これに必要な土地の取得および敷地造成含む。)に要する資金として金融機関その他の機関から借り入れた資金にかかる利息(年利率が8.5%を超えるときは、年利率8.5%で算出して得た額に相当する利息に限る)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【定住促進助成金】購入経費の1/2を助成。50歳以下は上限100万円、51~65歳は上限50万円。※ただし、Iターンに限る。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 732 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅の建設または購入(これに必要な土地の取得および敷地造成含む。)に要する資金として金融機関その他の機関から借り入れた資金にかかる利息(年利率が8.5%を超えるときは、年利率8.5%で算出して得た額に相当する利息に限る)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【定住促進助成金】購入経費の1/2を助成。建築年数10年以内の住宅を購入した場合、50歳以下は上限80万円、51~65歳は上限40万円。建築年数10年を超える住宅を購入した場合、50歳以下は上限50万円、51~65歳は上限25万円。※ただし、Iターンに限る。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 36 万円
補助/助成金条件・備考等 【木造住宅の耐震診断・耐震改修に対する補助】一定の要件を満たす木造住宅の耐震診断・改修に要する費用について、補助金を交付。耐震診断は経費の2/3以内、上限6万円。耐震改修工事は経費の23/100以内、上限30万円。

周辺地域垂水市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)新規転入者で自ら居住するために市内に住宅を建設・購入された方に最大150万円助成。(2)空き家バンク制度を実施。(3)【空き家リフォーム促進事業】空き家バンク登録物件のリフォームへの助成。最大50万円。(4)子育て世帯が、自ら居住するために市内に住宅を建設・購入された方に最大50万円助成。(5)転入者向けに、空き家バンク登録物件、または民間賃貸住宅の家賃を助成(月額5,000円~月額1.5万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚生活支援事業】2021年4月1日~2022年3月31日までに婚姻届を提出し、垂水市に住民票がある世帯[夫婦共に39歳以下かつ世帯所得が400万円未満]新生活準備にかかる費用について、最大30万円まで補助。[夫婦共に50歳以下]新生活準備にかかる費用について、最大15万円まで補助。【民間賃貸住宅助成事業】婚姻[夫婦共に40歳未満]を契機として、垂水市の民間賃貸住宅を借り上げた世帯について月額1.5万円、最大36ヶ月の家賃助成)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券+現金)150 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得費等助成金】市内で住宅を建設・購入された転入者を対象に費用の一部を助成。転入世帯は100万円、子育て転入世帯は150万円。11のメニューから選べるオプションあり(16万円相当)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券+現金)150 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得費等助成金】市内で住宅を建設・購入された転入者を対象に費用の一部を助成。転入世帯は100万円、子育て転入世帯は150万円。11のメニューから選べるオプションあり(16万円相当)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券+現金)150 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得費等助成金】市内で住宅を建設・購入された転入者を対象に費用の一部を助成。転入世帯は100万円、子育て転入世帯は150万円。11のメニューから選べるオプションあり(16万円相当)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)45万円(2)6万円(3)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム促進事業】市税等に滞納のない市内居住者が所有する市内住宅が対象。対象工事費について一般世帯10%上限15万円、子育て世帯30%上限45万円補助。(2)【木造住宅耐震診断補助事業】1981年5月31日以前に建築(着工)された住宅が対象。耐震診断に要する費用の2/3、上限6万円を補助。(3)【木造住宅耐震改修工事補助事業】1981年5月31日以前に建築(着工)された住宅が対象。耐震改修工事に要する費用の23/100、上限30万円補助。

周辺地域薩摩川内市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空家バンク・空家バンク制約奨励金。(2)定住住宅取得補助金。(3)定住住宅リフォーム補助金。(4)UIJターン家賃等補助金。(5)薩摩川内市奨学金返還支援補助金。(6)新幹線通勤定期購入補助金。(7)移住体験住宅。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援補助金】結婚に伴う新生活のスタートアップに係る住宅の取得費または賃借費[家賃1月分、敷金、礼金、仲介手数料など]、引越費用を補助[上限30万円]。婚姻時夫婦ともに39歳以下、夫婦の合計所得が400万円未満など、諸条件あり)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 150 万円
補助/助成金条件・備考等 【定住住宅取得補助金】2020年4月から2023年3月31日までの間に転入し、自らの定住のために市内業者を利用して市内に住宅を新築した方(条件あり)に、地域によって20万円~150万円を補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 150 万円
補助/助成金条件・備考等 【定住住宅取得補助金】2020年4月から2023年3月31日までの間に転入し、自らの定住のために市内業者を利用して市内に住宅を新築した方(条件あり)に、地域によって20万円~150万円を補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 150 万円
補助/助成金条件・備考等 【定住住宅取得補助金】2020年4月から2023年3月31日までの間に転入し、自らの定住のために市内業者を利用して市内に住宅を新築した方(条件あり)に、地域によって20万円~150万円を補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)15万円(3)9万円(4)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【定住住宅リフォーム補助金】2020年4月から2023年3月31日までの間に転入し、市内業者で自己の居住用住宅のリフォームをした方に、地域によって70万円~100万円を補助。(2)【既存住宅改修環境整備事業】対象工事等経費の20%、上限15万円を補助。(3)【木造住宅耐震診断補助金】耐震診断費用の2/3、最大9万円。(4)【木造住宅耐震改修工事補助金】耐震改修費用の80%、上限100万円。

周辺地域日置市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【過疎地域移住定住促進事業】日置市に転入し補助対象地域で住宅を購入する一定の要件を満たす方へ補助金を交付。55歳以下が一件当たり20~40万円(18歳以下の扶養者を有する場合は、一人当たり10万円を加算、市内業者加算10万円)、56歳から65歳が上記金額の1/2。(2)【空き家バンク】市ホームページで物件情報を公開。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 40万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 【過疎地域移住定住促進事業】日置市に転入し補助対象地域で住宅を購入する一定の要件を満たす方へ補助金を交付。55歳以下が一件当たり20万円~40万円(18歳以下の扶養者を有する場合は、一人当たり10万円を加算、市内業者加算10万円)、56歳から65歳が上記金額の1/2。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 40万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 【過疎地域移住定住促進事業】日置市に転入し補助対象地域で住宅を購入する一定の要件を満たす方へ補助金を交付。55歳以下が一件当たり20万円~40万円(18歳以下の扶養者を有する場合は、一人当たり10万円を加算、市内業者加算10万円)、56歳から65歳が上記金額の1/2。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 40万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 【過疎地域移住定住促進事業】日置市に転入し補助対象地域で住宅を購入する一定の要件を満たす方へ補助金を交付。55歳以下が一件当たり20万円~40万円(18歳以下の扶養者を有する場合は、一人当たり10万円を加算、市内業者加算10万円)、56歳から65歳が上記金額の1/2。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30 万円
補助/助成金条件・備考等 【空き家改修助成】空き家を取得または賃貸し一定の要件を満たす方へ改修に係る費用の1/2を助成。上限30万円。

周辺地域南さつま市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度。(2)【家財処分家財処分等補助金】空き家バンク登録物件の所有者、または入居者を対象に、家財道具の処分・搬出に係る経費の一部を補助(上限10万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)120万円(2)250万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【マイホーム取得補助金】新築を建築した場合に加算方式で補助。移住者40万円、指定区域40万円、市内業者利用40万円、上限は120万円。(2)【移住定住促進補助金】移住者100万円、既定住者50万円、加算額あり、上限なし。市が指定する土地に建てることが条件。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【マイホーム取得補助金】新築を購入した場合に加算方式で補助。移住者40万円、指定区域40万円、市内業者利用40万円、上限は80万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【マイホーム取得補助金】中古住宅を購入した場合に加算方式で補助。移住者40万円、指定区域40万円、上限は80万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)30万円(2)30万円(3)6 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム補助金】補助率1/10、上限30万円。合併浄化槽または集落排水施設に接続するための排水設備の改造・改修及びトイレ改修は補助率3/10、上限20万円。(2)【木造住宅耐震改修工事補助金】補助率23/100、上限30万円。(3)【木造住宅耐震診断補助金】補助率2/3、上限6万円。

周辺地域南九州市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク登録促進補助金(空き家バンク登録物件に残存する家財道具等の処分・搬出に要する経費補助。上限10万円)。(2)お試し居住事業。(3)働く若者定住促進補助金(南九州市に新たに転入し市の「一般住宅[単身用]」に新たに入居する30歳未満の働く若者を対象に家賃負担額の最大半額を補助)。(4)子育て転入世帯家賃応援補助金(南九州市に新たに転入した子育て世代に家賃負担額の半額を補助。新たに民間賃貸住宅の賃貸借契約を締結し、2021年4月1日以降に南九州市に転入し居住を開始している子育て世帯で、市内外の事業所に常用の雇用者として勤務する方が対象。家賃から住宅手当を控除した額×1/2、月額上限2万円を最長36ヶ月補助)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 106 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住・定住促進対策補助金】住宅の取得経費額などの1割もしくは下記の補助金額のいずれか低い額を交付。新築・建売購入の場合20万円。市内建築業者の施工の場合は加算金20万円。子育て世帯の場合は加算金10万円。なお、子育て世帯とは義務教育を終了するまでの子どもと生計を一にする世帯。市分譲宅地購入の場合は加算金として土地代の1割、上限56万円(最高分譲価格566万円の1割)。助成制度上限金額106万円(新築20万円+市内建築業者20万円+子育て世帯10万円+市分譲宅地56万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住・定住促進対策補助金】住宅の取得経費額などの1割もしくは下記の補助金額のいずれか低い額を交付。新築・建売購入の場合20万円。市内建築業者の施工の場合は加算金20万円。子育て世帯の場合は加算金10万円。なお、子育て世帯とは義務教育を終了するまでの子どもと生計を一にする世帯。助成制度上限金額50万円(新築20万円+市内建築業者20万円+子育て世帯10万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住・定住促進対策補助金】住宅の取得経費額などの1割もしくは下記の補助金額のいずれか低い額を交付。中古住宅購入の場合、50万円。中古住宅とは購入金額200万円以上の住宅(土地代を除く)。子育て世帯の場合は、加算金10万円。なお、子育て世帯とは義務教育を終了するまでの子どもと生計を一にする世帯。助成制度上限金額60万円(中古住宅購入50万円+子育て世帯10万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30 万円
補助/助成金条件・備考等 【住み替え住宅リフォーム補助金】住宅リフォーム工事経費の1割もしくは下記の補助金額のいずれか低い額を交付。市内建築業者を利用して、市内の住宅の性能向上等のリフォームを行う方に対し20万円を補助。子育て世帯の場合は加算金10万円。子育て世帯とは義務教育を終了するまでの子どもと生計を一にする世帯。なお、現在居住中の住宅は対象外。

周辺地域姶良市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【空き家バンク】市内にある空き家物件の登録を募集、姶良市内の不動産業者が仲介し、姶良市への居住を希望されている方に、市が収集した空き家物件の情報を紹介するもの。(2)【姶良市ふるさと移住定住促進事業】姶良市の中山間地域における、市外からの転入者、市内からの転居者に対し補助を行うもの。最大310万円。※対象地区内の家賃物件から転居した場合も対象。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 465 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】1971年8月31日以前に建築された住宅で、がけ地の崩壊、土石流、地すべりにより、住民の生命に危険を及ぼすおそれのある土地に建っている危険住宅を安全な場所へ移転する又は購入して改修を行う場合、借入金の利息補給(年利率8.5%を上限とする)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 200 万円
補助/助成金条件・備考等 【姶良市ふるさと移住定住促進事業のうちの住宅等取得補助金】姶良市の中山間地区に住宅を新築または購入した場合、(a)満50歳以下の購入者。(b)満51歳~65歳未満の購入者に対し補助を行うもの(取得経費の1/2)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 465 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】1971年8月31日以前に建築された住宅で、がけ地の崩壊、土石流、地すべりにより、住民の生命に危険を及ぼすおそれのある土地に建っている危険住宅を安全な場所へ移転する又は購入して改修を行う場合、借入金の利息補給(年利率8.5%を上限とする)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 200 万円
補助/助成金条件・備考等 【姶良市ふるさと移住定住促進事業のうちの住宅等取得補助金】姶良市の中山間地区に住宅を新築または購入した場合、(a)満50歳以下の購入者。(b)満51歳~65歳未満の購入者に対し補助を行うもの(取得経費の1/2)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【姶良市ふるさと移住定住促進事業のうちの住宅等取得補助金】姶良市の中山間地区に住宅を新築または購入した場合、(a)満50歳以下の購入者。(b)満51歳~65歳未満の購入者に対し補助を行うもの(取得経費の1/2)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)36万円(2)40万円(3)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【姶良市木造住宅耐震診断・耐震改修工事補助】1981年5月31日以前に建築された3階建てまでの木造住宅が対象。診断は上限6万円で2/3補助、改修工事は上限30万円で23/100を補助。(2)【姶良市空き家リフォーム補助金】空き家改修費の30%補助(上限は30万円)。家財道具等の撤去にかかる費用の30%補助(上限は10万円)。(3)【姶良市ふるさと移住定住促進事業】中山間地区の中古住宅を購入または賃貸住宅を借用し、増改築した費用の1/2を補助。要件により異なり、50万円~100万円を助成。