「地域の魅力にかぶりつけ🍔ご当地バーガーランキング」投票受付中

鹿児島市の「医療」関連データ

昨今のコロナ禍で全国的に注目された、子どもの医療費助成や街の病院数、お医者さんの人数、病院のベット数など、ここでは医療に関するデータについて紹介しています。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで(ただし、住民税非課税世帯は18歳3月末まで)
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:3歳から中学校卒業までは、月2,000円の自己負担あり。3歳未満児および市町村民税非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで(ただし、住民税非課税世帯は18歳3月末まで)
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:3歳から中学校卒業までは、月2,000円の自己負担あり。3歳未満児および市町村民税非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 77 ヶ所 9位 (815市区中)
一般病床数 6,671 14位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 110.90 111位 (815市区中)
一般診療所総数 536 ヶ所 28位 (815市区中)
歯科診療所総数 375 ヶ所 28位 (815市区中)
医師数 2,607 18位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 43.34 50位 (815市区中)
内科医師数 669 17位 (815市区中)
小児科医師数 157 25位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 18.95 276位 (815市区中)
外科医師数 183 16位 (815市区中)
産婦人科医師数 102 15位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 8.17 81位 (815市区中)
歯科医師総数 731 21位 (815市区中)
小児歯科医師数 378 13位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 45.63 40位 (815市区中)

周辺地域の「医療」関連データをチェック

周辺地域指宿市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 8 ヶ所 180位 (815市区中)
一般病床数 361 477位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 90.79 212位 (815市区中)
一般診療所総数 35 ヶ所 541位 (815市区中)
歯科診療所総数 20 ヶ所 565位 (815市区中)
医師数 107 453位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 26.91 165位 (815市区中)
内科医師数 55 325位 (815市区中)
小児科医師数 12 417位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 26.02 120位 (815市区中)
外科医師数 10 473位 (815市区中)
産婦人科医師数 4 406位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 6.33 150位 (815市区中)
歯科医師総数 27 573位 (815市区中)
小児歯科医師数 22 378位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 47.70 31位 (815市区中)

周辺地域垂水市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 1 ヶ所 720位 (815市区中)
一般病床数 91 754位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 63.71 433位 (815市区中)
一般診療所総数 10 ヶ所 801位 (815市区中)
歯科診療所総数 6 ヶ所 803位 (815市区中)
医師数 23 784位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 16.10 498位 (815市区中)
内科医師数 9 800位 (815市区中)
小児科医師数 1 803位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 7.64 750位 (815市区中)
外科医師数 3 752位 (815市区中)
産婦人科医師数 0 704位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 0.00 704位 (815市区中)
歯科医師総数 6 808位 (815市区中)
小児歯科医師数 5 723位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 38.20 88位 (815市区中)

周辺地域薩摩川内市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 9 ヶ所 158位 (815市区中)
一般病床数 644 308位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 68.82 380位 (815市区中)
一般診療所総数 99 ヶ所 199位 (815市区中)
歯科診療所総数 37 ヶ所 355位 (815市区中)
医師数 214 273位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 22.87 255位 (815市区中)
内科医師数 99 186位 (815市区中)
小児科医師数 12 417位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 9.32 705位 (815市区中)
外科医師数 31 172位 (815市区中)
産婦人科医師数 9 252位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 5.61 195位 (815市区中)
歯科医師総数 64 299位 (815市区中)
小児歯科医師数 28 308位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 21.75 509位 (815市区中)

周辺地域日置市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 8 ヶ所 180位 (815市区中)
一般病床数 347 504位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 72.62 344位 (815市区中)
一般診療所総数 40 ヶ所 486位 (815市区中)
歯科診療所総数 21 ヶ所 546位 (815市区中)
医師数 95 486位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 19.88 346位 (815市区中)
内科医師数 52 347位 (815市区中)
小児科医師数 8 538位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 12.98 532位 (815市区中)
外科医師数 7 603位 (815市区中)
産婦人科医師数 1 600位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 1.26 656位 (815市区中)
歯科医師総数 30 537位 (815市区中)
小児歯科医師数 18 436位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 29.21 268位 (815市区中)

周辺地域南さつま市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 6 ヶ所 251位 (815市区中)
一般病床数 364 474位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 109.10 121位 (815市区中)
一般診療所総数 38 ヶ所 512位 (815市区中)
歯科診療所総数 12 ヶ所 721位 (815市区中)
医師数 73 562位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 21.88 287位 (815市区中)
内科医師数 35 495位 (815市区中)
小児科医師数 2 771位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 5.40 791位 (815市区中)
外科医師数 7 603位 (815市区中)
産婦人科医師数 1 600位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 1.90 587位 (815市区中)
歯科医師総数 17 696位 (815市区中)
小児歯科医師数 9 620位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 24.32 423位 (815市区中)

周辺地域南九州市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 4 ヶ所 374位 (815市区中)
一般病床数 116 729位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 33.97 685位 (815市区中)
一般診療所総数 28 ヶ所 624位 (815市区中)
歯科診療所総数 17 ヶ所 614位 (815市区中)
医師数 59 611位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 17.28 454位 (815市区中)
内科医師数 33 525位 (815市区中)
小児科医師数 9 507位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 24.15 149位 (815市区中)
外科医師数 8 564位 (815市区中)
産婦人科医師数 0 704位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 0.00 704位 (815市区中)
歯科医師総数 21 638位 (815市区中)
小児歯科医師数 18 436位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 48.30 28位 (815市区中)

周辺地域姶良市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで(ただし、住民税非課税世帯は18歳3月末まで)
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:中学生の課税世帯において、月2,000円までの自己負担あり。非課税世帯、小学校卒業までは自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで(ただし、住民税非課税世帯は18歳3月末まで)
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:中学生の課税世帯において1ヶ月2,000円までの自己負担あり。非課税世帯、小学校卒業までは自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 9 ヶ所 158位 (815市区中)
一般病床数 865 231位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 111.31 107位 (815市区中)
一般診療所総数 63 ヶ所 323位 (815市区中)
歯科診療所総数 34 ヶ所 381位 (815市区中)
医師数 173 325位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 22.26 274位 (815市区中)
内科医師数 59 303位 (815市区中)
小児科医師数 16 329位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 14.40 464位 (815市区中)
外科医師数 16 330位 (815市区中)
産婦人科医師数 8 271位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 5.43 216位 (815市区中)
歯科医師総数 45 406位 (815市区中)
小児歯科医師数 27 318位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 24.30 424位 (815市区中)