「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

八幡平市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【新規就農者等支援】市内先進農家で研修を受ける場合、2年を限度として生活費を助成。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【新婚新生活支援】最大60万円まで。夫婦所得の合計金額が400万円未満であること、夫婦とも婚姻日の年齢が39歳以下であること等、諸条件あり)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【木造住宅建築支援事業助成】木造住宅の新築工事、建築確認申請が必要な増改築工事(10m2を超える面積の増改築)で、施工業者による建築工事費が100万円(消費税抜き)以上の工事に対して助成。上限50万円。さらに市産材使用助成あり。市内で適法な手続きを経て伐採され、岩手県産材証明制度により市内で伐採されたことが証明された木材を新築・増改築工事に使用し、その木材が5m3以上使用される場合に助成。上限50万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)120 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅建築支援事業助成】建築確認申請が必要な増改築工事に助成(上限50万円)。市内で伐採された木材を増改築工事に使用する場合は、数量に応じ加算して助成(上限50万円)。(2)【木造住宅耐震改修工事助成】耐震診断の結果、判定値を1.0以上にするための改修工事費の1/2を助成。上限は、一般100万円、多雪区域120万円。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域盛岡市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【空き家等バンク制度】市内市街化区域内の空き家活用。移住者の場合、改修費補助に10万円の上乗せあり。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給条件・備考等 【盛岡市東日本大震災災害復興住宅建設等資金利子補給補助】東日本大震災の被災者のうち、盛岡市内に住宅を再建した者については、条件を満たした者に対し、最大60回分の利子の一部を補助するもの。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【盛岡市東日本大震災被災者住宅再建事業費補助】東日本大震災の被災者のうち、基礎支援金及び加算支援金を受けた者で、盛岡市に移住し、かつ住宅を建設又は購入(新築・中古は問わない)した世帯に対して補助金を助成するもの。上限は、複数世帯は100万円、単数世帯は75万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給条件・備考等 【盛岡市東日本大震災災害復興住宅建設等資金利子補給補助】東日本大震災の被災者のうち、盛岡市内に住宅を再建した者については、条件を満たした者に対し、最大60回分の利子の一部を補助するもの。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【盛岡市東日本大震災被災者住宅再建事業費補助】東日本大震災の被災者のうち、基礎支援金及び加算支援金を受けた者で、盛岡市に移住し、かつ住宅を建設又は購入(新築・中古は問わない)した世帯に対して補助金を助成するもの。上限は、複数世帯は100万円、単数世帯は75万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給条件・備考等 【盛岡市東日本大震災災害復興住宅建設等資金利子補給補助】東日本大震災の被災者のうち、盛岡市内に住宅を再建した者については、条件を満たした者に対し、最大60回分の利子の一部を補助するもの。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【盛岡市東日本大震災被災者住宅再建事業費補助】東日本大震災の被災者のうち、基礎支援金及び加算支援金を受けた者で、盛岡市に移住し、かつ住宅を建設又は購入(新築・中古は問わない)した世帯に対して補助金を助成するもの。上限は、複数世帯は100万円、単数世帯は75万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 90 万円
補助/助成金条件・備考等 【盛岡市東日本大震災復興住宅取得費補助金】(1)建設又は購入したバリアフリー住宅の床面積に応じ、最大90万円を助成。(2)建設又は購入した住宅の県産材使用量に応じ、最大40万円を助成。

周辺地域二戸市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)新規就農者支援。(2)漆掻き新規就業者支援。(3)移住体験補助金。(4)移住支援補助金。(5)移住定住住宅リフォーム補助金。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 29.2 万円
利子補給条件・備考等 【生活再建住宅支援事業】被災者を対象とし、住宅の新築、補修または改修のため借り入れを行った場合に補助。
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 29.2 万円
利子補給条件・備考等 【生活再建住宅支援事業】被災者を対象とし、住宅の新築、補修または改修のため借り入れを行った場合に補助。
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 6.4 万円
利子補給条件・備考等 【生活再建住宅支援事業】被災者を対象とし、住宅の新築、補修または改修のため借り入れを行った場合に補助。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)62.8万円(2)140 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震改修工事助成事業】1981年5月31日以前に建築された木造住宅を対象として耐震改修費の1/2を補助。補助額の上限62.8万円。(2)【生活再建住宅支援事業】被災者が実施する以下の工事の一部費用を補助。耐震改修工事は補助率1/2、限度額60万円。バリアフリー改修工事は補助率1/2、上限60万円。県産材使用改修工事は補助率1/2、限度額20万円。それぞれ条件あり。

周辺地域北上市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク(2)県外からUIターンする満20~49歳の女性に対し、採用試験の交通費・引越費用を一部助成(上限額:交通費2万円、引越30万円)。県外からUIターンする満20~64歳で中小企業に就業する者に対し、採用試験に係る交通費、引越費用を一部助成(上限額:交通費2万円、引越10万円)。(3)人口減少地域の地域拠点内に新築した住宅を取得する者に補助(取得100万円、子育て世帯30万円、同地区空き家解体70万円)。(4)市外から転入又は予定者が空き家バンク登録物件(地域要件あり)を購入し、増改築等を行う場合、費用の一部を補助(補助額:対象工事費の1/2。100万円上限)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)1,460 万円
利子補給条件・備考等 【北上市生活再建住宅支援事業】東日本大震災により半壊以上のり災証明書を交付された方の借入金の利子補給金を交付。5年間で借入上限額1,460万円、金利上限2%。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)200万円(2)130 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【北上市人口減少地域地域拠点内住宅取得支援事業費補助金】人口減少地域の地域拠点内に新築した住宅を取得する者に100万円補助。追加条件により最大100万円加算。(2)【北上市生活再建住宅支援事業】東日本大震災で滅失した住宅の新築再建でのバリアフリー、県産材使用等対象工事に上限130万円補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)1,460 万円
利子補給条件・備考等 【北上市生活再建住宅支援事業】東日本大震災により半壊以上のり災証明書を交付された方の借入金の利子補給金を交付。5年間で借入上限額1,460万円、金利上限2%。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)200万円(2)130 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【北上市人口減少地域地域拠点内住宅取得支援事業費補助金】人口減少地域の地域拠点内に新築した住宅を取得する者に100万円補助。追加条件により最大100万円加算。(2)【北上市生活再建住宅支援事業】東日本大震災で滅失した住宅の新築再建でのバリアフリー、県産材使用等対象工事に上限130万円補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)1,460 万円
利子補給条件・備考等 【北上市生活再建住宅支援事業】東日本大震災により半壊以上のり災証明書を交付された方の借入金の利子補給金を交付。5年間で借入上限額1,460万円、金利上限2%。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 130 万円
補助/助成金条件・備考等 【北上市生活再建住宅支援事業】東日本大震災で滅失した住宅再建でのバリアフリー、県産材使用等対象工事に上限130万円補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)2.8万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【北上市木造住宅耐震診断支援事業】旧耐震の住宅の診断費2万7,857円を補助。(2)【北上市木造住宅耐震改修支援事業】(1)の結果が1.0未満の耐震改修工事費に上限100万円。

周辺地域鹿角市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【鹿角市ふるさとライフ引越し支援補助金】鹿角市に移住する際の引越し費用補助。補助率1/2、上限9万円。(2)【鹿角市移住者融資資金利子補給費補助金】鹿角市に移住後3年以内の方に市提携金融機関商品のローン利息額を補助。補助率10/10、最大7年間。(3)【いつでもお試し移住ツアー】希望するに日程・内容に応じ、移住コンシェルジュが案内するオーダーメイド式移住体験ツアー。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業補助金】2021年1月1日から2022年3月31日までに婚姻届を提出し、受理された夫婦に対し、住宅費や引越費用を補助。補助率10/10、上限30万円。共に鹿角市内に居住し、年齢が39歳以下であること等、諸条件あり)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【安全安心住まいづくり事業費補助金(子育て応援中古住宅活用事業)】子育て世帯の中古住宅の購入及びリフォーム工事に対し、それぞれ補助率2/10、上限50万円を補助。(合計最大100万円)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【安全安心住まいづくり事業費補助金】(a)住環境の向上を図る工事に対し、補助率2/10、上限10万円を補助。(一部、子育て世帯及び高齢者世帯に限るものあり。)(b)耐震改修工事においては、補助率3/10、上限50万円。(c)子育て世帯の下水道等接続工事においては、補助率5/10、上限50万円。(2)【鹿角市ふるさとライフ住宅改修支援補助金】鹿角市に移住し、鹿角市宅地・建物データバンクの登録物件等を購入・賃貸された方に建物の修繕・改修・家財撤去費用を補助。補助対象経費は、修繕、家財撤去等の費用(鹿角市内業者が施工するものに限る)補助率は10/10、補助上限は100万円。

周辺地域仙北市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【空き家情報登録制度(空き家バンク】空き家を有効活用して定住促進と地域活性化を図るため、空き家バンクに所有者から登録申請された空き家情報を、空き家利用希望登録者に対して情報提供する。(2)【定住促進奨励金】市外に5年以上在住していた方が、定住を目的に住宅を取得し移住した場合、納めた固定資産税相当額を課税初年度から3年度助成。(3)【若者マイホーム取得助成金】若者の定住を促進するため、市内に定住するための住宅を取得する45歳以下の夫婦に、取得費用の一部を助成。新築住宅または建売住宅を取得し居住する場合、基本額50万円を助成。市内業者が施工した対象住宅を取得した場合は20万円を加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業補助金】2021年1月1日から2022年2月28日までに婚姻した39歳以下の夫婦で、夫婦の合計所得が400万円未満の新婚世帯に対し、新居の取得費用や賃借費用、引っ越し費用の一部を助成。補助対象経費について1世帯あたり上限30万円。事業実施期間は2022年3月31日まで)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 70 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者マイホーム取得助成金】若者の定住を促進するため、市内に定住するための住宅を取得する45歳以下の夫婦に、取得費用の一部を助成。新築住宅または建売住宅を取得し居住する場合、基本額50万円を助成。市内業者が施工した対象住宅を取得した場合は20万円を加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 70 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者マイホーム取得助成金】若者の定住を促進するため、市内に定住するための住宅を取得する45歳以下の夫婦に、取得費用の一部を助成。新築住宅または建売住宅を取得し居住する場合、基本額50万円を助成。市内業者が施工した対象住宅を取得した場合は20万円を加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)45万円(2)42 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【仙北市住宅リフォーム促進事業】住宅を市内の事業者を利用して税込み50万円以上のリフォーム工事を行ったものに対し補助金を交付。持ち家と空き家購入の2タイプ。世帯の条件に応じて補助金額が異なる。持ち家は工事費の5%~10%、上限金額5万円~20万円。空き家購入は工事費の15%~20%、上限金額30万円~40万円の補助となる。下水道施設等へ新規に接続した方には5万円を加算。(2)【木造住宅耐震診断・耐震改修補助金】1981年5月31日以前に建築された木造住宅が対象。耐震診断費用13万円のうち、12万円を市負担。耐震改修は工事費用の23%(上限30万円)を補助。他要件あり。