「一緒に働きたい🖥️ご当地キャラクターランキング」投票受付中

横浜市の「財政」関連データ

自治体の財政破綻、他人事だと思っていたら結構身近なことかもしれません。ここでは自分の住んでいる街の財政状況について調べてみる方法と、市区ごとのデータをご紹介しております。

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、自治体が自由に使える収入のうち、どの程度の割合を義務的に使わなければならないかを示す。95%以上だと要注意。
歳入額 2,392,988,333 千円 1位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 637 千円 353位 (815市区中)
歳出額 2,369,287,047 千円 815位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 631 千円 494位 (815市区中)
地方税 843,869,813 千円 1位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 225 千円 21位 (815市区中)
地方債現在高 2,386,412,754 千円 815位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 635 千円 628位 (815市区中)
財政力指数 0.97 70位 (815市区中)
実質公債費比率 10.5 671位 (815市区中)
将来負担比率 137.4 797位 (815市区中)
経常収支比率 100.5 800位 (815市区中)
地方交付税依存度 1.0 58位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 61 千円 428位 (815市区中)

周辺地域の「財政」関連データをチェック

周辺地域町田市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、自治体が自由に使える収入のうち、どの程度の割合を義務的に使わなければならないかを示す。95%以上だと要注意。
歳入額 222,652,994 千円 50位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 517 千円 617位 (815市区中)
歳出額 216,708,988 千円 767位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 504 千円 203位 (815市区中)
地方税 69,256,764 千円 46位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 161 千円 182位 (815市区中)
地方債現在高 87,458,165 千円 731位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 203 千円 75位 (815市区中)
財政力指数 0.97 70位 (815市区中)
実質公債費比率 0.5 68位 (815市区中)
将来負担比率 0.0 1位 (815市区中)
経常収支比率 91.9 352位 (815市区中)
地方交付税依存度 1.0 58位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 55 千円 367位 (815市区中)

周辺地域川崎市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、自治体が自由に使える収入のうち、どの程度の割合を義務的に使わなければならないかを示す。95%以上だと要注意。
歳入額 907,176,643 千円 8位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 596 千円 435位 (815市区中)
歳出額 903,211,857 千円 808位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 593 千円 424位 (815市区中)
地方税 365,387,980 千円 4位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 240 千円 15位 (815市区中)
地方債現在高 808,415,200 千円 806位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 531 千円 503位 (815市区中)
財政力指数 1.03 38位 (815市区中)
実質公債費比率 8.2 514位 (815市区中)
将来負担比率 122.0 778位 (815市区中)
経常収支比率 97.5 721位 (815市区中)
地方交付税依存度 0.0 1位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 72 千円 526位 (815市区中)

周辺地域横須賀市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、自治体が自由に使える収入のうち、どの程度の割合を義務的に使わなければならないかを示す。95%以上だと要注意。
歳入額 203,240,371 千円 59位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 517 千円 616位 (815市区中)
歳出額 198,572,788 千円 757位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 506 千円 209位 (815市区中)
地方税 59,323,207 千円 55位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 151 千円 269位 (815市区中)
地方債現在高 185,818,189 千円 784位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 473 千円 439位 (815市区中)
財政力指数 0.81 219位 (815市区中)
実質公債費比率 6.4 354位 (815市区中)
将来負担比率 31.8 443位 (815市区中)
経常収支比率 101.8 808位 (815市区中)
地方交付税依存度 6.6 201位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 36 千円 154位 (815市区中)

周辺地域鎌倉市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、自治体が自由に使える収入のうち、どの程度の割合を義務的に使わなければならないかを示す。95%以上だと要注意。
歳入額 82,872,466 千円 187位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 468 千円 745位 (815市区中)
歳出額 79,215,669 千円 629位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 447 千円 59位 (815市区中)
地方税 36,337,350 千円 114位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 205 千円 38位 (815市区中)
地方債現在高 34,723,308 千円 511位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 196 千円 73位 (815市区中)
財政力指数 1.09 23位 (815市区中)
実質公債費比率 1.1 82位 (815市区中)
将来負担比率 0.0 1位 (815市区中)
経常収支比率 99.8 790位 (815市区中)
地方交付税依存度 0.0 1位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 28 千円 67位 (815市区中)

周辺地域藤沢市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、自治体が自由に使える収入のうち、どの程度の割合を義務的に使わなければならないかを示す。95%以上だと要注意。
歳入額 206,570,914 千円 57位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 466 千円 750位 (815市区中)
歳出額 200,717,027 千円 760位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 453 千円 72位 (815市区中)
地方税 82,067,712 千円 34位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 185 千円 79位 (815市区中)
地方債現在高 79,492,929 千円 719位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 179 千円 60位 (815市区中)
財政力指数 1.08 26位 (815市区中)
実質公債費比率 3.2 169位 (815市区中)
将来負担比率 41.9 500位 (815市区中)
経常収支比率 95.5 609位 (815市区中)
地方交付税依存度 0.0 1位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 33 千円 123位 (815市区中)

周辺地域逗子市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、自治体が自由に使える収入のうち、どの程度の割合を義務的に使わなければならないかを示す。95%以上だと要注意。
歳入額 28,939,067 千円 594位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 487 千円 686位 (815市区中)
歳出額 27,271,947 千円 208位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 459 千円 95位 (815市区中)
地方税 9,545,339 千円 409位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 161 千円 188位 (815市区中)
地方債現在高 17,699,292 千円 170位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 298 千円 190位 (815市区中)
財政力指数 0.86 165位 (815市区中)
実質公債費比率 6.0 329位 (815市区中)
将来負担比率 30.6 437位 (815市区中)
経常収支比率 93.2 455位 (815市区中)
地方交付税依存度 4.9 144位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 16 千円 8位 (815市区中)

周辺地域大和市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2020年度(2021年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、自治体が自由に使える収入のうち、どの程度の割合を義務的に使わなければならないかを示す。95%以上だと要注意。
歳入額 105,830,896 千円 135位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 436 千円 796位 (815市区中)
歳出額 102,122,753 千円 680位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 420 千円 18位 (815市区中)
地方税 36,920,159 千円 111位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 152 千円 259位 (815市区中)
地方債現在高 56,372,271 千円 657位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 232 千円 105位 (815市区中)
財政力指数 0.97 70位 (815市区中)
実質公債費比率 1.8 103位 (815市区中)
将来負担比率 39.2 485位 (815市区中)
経常収支比率 98.0 742位 (815市区中)
地方交付税依存度 1.1 62位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 22 千円 31位 (815市区中)