「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

明石市の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)新型コロナウイルス感染症あかし支え合い基金(2)明石のやさしいまちづくり(3)明石の子育て(4)明石のたからもの(5)本のまち明石(6)明石商業高校(7)市長におまかせ(8)明石ダコの保護の8プランを設定。お礼の品として、1万円以上の寄付者に、400品以上の明石の特産品から金額に応じた1品を選んでいただき贈呈。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域神戸市

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 神戸市のふるさと納税は、20を超える使い道から応援したい事業を選択できるのが特徴。特に2021年は、新型コロナウイルス感染症の影響で困難に直面している様々な方々の仕事や暮らしを幅広く支援していくために「ふるさと神戸ダブル応援基金」を新しく設置。皆さまからいただいた寄附と同額を神戸市が拠出し、事業規模を倍額(ダブル)にして支援に活用。お礼の品も充実しており、新型コロナの影響で売上が減少した旅館や飲食店などの提供する品物・サービスなどを含め、約200以上の魅力的な品物・サービスの中から選択可能。

周辺地域加古川市

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)心豊かに暮らせるまち(子育て・教育の充実、文化・スポーツの振興)(2)安心して暮らせるまち(福祉・医療の充実、市民生活の安全・安定の確保)(3)活力とにぎわいのあるまち(農水産業・工業・商業・観光の振興)(4)快適なまち(都市基盤・生活基盤の整備)(5)うるおいのあるまち(環境の保全、美化の推進)などに活用し、「夢と希望を描き 幸せを実感できるまち 加古川」の実現をめざす。お礼の品として、寄附金額に応じた牛肉、靴下、農産物、海産物、酒、和菓子、工芸品など300品以上の特産品の中から選択可能。