「身体の芯まで温まりたい💓ふるさと納税で頼める入浴剤」投票受付中

明石市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?ここでは住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度を紹介します。

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 なし

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅耐震化促進補助】1981年5月以前に建てられた耐震性の低い住宅の建替えに対して、定額100万円を助成する。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)150万円(2)10万円(3)80 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅耐震化促進事業】1981年5月以前築の住宅の耐震化費用を補助。住宅耐震改修計画策定費補助として上限20万円を助成。住宅耐震改修工事費補助として上限130万円を助成。部分型改修工事費補助として50万円を助成(2)【住宅リフォーム助成】住宅リフォーム工事に要する費用の一部を助成。費用の10%(3)【高齢者等住宅改造費助成事業】日常生活を営む上で支障がある高齢者及び障害者に対して行うバリアフリー工事費用を助成。住宅改造改造助成対象の工事費合計額のうち80万円(介護保険住宅改修費等と合わせて100万円)までを助成対象基準額とする。生計中心者の所得に応じ費用負担・所得制限あり。他要件あり。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域神戸市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【相談窓口】住み替えや移住に関する専門相談員「こうべぐらしコンシェルジュ」を設置。(2)【プロモーション】Webサイト「こうべぐらし」で住み替え・移住に関する地域情報や各種支援施策を発信。(3)【住み替え補助】若年夫婦・子育て世帯の住宅取得や賃貸住宅への住み替え費用の補助。(4)【里山暮らし空家バンク】インターネットサイトを利用して、農村地域内の空家情報を登録し、移住希望者に紹介。(5)【空家改修補助】空家バンクに登録された空家で、都市部からの移住者のための住居や、起業・交流施設等として改修する場合に経費の一部を補助。(6)【移住体験事業】「神戸ならでは」のテーマに沿った滞在型の体験プログラムを実施(農村地域には移住体験ができる施設あり)。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【神戸市子育て応援賃貸住宅住み替え補助事業】小学生未満の子ども[出産予定を含む]がいる世帯または若年夫婦のみ世帯[夫婦の年齢合計が80歳以下]が、神戸市外から兵庫区・北区・長田区・須磨区・垂水区・西区の賃貸住宅に住み替えを行う場合は最大25万円、4階建て以上のエレベーターのない共同住宅に住み替えを行う場合は最大35万円を補助)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 120 万円
補助/助成金条件・備考等 【神戸市子育て応援住宅取得補助制度】中学生以下の子ども(出産予定を含む)がいる世帯または若年夫婦のみ世帯(夫婦の年齢合計が80歳以下)が、中古住宅を取得して住環境を改善するリノベーション工事を行った場合は最大45万円、旧耐震基準の戸建て住宅を購入して建替えた場合は最大95万円、旧耐震基準の戸建て住宅を解体撤去後3年以内の宅地を購入し、戸建て住宅を新築する場合は最大45万円を補助。売買契約締結日、所有権移転日、改修工事契約日等要件あり。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)12万円(2)157 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【神戸市バリアフリー住宅改修補助事業】要支援・要介護認定を受けていない65歳以上の高齢者がいる世帯を対象に、手すりの取り付け及び段差解消などのバリアフリー改修工事費用の一部を補助。補助対象工事費(上限18万円まで)の1/3(市民税課税世帯)を補助。(2)【神戸市住宅耐震化促進事業】1981年5月31日以前に建築された住宅が対象。耐震診断を受け上部構造評点1.0以上にされる方に改修設計費に上限27万円、改修工事費に上限130万円の耐震改修補助を行う(戸建住宅)。(3)【すまいの耐震診断員派遣事業】1981年5月31日以前に建築された住宅を対象に耐震診断員を無料で派遣し耐震診断を行う。

周辺地域加古川市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度を実施。(2)加古川市田園まちづくり地区における空き家・空き地情報の提供。(3)奨学金返還支援制度の実施。(4)加古川市田園まちづくり地域における移住・定住助成制度の実施。移住や空家を活用する方に対して、その費用の一部を助成する。転入に係る助成は上限50万円。空家活用に係る助成は上限100万円。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 あり(結婚を機に新たに居住する住宅の取得費用やリフォーム費用、賃借費用、引越費用の一部[最大30万円]を補助する。主な要件は、2022年1月1日以降に結婚した夫婦、夫婦共に加古川市民で、婚姻日における年齢が39歳以下、2021年中の夫婦で合算した所得金額が400万円未満、過去にこの事業の補助金を受けておらず、申請から2年以上加古川市内に居住する意思がある夫婦の場合。※加古川市に住民登録があれば外国人の方も対象)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【加古川市移住・定住助成制度】加古川市外からの転入者が田園まちづくり地区に住宅を取得する場合、費用を補助する。住宅を新たに取得する場合、費用の10/10、上限50万円。転入者(加古川市内外を問わない)が、空き家(築10年以上、空き家期間6ヶ月以上)を取得し、建て替えを行う場合、費用の1/3、上限100万円。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【加古川市移住・定住助成制度】加古川市外からの転入者が田園まちづくり地区に住宅を取得する場合、費用を補助する。住宅を新たに取得する場合、費用の10/10、上限50万円。転入者(加古川市内外を問わない)が、空き家(築10年以上、空き家期間6ヶ月以上)を取得する場合、費用の1/3、上限100万円。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 150 万円
補助/助成金条件・備考等 【加古川市住宅耐震化等促進事業】(a)耐震改修計画策定費は、戸建住宅20万円、共同住宅12万円/戸、マンションは延べ面積により上限あり。(b)耐震改修工事費は、戸建住宅130万円、共同住宅40万円/戸、マンションは延べ面積により上限あり。(c)簡易耐震改修工事は、戸建住宅50万円、共同住宅20万円/戸、マンションは延べ面積により上限あり。(d)屋根軽量化工事は、戸建住宅50万円(定額)、共同住宅20万円/戸、マンションは延べ面積により上限あり。(e)シェルター型工事は戸建住宅50万円(工事費50万円以上の場合)、共同住宅・マンションは50万円/戸(工事費50万円以上の場合)。(f)防災ベッド設置は10万円/台(定額)。