「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

日田市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【移住者ひた暮らし支援事業】条件を満たす移住者が空き家バンク登録物件に入居した場合、入居にかかる費用の一部を補助する。空き家の購入は最大100万円。引越し費用は最大20万円など。(2)【日田市移住奨励品】定住の意思を持って転入した世帯に対し、1万円分の商品券を交付。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活応援事業】新規の住宅賃貸費用・新規の住宅取得費用・結婚に伴う引越し費用を対象に、1世帯、最大30万円の補助)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (日田材or家具ポイント)55 万円
補助/助成金条件・備考等 【木づかい促進事業】日田市内及び近郊で木造住宅を新築する場合、15m3以上で木材使用量の概ね80%以上が日田材であれば、上限30万円分の日田材をプレゼント、又は30万円分の家具ポイントを付与。なお、加算条件として三世代同居には15万円分の日田材(又は15万円分の家具ポイント)、UIターンには10万円分の日田材(又は10万円分の家具ポイント)、双方に該当する場合は25万円分の日田材(又は25万円分の家具ポイント)を加算する。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 139 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住者ひた暮らし支援事業】移住予定者・日田市に移住して1年未満の者が日田市空き家バンクに登録されている物件を購入する際に、購入費用の1/2(上限100万円)を助成。他にも仲介手数料などにより、購入費用含めて最大139万円を助成。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)111万円(2)(日田材or家具ポイント)30万円(3)75 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震化促進事業補助金】1981年5月31日以前に着工した市内の木造一戸建て住宅が対象。耐震診断は費用の1/1補助限度額7.5万円~11万円。耐震改修は費用の2/3、補助限度額80万円~100万円。部分耐震改修は費用の2/3、限度額60万円。(2)【木づかい促進事業】80%以上が日田材であれば、上限20万円分の日田材又は家具ポイント。上限加算あり(三世代同居は10万円分、UIターンは5万円分)。(3)【リフォーム支援事業】各世帯のリフォーム工事費に対する補助。工事内容や世帯の状況に応じて最大75万円補助。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域八女市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【空き家バンク制度】定住や二地域居住などで空き家の利用を希望する人に空き家の売買・賃貸等の情報提供を行う。(2)【空き家改修費補助金制度】空き家バンクに登録された空き家の改修費用及び家財撤去費用の一部を補助。改修工事費用(消費税別)の1/2以内で上限50万円、家財撤去等費用は上限10万円。要件等あり。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【若年世帯家賃支援補助金制度】2020年4月1日以降に市内の賃貸住宅[市営住宅や社宅等は除く]に新たに転入または転居した若年世帯[4月1日現在に夫婦の合計年齢が80歳未満であること]に対して、家賃の一部を補助するもの。補助金額は、家賃[共益費、管理費、駐車場使用料、住宅手当等は除く]の1/2、月額上限1万円×最長36ヶ月。その他世帯の状況に応じ、転入加算、新婚加算、出生加算あり)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給条件・備考等 【フラット35地域連携型(UJIターン)】新築マイホーム取得支援補助金、中古住宅取得支援補助金を受給する見込みの方で、かつ転入世帯の加算を受ける方に対し、フラット35の借入金利を当初5年間0.25%引き下げる制度。【フラット35地域連携型(若年子育て世帯)】新築マイホーム取得支援補助金、中古住宅取得支援補助金の子育て世帯の加算を受ける見込みの方に対し、フラット35の借入金利を当初5年間0.25%引き下げる制度。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)80万円(2)75 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【八女材普及促進住宅資材助成事業】床面積が50m2以上であり、八女材の使用が木材使用量の概ね80%以上木造軸組工法で、申請者が八女市内の方は、50万円、八女市外からの転入者は80万円を補助。(2)【新築マイホーム取得支援補助金】2018年1月2日以降、市内に住宅の新築等をした人に対し、取得する家屋の固定資産税相当額を3年間で最大45万円支給。また、転入世帯には20万円、新婚又は子育て世帯には10万円を一時金として支給。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給条件・備考等 【フラット35地域連携型(UJIターン)】新築マイホーム取得支援補助金、中古住宅取得支援補助金を受給する見込みの方で、かつ転入世帯の加算を受ける方に対し、フラット35の借入金利を当初5年間0.25%引き下げる制度。【フラット35地域連携型(若年子育て世帯)】新築マイホーム取得支援補助金、中古住宅取得支援補助金の子育て世帯の加算を受ける見込みの方に対し、フラット35の借入金利を当初5年間0.25%引き下げる制度。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)80万円(2)75 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【八女材普及促進住宅資材助成事業】床面積が50m2以上であり、八女材の使用が木材使用量の概ね80%以上木造軸組工法で、申請者が八女市内の方は、50万円、八女市外からの転入者は80万円を補助。(2)【新築マイホーム取得支援補助金】2018年1月2日以降、市内に住宅の新築等をした人に対し、取得する家屋の固定資産税相当額を3年間で最大45万円支給。また、転入世帯には20万円、新婚又は子育て世帯には10万円を一時金として支給。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給条件・備考等 【フラット35地域連携型(UJIターン)】新築マイホーム取得支援補助金、中古住宅取得支援補助金を受給する見込みの方で、かつ転入世帯の加算を受ける方に対し、フラット35の借入金利を当初5年間0.25%引き下げる制度。【フラット35地域連携型(若年子育て世帯)】新築マイホーム取得支援補助金、中古住宅取得支援補助金の子育て世帯の加算を受ける見込みの方に対し、フラット35の借入金利を当初5年間0.25%引き下げる制度。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 40 万円
補助/助成金条件・備考等 【中古住宅取得支援補助金】2018年4月1日以降、市内に居住する中古住宅を購入した人に対し、購入に要する経費の5%(上限10万円)を支給。また、転入世帯には20万円、新婚又は子育て世帯には10万円を一時金として支給。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 10 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅改修事業補助金制度】市内居住者が市内の施工業者により改修する場合が対象。改修工事費(10万円以上)の1割(上限10万円)を補助。

周辺地域うきは市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度を実施。(2)【空き家リフォーム事業費補助金】空き家を賃貸、購入してリフォームを行う場合、一定の要件を満たす方に予算の範囲内でその費用を助成。経費の50%、上限50万円、(姫治地域物件へ移住の場合は経費の50%、上限100万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【うきは市結婚新生活支援事業】結婚を機に、うきは市内で新生活を始めた夫婦を対象に、新居の住宅購入費や家賃、引越し費用を最大60万円まで補助)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)3,000円(3)80万円(4)60 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【空き家リフォーム事業費補助金】空き家を賃貸、購入してリフォームを行う場合、一定の要件を満たす方に予算の範囲内でその費用を助成。経費の50%、上限50万円。(2)【木造住宅耐震診断費補助金】木造住宅の耐震改修を促進するため、耐震診断費用を1件につき3,000円助成。(3)【木造住宅耐震改修事業費補助金】木造住宅耐震診断を受け、改修が必要と判断された市内の木造既存住宅の耐震改修工事費用を助成。耐震改修工事に要する費用の額50%、上限80万円。(4)【地域木材利用促進事業費補助金】うきは地域材を使用して住宅を増改築する際に、地域材の木材使用量に応じて助成。最大40万円(I・Uターンの場合、最大60万円)。その他要件あり。

周辺地域朝倉市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:定住促進による地域活性化や集落機能の維持を図るため、「朝倉市空き家バンク制度」を実施。朝倉市に移住し、市内企業で働く人等を対象とした「あさ暮らし移住・定住補助金支援金」を実施。年齢要件や就業要件等を満たした場合に、移住1年目に移住支援金として10万円、5年目に定住支援金として、世帯の申請の場合は40万円、単身の申請の場合は20万円の支援金を交付する。市の状況や生活環境、地域との交流等の体験を通して市への移住促進を図る「あさ暮らしお試し居住事業」を実施。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(新婚世帯の経済的な支援を目的とし、29歳以下60万、39歳以下30万円を上限として、婚姻に伴う住宅取得費用等を補助。諸条件あり)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 120 万円
補助/助成金条件・備考等 【あさ暮らし住宅補助金】市外から移住してきた世帯が、市内業者を利用して新築を行う場合、建築費用の一部を補助。上限は100万円。子育て世帯の場合、20万円を加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 120 万円
補助/助成金条件・備考等 【あさ暮らし住宅補助金】市外から移住してきた世帯が、市内業者から新築を購入する場合、購入費用の一部を補助。上限は100万円。子育て世帯の場合、20万円を加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)30万円(2)60 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム補助金】住宅リフォーム工事費の一部を補助するもので、市内に3世代居住しているか、市外から移住してきた世帯が対象。限度額は30万円。(2)【木造戸建て住宅耐震改修費補助金】木造戸建て住宅の耐震改修費の一部を補助するもので、限度額は40万円で市内業者施工の場合は60万円。

周辺地域山鹿市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【空き家バンク活用促進事業】空き家バンク登録物件にかかる50万円以上の改修等工事補助(上限50万円)、家財処分費用補助(上限5万円)、引越し費用補助(上限5万円)。(2)【三世代同居住宅支援事業補助金】三世代同居を目的とした50万円以上の住宅の新築・改修・購入等に対する補助金(市内事業者と契約の場合上限50万円)。(3)山鹿暮らし移住体験。(4)お試し滞在支援事業補助金。(5)お試し住宅。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【三世代同居住宅支援事業補助金】市外から家族が転入されることにより三世代同居となる世帯の住宅整備(新築・改修・購入)を行う方に対して、その経費の一部を補助。補助対象経費の1/2、上限50万円。ただし、市外事業者と契約を行う場合は上限25万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【三世代同居住宅支援事業補助金】市外から家族が転入されることにより三世代同居となる世帯の住宅整備(新築・改修・購入)を行う方に対して、その経費の一部を補助。補助対象経費の1/2、上限50万円。ただし、市外事業者と契約を行う場合は上限25万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【三世代同居住宅支援事業補助金】市外から家族が転入されることにより三世代同居となる世帯の住宅整備(新築・改修・購入)を行う方に対して、その経費の一部を補助。補助対象経費の1/2、上限50万円。ただし、市外事業者と契約を行う場合は上限25万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【三世代同居住宅支援事業補助金】市外から家族が転入されることにより三世代同居となる世帯の住宅整備(新築・改修・購入)を行う方に対して、その経費の一部を補助。補助対象経費の1/2、上限50万円。ただし、市外事業者と契約を行う場合は上限25万円。

周辺地域菊池市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)菊池市空き家バンク制度。(2)お試し住宅の活用(空き家バンク登録者で1日税込1,120円で5日以上30日以内利用可能)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【定住促進空き家改修補助事業】空家バンクの登録者が、登録物件を購入又は賃貸した場合の改修補助。工事費の2/3までを補助し、上限が100万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

周辺地域阿蘇市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:空き家バンク制度を実施。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 731.8 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】住宅建築ローン借入金の利子補給金で年利率8.5%の上限額の助成。条件は土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン区域)にある住宅で、危険住宅の解体及び土砂災害特別警戒区域外への移転住宅に限る。
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 731.8 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】住宅建築ローン借入金の利子補給金で年利率8.5%の上限額の助成。条件は土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン区域)にある住宅で、危険住宅の解体及び土砂災害特別警戒区域外への移転住宅に限る。
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 731.8 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】住宅建築ローン借入金の利子補給金で年利率8.5%の上限額の助成。条件は土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン区域)にある住宅で、危険住宅の解体及び土砂災害特別警戒区域外への移転住宅に限る。
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)60万円(2)8.8 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)1981年5月31日以前に着工した戸建て木造住宅(一部併用住宅を含む)で、現在居住しており、在来軸組講法によって建築された地上階数が2以下の住宅が対象。阿蘇市住宅・建築物耐震診断事業を活用し、上部構造評価点が1.0未満と評価されたもの(耐震改修のみ)。(2)1981年5月31日以前に着工した戸建て木造住宅(一部併用住宅を含む)で、現在居住しており、在来軸組講法によって建築された地上階数が2以下の住宅が対象。費用の2/3、8.8万円まで補助。

周辺地域中津市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【移住・定住支援事業】空き家バンクを通じて、下毛地域に移住した者に、(1)空き家改修(補助対象経費の1/2、上限50万円)(2)家財等処分(補助対象経費全額、上限10万円)(3)仲介手数料補助(補助対象経費の全額、上限5万円)(4)ケーブルネットワーク加入補助(補助対象経費の1/2、上限3万円)を受けることができる。空き家バンク制度の他に県外から下毛地域に移住された方を対象に新規住宅を建築された場合に補助を受けることができる。また3親等以内の親族が所有する住宅にUターンした場合も改修費用等について同様の補助を受けることができる。(5)【新婚生活支援事業】旧下毛地域を新居とする新婚世帯に対し、新生活に係る住居費及び引っ越し費用等の一部を補助(一世帯当たり最大30万円※世帯に一定の条件あり)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 【中津市産材利用住宅促進事業補助金】中津市産の木材を利用した木造専用住宅を新築する場合に、中津市産材の購入経費の一部を市が補助(2021年度まで)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)80万円+α万円(2)75 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震化促進事業補助金】診断は負担額5,500円。耐震改修は経費の2/3上限80万円。段階的耐震改修は経費の2/3上限60万円。(2)【子育て・高齢者世帯リフォーム支援事業】県と合同で住宅改修工事の費用を一部補助。子育て支援型及び高齢者バリアフリー型は工事費の20%、上限30万円。三世代同居型は工事費の50%、上限75万円。