「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

日田市の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)市民協働に関する事業(2)福祉に関する事業(3)産業振興に関する事業(4)生活基盤に関する事業(5)教育・文化に関する事業(6)環境に関する事業(7)市長にお任せ。お礼の品として、5,000円以上の寄附をした方に、日田市の特産品265品目から寄附額に応じて贈呈。2014年8月より、寄附額の一部を寄附者が指定する。自治会へ交付できる「自治会還流制度」も設けている。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域八女市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)地場産品発掘、ブランド化事業(2)未来を担う子どもの教育及び少子化対策事業(3)観光振興・交流事業(4)環境保全事業(5)新型コロナウイルス感染症対策事業(6)その他市長が必要と認める特定の事業。5,000円以上寄付した者に、八女茶やあまおう、巨峰などのフルーツ、はちみつ、地酒など八女市の特産品をお礼の品として贈呈。

周辺地域うきは市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)ふるさと人材だいじに寄付(2)ふるさと産業いきいき寄付(3)ふるさと福祉すこやか寄付(4)ふるさと暮しまもろう寄付(5)ふるさと市長おまかせ寄付から選択。1,000円以上の寄付者にお礼の品を贈呈。

周辺地域朝倉市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)防災・減災、防犯、消費者保護、人権、協働、男女共同参画及びコミュニティに関する事業(2)保健、福祉、医療及び子育てに関する事業(3)農林業、商工業及び観光に関する事業(4)都市基盤(道路、交通、上下水道、住宅・住環境、景観、公園・緑化)及び環境に関する事業(5)教育、生涯学習、スポーツ及び歴史・文化に関する事業(6)自治体にお任せ(災害復旧復興支援等)、の6つから選択可能。お礼の品として、6,000円以上寄附をされた方に朝倉市の特産品を贈呈。

周辺地域山鹿市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)地域資源を活用した産業の振興と雇用の創出(2)住みやすく子育てしやすい環境の充実(3)健やかで安心して暮らせる地域の実現(4)市長にお任せの4つ。お礼の品として、1万円以上の寄附者に山鹿市の特産品等を贈呈。

周辺地域菊池市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)豊富な資源を活用する元気な産業づくり(2)学び合いと地域が育む人づくり(3)みんなで支えあう生涯にわたる安心づくり(4)自然の恵みを守る安全なまちづくり(5)快適で便利に暮らせる基盤づくり。お礼の品として、8,000円以上の寄附者に特産品を贈呈。

周辺地域阿蘇市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 阿蘇の自然環境を維持・保全し後世に引き継ぐため、ふるさと納税制度の一環として「ASO環境共生基金」を設立。この基金をもとに阿蘇の自然環境に関する各種事業を実施。基幹産業である農業と観光による阿蘇市の魅力を情報発信し、地域特産品の販売促進や消費拡大および雇用促進などの地域経済の活性化を図ることを目的として、2017年11月からふるさと納税制度「阿蘇市ふるさと応援寄附金」を開始。使い道は、地場産品発掘・ブランド化事業、子どもの教育及び少子化対策事業、環境保全事業などを含む市政全般。お礼の品は、5,000円以上の寄附をされた方に金額に応じた品を選択していただき贈呈。

周辺地域中津市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 【ふるさとなかつ応援寄付金】使い道は、(0)新型コロナウイルス感染症対策事業(1)子育て2020(フレフレ)プロジェクト(2)若者の可能性を拡げるプロジェクト(3)故郷に安心して住み続けるプロジェクト(4)中津で働く人材の確保・育成プロジェクト(5)環境共生都市実現プロジェクト(6)中津ブランド推進プロジェクト(7)市長に一任(寄附者が希望するプロジェクトに活用)。一定額以上の寄附者に感謝の気持として中津市の特産品を贈呈。寄附額に応じて品が違うが、組み合わせ選択可能(寄附回数の制限なし)。