「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

福岡市の「ごみ」関連データ

日々生活を送る中で必ず出てくる「ごみ」。出す曜日を気にしたり、分け方について考えることも多いと思います。ここでは、実は自治体によって違うごみ分別やごみ袋とその金額についてを紹介します。

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2020年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 513,734 t 810位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 591 g 133位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 7.6 797位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料

備考:指定ごみ袋有料。夜間収集を実施。昼間にごみ袋がないため、都市景観に寄与するとともに、カラス等の被害が少ない。また、ごみ収集車が昼間の交通渋滞の原因になることもない。

指定ごみ袋の価格 ・可燃ごみ/不燃ごみ 45リットル=45円/枚 30リットル=30円/枚 15リットル=15円/枚 ・空きびん/ペットボトル 45リットル=22円/枚 30リットル=15円/枚
家庭ごみの分別方式 3分別〔可燃ごみ 不燃ごみ 空きびん・ペットボトル〕
家庭ごみ戸別収集 実施
資源ごみ回収奨励金制度 あり(【地域集団回収等報奨制度】古紙などの回収量に応じて5円/kgの報奨金を交付。管理費等の支給あり)
粗大ごみ収集 あり

備考:有料。事前申込制。重さや大きさによって1,000円、500円、300円の処理券貼付。

生ごみ処理機助成制度(電動型) なし

周辺地域の「ごみ」関連データをチェック

周辺地域春日市

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2020年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 31,566 t 521位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 602 g 162位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 15.1 540位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料

備考:指定ごみ袋有料。

指定ごみ袋の価格 ・可燃ごみ 45リットル=450円/10枚 30リットル=300円/10枚 15リットル=150円/10枚 ・不燃ごみ/びん/カン用 30リットル=75円/5枚 ・陶器/金属類用 30リットル=150円/5枚 ・ペットボトル/白色トレイ用 30リットル=75円/5枚 ・緑のリサイクル 指定袋70リットル=330円/3枚 指定バンド=330円/3本 (税込)
家庭ごみの分別方式 5分別〔可燃ごみ びん・カン 陶器・金属類 ペットボトル・白色トレイ 緑のリサイクル〕 拠点回収:有害ごみ類
家庭ごみ戸別収集 実施
資源ごみ回収奨励金制度 あり(9円/kg。回収量に応じて報奨金。事前の回収団体登録が必要)
粗大ごみ収集 あり

備考:処理手数料は、1,000円以内で品目ごとに規則で定める額。市指定のシール(500円/枚)を貼付。

生ごみ処理機助成制度(電動型) あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20,000 233位 (506市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0 44位 (505市区中)

周辺地域大野城市

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2020年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 30,676 t 513位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 614 g 211位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 20.0 310位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料

備考:指定ごみ袋有料。ごみ袋の代金に処理費等を含む。

指定ごみ袋の価格 ・可燃ごみ 大(45リットル)=450円/10枚 中(30リットル)=300円/10枚 小(15リットル)=150円/10枚 ・資源ごみ 大(30リットル)=300円/10枚 小(20リットル)=200円/10枚 ・ペットボトルおよび白色トレー 30リットル=300円/10枚 (税込)
家庭ごみの分別方式 4分別〔可燃ごみ ビン・カン その他の不燃ごみ ペット・白色トレイ〕 拠点回収:蛍光管 乾電池(有害ごみ)
家庭ごみ戸別収集 一部実施(不燃ごみはステーション収集。蛍光管、乾電池は拠点回収)
資源ごみ回収奨励金制度 あり(古紙等回収団体[シニアクラブ、区等]の再資源化業者への引渡量に応じ、奨励金を交付。※1kgにつき7円。ただし、活動回数や前年度実績等により加算あり)
粗大ごみ収集 あり

備考:有料。事前申込制。高齢者等搬出サービスあり(有料)。

生ごみ処理機助成制度(電動型) あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20,000 233位 (506市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0 44位 (505市区中)

周辺地域糸島市

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2020年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 35,071 t 556位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 775 g 728位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 25.0 163位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料

備考:指定ごみ袋有料。ステーション収集方式。

指定ごみ袋の価格 ・可燃ごみ 大=550円/10枚 中=308円/10枚 ミニ=154円/10枚 ・資源 大=440円/10枚 小=220円/10枚 ・不燃ごみ 大=550円/10枚 小=275円/10枚 (すべて家庭用)
家庭ごみの分別方式 3分別〔可燃ごみ 資源ごみ(ビン・カン・ペットボトル) 不燃ごみ(資源ごみ以外の不燃ごみ)〕
家庭ごみ戸別収集 一部実施(障がい者、高齢者、要介護者等のみの世帯に実施)
資源ごみ回収奨励金制度 あり(紙類[新聞、雑誌、段ボール]に対し 4円/kgの補助金を助成)
粗大ごみ収集 あり

備考:事前申込制。

生ごみ処理機助成制度(電動型) あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 2,500 506位 (506市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0 44位 (505市区中)

周辺地域那珂川市

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2020年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 16,443 t 274位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 621 g 235位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 15.5 524位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料

備考:指定ごみ袋有料。

指定ごみ袋の価格 ・燃えるごみ 大=390円/10枚 中=260円/10枚 小=130円/10枚 ・燃えないごみ 大=390円/10枚 中=260円/10枚 小=130円/10枚 ・再資源物 大=315円/10枚 中=210円/10枚 ・せん定枝葉 350円/1枚
家庭ごみの分別方式 4分別6種〔燃えるごみ 燃えないごみ 再資源化物(かん・びん、ペットボトル、容器包装プラスチック) せん定枝葉〕 拠点回収:紙製容器包装 紙パック 白色トレイ 蛍光管 乾電池・ボタン電池
家庭ごみ戸別収集 実施
資源ごみ回収奨励金制度 あり(【古紙等集団回収補助金】新聞紙・雑誌・ダンボール・古布6円/kg、年間実施回数6~9回の場合、2円/kg、10回以上の場合、3円/kg)
粗大ごみ収集 あり

備考:有料。戸別収集。事前申込制。粗大ごみ指定シール(500円/枚)を添付し、道路の通行に支障がないように排出。

生ごみ処理機助成制度(電動型) あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 15,000 448位 (506市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0 44位 (505市区中)

周辺地域佐賀市

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2020年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 83,876 t 712位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 646 g 350位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 18.6 407位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料

備考:指定ごみ袋有料。

指定ごみ袋の価格 ・燃えるごみ 大(40リットル)=400円/10枚 小(25リットル)=250円/10枚 極小(15リットル)=300円/20枚 ・燃えないごみ 中(30リットル)=250円/10枚 極小(15リットル)=350円/20枚 ・ビン/缶 中(30リットル)=200円/10枚 極小(15リットル)=200円/20枚 ・ペットボトル 中(30リットル)=200円/10枚 極小(15リットル)=200円/20枚 (税込)
家庭ごみの分別方式 4分別11種〔燃えるごみ 燃えないごみ 資源物(新聞・ちらし、雑誌・包装紙・箱類、ダンボール、牛乳パック、布類、ペットボトル、ビン・缶)、電池類、有害ごみ等(蛍光管、水銀体温計)〕 拠点回収:廃食用油
家庭ごみ戸別収集 未実施
資源ごみ回収奨励金制度 あり(【佐賀市資源物回収奨励金交付制度】交付対象団体は自治会、PTA、老人会などの営利を目的としない団体。対象品目は新聞・ちらし、ダンボール、雑誌・包装紙・箱類、布類。交付金額は3円/kg)
粗大ごみ収集 あり

備考:ステッカー方式(定期収集・500円/点)と臨時収集あり。

生ごみ処理機助成制度(電動型) あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20,000 233位 (506市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0 44位 (505市区中)

周辺地域神埼市

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2020年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 8,546 t 67位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 605 g 170位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 27.1 127位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料

備考:指定ごみ袋有料。

指定ごみ袋の価格 ・可燃ごみ 特大=40円/枚 大=30円/枚 小=15円/枚 ・不燃ごみ 30円/枚 ・空カン/空ビン 30円/枚 ・トレイ 20円/枚 ・ペットボトル 20円/枚
家庭ごみの分別方式 4分別11種〔可燃ごみ 資源ごみ(紙パック、トレイ、ペットボトル、新聞広告、雑誌類、段ボール、雑紙類、空缶・空びん) 不燃ごみ 有害ごみ〕
家庭ごみ戸別収集 未実施
資源ごみ回収奨励金制度 あり(市民が参加する各種の団体において実施する新聞・雑誌等の集団回収事業に対して、予算の範囲内において補助金を交付。対象品目は新聞、雑誌、段ボール、チラシ類、空き缶類[金属類]及び空き瓶類等のリサイクル可能な資源物。5円/kg)
粗大ごみ収集 あり

備考:有料。戸別収集(年12回)。事前申込制。事前に業者へ申し込み、その後、購入した粗大ごみステッカーを貼ったごみを業者が回収。臨時粗大ごみ制度あり。脊振クリーンセンターへ直接搬入可(身分証明書の提示必要)。

生ごみ処理機助成制度(電動型) あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 5,000 500位 (506市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0 44位 (505市区中)