「この「まち」が気になる👏行ってみたい「○○のまち」ランキング」投票受付中

南国市:特色・特徴

若者が希望を持ち、誰もが安心してくらすことのできるまち

読み方
なんこくし
市区役所所在地
〒783-8501 南国市大そね甲2301
TEL
088-863-2111
高知県のデータ
公式ホームページ
https://www.city.nankoku.lg.jp/

南国市は、高知県の中央部に位置し、土佐の稲作の発祥の地といわれています。田村を中心に遺跡物が豊富で、古墳は小丘陵の山上、山麓に存在し80基に及びます。古代律令制度下、比江に国衙が置かれ、政治、文化の中心として栄えました。地勢、交通、産業、経済、および社会的関係が密接な5町村(後免町・香長村・野田村・岡豊村・岩村)が大同合併し、1959年10月1日、市制を施行し「南国市」が誕生しました。近年は、高知龍馬空港、高知自動車道を有し、高知新港に隣接した交通体系の拠点として、広域交流ネットワークを形成しています。

よく比較される市区

特色・特徴行政・地域データ概要

データ概要

◆行政・地域データ調査について
『生活ガイド.com』で提供する地域情報コンテンツは、「すでにお住まいの人、これから新しく住民になる人に、地域を理解し、好きになってもらいたい」という趣旨で、調査・収集して提供されています。
弊社では全国の市区役所へ調査票を送付し、行政サービスや様々な地域データについて調査協力をいただいております。項目によっては、市区ごとに未回答や非公表の場合があります。
また、調査後に制度や数値に変更・追加のあった場合は適宜修正を加えておりますが、最新性を保証するものではありません。最新の情報につきましては、各市区役所まで直接お問い合わせの上ご確認ください。
◆市町村合併対応について
当サイトでは、2020年4月1日までの市区町村合併に対応しています。数値情報である統計データは対象の市町村分を合算して集計していますが、条例など旧自治体制度の移行期間により、詳細な情報を掲載できないケースもあります。
合併に伴う制度の変更や条例の改正については、適宜修正を行ってまいりたいと考えておりますが、スケジュールに関しましては未定でございます。

体制

市区の類型 農業都市 交通都市
都市宣言 健康文化都市宣言 食育のまちづくり宣言 非核平和都市宣言 世界連邦平和都市宣言
友好・姉妹・親善都市他 宮城県・岩沼市
特産・名産物 四方竹(たけのこ) へんろいし饅頭 どろめ(海産珍味) ちりめんじゃこ ヤマモモ 園芸野菜(シシトウ、ショウガ、ピーマン、オクラ、小ナスなど) シャモ鍋 打ち刃物
主な祭り・行事
(新型コロナウイルスの影響で中止・延期の場合もあります)
土佐のまほろば祭り 貴之さくらまつり 伊都多(いつた)神社秋大祭 えんこう祭り 土佐日記門出のまつり 土佐日記船出のまつり 岡豊山さくらまつり 長宗我部フェス ごめんな祭 軽トラ市
出身著名人 島崎和歌子 三山ひろし
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)地健康・福祉の充実に関する事業(2)子育て支援及び教育環境の充実に関する事業(3)産業振興に関する事業(4)地域活性化に関する事業(5)文化・スポーツ活動の振興に関する事業(6)防災の強化に関する事業(7)その他市長が必要と認める事業。お礼の品として、5,000円以上の寄付者に特産品を贈呈。

気候 出典・用語解説

出典・用語解説

◆年間平均気温・年間降水量・年間日照時間
気象庁「メッシュ平年値2010年」
当サイトでは、各市区の代表座標を市区役所の所在地と設定し、該当するメッシュの値から抽出している。
年間平均気温 16.5 69位 (815市区中)
年間降水量 2,272.8 mm 59位 (815市区中)
年間日照時間 2,190.3 時間 6位 (815市区中)

産業 出典・用語解説

出典・用語解説

◆工業製品出荷額等
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐活動調査 製造業(市区町村編)」
◆小売・卸売業商品販売額
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐活動調査 卸売業,小売業 産業編(市区町村表)」
◆人口1人当たりの小売商品販売額
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐活動調査 卸売業,小売業 産業編(市区町村表)」より独自に算出。
◆可住面積当たり飲食料品小売事業所数
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐事業所に関する集計」より独自に算出。
飲食料品小売事業所とは、専門食品小売店(八百屋、魚屋、精肉店など)と食品スーパー、コンビニエンスストアなどを指す。
◆人口10000人当たりの飲食店数
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐事業所に関する集計」より独自に算出。
◆街の事業所の売上金額
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐活動調査 参考表 (参考)全産業の事業所の売上(収入)金額に関する試算値」
経済センサス‐活動調査では、事業所ごとの売上高を把握することが困難な、一部の産業等に属する事業所は、調査・集計をしていない。また、複数の事業所を有する企業の売上高は、本社の所在地にまとめて計上しており、地域別集計になじまない。そこで、経済産業省が事業所ごとの売上高を把握していない事業所の売上高を試算し、全産業の事業所の売上高を地域別に集計した売上金額試算値を掲載。
◆納税義務者1人当たり所得
総務省「市町村税課税状況等の調」(令和元年度)より算出。
工業製造品出荷額等 10,029 千万円 494位 (814市区中)
小売・卸売業商品販売額 13,427 千万円 372位 (815市区中)
人口1人当たりの小売商品販売額 110 万円 239位 (813市区中)
可住面積当たりの飲食料品小売事業所数 2.0 所/km2 412位 (815市区中)
人口10000人当たりの飲食店数 38.3 495位 (815市区中)
街の事業所の売上金額 42,355 千万円 469位 (815市区中)
納税義務者1人当たりの所得 276.8 万円 561位 (815市区中)

情報配信サービス

出典・用語解説

◆工業製品出荷額等
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐活動調査 製造業(市区町村編)」
◆小売・卸売業商品販売額
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐活動調査 卸売業,小売業 産業編(市区町村表)」
◆人口1人当たりの小売商品販売額
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐活動調査 卸売業,小売業 産業編(市区町村表)」より独自に算出。
◆可住面積当たり飲食料品小売事業所数
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐事業所に関する集計」より独自に算出。
飲食料品小売事業所とは、専門食品小売店(八百屋、魚屋、精肉店など)と食品スーパー、コンビニエンスストアなどを指す。
◆人口10000人当たりの飲食店数
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐事業所に関する集計」より独自に算出。
◆街の事業所の売上金額
総務省・経済産業省「平成28年経済センサス‐活動調査 参考表 (参考)全産業の事業所の売上(収入)金額に関する試算値」
経済センサス‐活動調査では、事業所ごとの売上高を把握することが困難な、一部の産業等に属する事業所は、調査・集計をしていない。また、複数の事業所を有する企業の売上高は、本社の所在地にまとめて計上しており、地域別集計になじまない。そこで、経済産業省が事業所ごとの売上高を把握していない事業所の売上高を試算し、全産業の事業所の売上高を地域別に集計した売上金額試算値を掲載。
◆納税義務者1人当たり所得
総務省「市町村税課税状況等の調」(令和元年度)より算出。
メール配信 なし
Twitter なし
Facebook あり

※順位は登録されている市区のみを対象に算出されたものです

※調査後の制度改変、数値変更等により実際と異なる場合があります。最新情報は各市区役所へお問い合わせください