「身体の芯まで温まりたい💓ふるさと納税で頼める入浴剤」投票受付中

魚沼市の「子育て」関連データ

子育ての制度や保育施設と言われてもピンと来ない方もいらっしゃると思います。ここでは子育て制度、保育園・幼稚園・認定こども園、子育て関連のデータについて紹介します。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い あり

備考:出生届提出時に市内商店等が加盟する「うおぬまポイントカード会」が発行する「ゆきんこポイント」と交換できる行政ポイント2万ポイントを贈呈。

子育て関連の独自の取り組み (1)保育所等入所児童第2子以降保育料無償。(2)子ども医療費助成を18歳に達する日以降の3月31日まで拡充。(3)魚沼市での子育てを応援するため、2022年4月1日以降に生まれた子どもと同一世帯の父母に1子につき10万円を支給。ただし、支給要件あり。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2022年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育所・認定こども園月額保育料。
公立保育所数 7 ヶ所 249位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 7 ヶ所
公立保育所定員数 995 171位 (663市区中)
公立保育所利用定員数 925 180位 (661市区中)
公立保育所在籍児童数 651 198位 (630市区中)
私立保育所数 3 ヶ所 566位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 3 ヶ所
私立保育所定員数 390 504位 (725市区中)
私立保育所利用定員数 260 561位 (726市区中)
私立保育所在籍児童数 218 548位 (693市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 923
保育所等利用者数 923
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
41,800 315位 (815市区中)

備考:市民税の課税年度の前年12月31日現在において16歳未満の扶養親族がいる場合、その扶養親族の数×22,800円を当該市民税の所得割額から控除した額により保育料の階層を決定(年少扶養として申告している方の所得割額から控除)。

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 1 671位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 85 730位 (744市区中)
認定こども園利用定員数 85 727位 (746市区中)
認定こども園在籍児童数 54 702位 (709市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 2 771位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 5.80 787位 (815市区中)
小児歯科医師数 6 691位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 17.40 642位 (815市区中)

周辺地域の「子育て」関連データをチェック

周辺地域長岡市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い あり

備考:2022年4月1日以後に母子健康手帳の交付を受ける方、2022年3月31日以前に母子手帳の交付を受けていて、2022年3月31日までに出産されておらず、2022年4月1日時点で妊娠している方を対象に、妊娠1回につき、マタニティライフ応援金5万円を支給(多胎妊娠は一律10万円)。

子育て関連の独自の取り組み 産前産後家庭生活応援事業(母子健康手帳の交付を受けてから産後3ヶ月までの妊産婦が家事または乳児の育児の支援を登録事業者から受けたとき、その利用料のうち1,000円を市が助成)。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1回530円、月4回まで自己負担あり。訪問看護は1日250円。調剤薬局は自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1日1,200円の自己負担あり。標準負担額減額認定証の交付を受けている方は、入院時食事療養費の自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2022年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育所・認定こども園月額保育料。
公立保育所数 31 ヶ所 31位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 31 ヶ所
公立保育所定員数 2,630 40位 (663市区中)
公立保育所利用定員数 1,925 66位 (661市区中)
公立保育所在籍児童数 1,698 54位 (630市区中)
私立保育所数 14 ヶ所 237位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 14 ヶ所
私立保育所定員数 1,555 207位 (725市区中)
私立保育所利用定員数 1,252 240位 (726市区中)
私立保育所在籍児童数 1,170 233位 (693市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 6,997
保育所等利用者数 6,964
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
38,600 216位 (815市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 38 40位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 6,280 35位 (744市区中)
認定こども園利用定員数 5,530 40位 (746市区中)
認定こども園在籍児童数 5,119 34位 (709市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 52 114位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 16.97 365位 (815市区中)
小児歯科医師数 55 172位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 17.95 631位 (815市区中)

周辺地域三条市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い あり

備考:紙おむつ用ごみ袋、ベビパケ(紙おむつ、お尻ふき等の育児用品セット)を贈呈。

子育て関連の独自の取り組み (1)妊産婦医療費助成制度(三条市内に住所のある妊産婦を対象に、医療費の自己負担額のうち、次の一部負担金を引いた額の1/2を助成する[助成金は後日登録した口座に振り込み]。通院530円[同医療機関において、1ヶ月4日まで、5日目以降は無料]。入院1,200円[差額ベッド代や食事負担額などは対象外]。訪問看護1日250円。調剤一部負担金なし。助成対象期間は、登録申請をされた日から出産された月の翌月末日まで)。(2)サンキッズカードの配布。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1回530円、月4回まで自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1日1,200円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2022年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育所・認定こども園月額保育料。
公立保育所数 9 ヶ所 182位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 9 ヶ所
公立保育所定員数 1,230 136位 (663市区中)
公立保育所利用定員数 1,230 130位 (661市区中)
公立保育所在籍児童数 874 145位 (630市区中)
私立保育所数 16 ヶ所 214位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 16 ヶ所
私立保育所定員数 1,889 166位 (725市区中)
私立保育所利用定員数 1,595 192位 (726市区中)
私立保育所在籍児童数 1,552 172位 (693市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 2,693
保育所等利用者数 2,693
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
41,000 283位 (815市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 5 374位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 420 529位 (744市区中)
認定こども園利用定員数 390 534位 (746市区中)
認定こども園在籍児童数 341 493位 (709市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 14 370位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 13.45 521位 (815市区中)
小児歯科医師数 23 367位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 22.10 518位 (815市区中)

周辺地域小千谷市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い あり

備考:国民健康保険加入者は1万円の付加給付あり。

子育て関連の独自の取り組み (1)紙おむつ用ごみ袋交付(3年分の指定ごみ袋を交付)。(2)ベビー・ファースト運動(優先駐車スペースの確保など)。(3)妊婦訪問指導(助産師による相談対応や健康状態チェック、乳房手当の指導など)。(4)先天性股関節脱臼検診(エコー検査無料受診票を交付)。(5)産後ケア(医療機関に宿泊又は日中滞在し、母子のケアや授乳指導・育児指導等を受けることができる。利用料の一部を市が負担)。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日530円、月4回まで自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日1,200円の自己負担あり。入院時食事療養費の標準負担額は、0歳児で減額認定証交付者のみ自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2022年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育所・認定こども園月額保育料。
公立保育所数 9 ヶ所 182位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 9 ヶ所
公立保育所定員数 846 211位 (663市区中)
公立保育所利用定員数 846 197位 (661市区中)
公立保育所在籍児童数 600 211位 (630市区中)
私立保育所数 0 ヶ所 743位 (815市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 880
保育所等利用者数 880
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
42,500 340位 (815市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 3 510位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 522 473位 (744市区中)
認定こども園利用定員数 402 530位 (746市区中)
認定こども園在籍児童数 356 486位 (709市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 6 622位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 16.26 399位 (815市区中)
小児歯科医師数 6 691位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 16.26 672位 (815市区中)

周辺地域十日町市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い なし
子育て関連の独自の取り組み 地域子育て応援カード事業(18歳未満の子どもを3人以上養育している世帯等にカードを発行し、このカードを協賛店に提示することにより割引やサービスを受けることができる)。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1回530円、月4回まで自己負担あり。小学校就学前までの子どもは自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2022年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育所・認定こども園月額保育料。
公立保育所数 4 ヶ所 382位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 4 ヶ所
公立保育所定員数 255 491位 (663市区中)
公立保育所利用定員数 255 479位 (661市区中)
公立保育所在籍児童数 178 473位 (630市区中)
私立保育所数 3 ヶ所 566位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 3 ヶ所
私立保育所定員数 239 586位 (725市区中)
私立保育所利用定員数 190 601位 (726市区中)
私立保育所在籍児童数 166 582位 (693市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 1,120
保育所等利用者数 1,120
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
36,500 146位 (815市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 13 152位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 1,444 207位 (744市区中)
認定こども園利用定員数 1,142 254位 (746市区中)
認定こども園在籍児童数 902 252位 (709市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 8 538位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 15.82 423位 (815市区中)
小児歯科医師数 8 639位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 15.82 686位 (815市区中)

周辺地域南魚沼市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い あり

備考:市内に出生して住民登録した赤ちゃんに出生祝い金として「めごちゃん祝い金」を支給第1子12万円・第2子15万円・第3子以降20万円受給する。親に居住期間などの支給要件あり。2021年度から5ヶ年限定事業。

子育て関連の独自の取り組み (1)保育料の減免(18歳未満の最年長の兄弟姉妹を第1子として数え、第3子目以降の子どもに対し50%減免)。(2)妊産婦医療費助成(母子手帳発行日から出産の翌月までの妊産婦に、保険適用医療費を全額助成)。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:小学生以上は外来1回530円(月4回まで。5回目以降負担なし)、訪問看護1日250円の自己負担あり。未就学児は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:小学生以上は、1日1,200円の自己負担あり。未就学児は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2022年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育所・認定こども園月額保育料。
公立保育所数 17 ヶ所 77位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 9 ヶ所
公立保育所定員数 1,525 105位 (663市区中)
公立保育所利用定員数 1,276 122位 (661市区中)
公立保育所在籍児童数 952 131位 (630市区中)
私立保育所数 1 ヶ所 678位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 1 ヶ所
私立保育所定員数 110 673位 (725市区中)
私立保育所利用定員数 107 674位 (726市区中)
私立保育所在籍児童数 94 644位 (693市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 1,655
保育所等利用者数 1,655
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
43,500 383位 (815市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 7 297位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 1,063 284位 (744市区中)
認定こども園利用定員数 745 367位 (746市区中)
認定こども園在籍児童数 679 329位 (709市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 19 284位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 29.77 76位 (815市区中)
小児歯科医師数 8 639位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 12.54 742位 (815市区中)