住みたい街ランキングを発表!あなたの住んでいる街は何位?

南陽市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?ここでは住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度を紹介します。

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度を実施。(2)【子育て世代定住促進交付金】中学生以下の子を養育している世帯が、初めて夫婦共に転入して住宅を取得する際、新築は50万円、中古は50万円を助成。夫婦のいずれかがUターンに該当する場合、又はUターンして市内の貸家に在住している場合、新築は50万円、中古は25万円。夫婦のみの世帯(両者50歳未満に限る)が市内に新築を取得する場合は30万円、中古住宅を取得する場合は15万円の助成。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 あり(結婚を機に市内で新生活を始める新婚世帯に住宅の取得・リフォーム費用や賃貸費用、引越し費用を補助。上限は、夫婦共に年齢29歳以下の場合60万円。夫婦いずれか年齢の高い方が39歳以下の場合、30万円。条件は、2023年3月1日以降に婚姻届けを提出、夫婦共に婚姻時の年齢が39歳以下、夫婦の合計所得が500万円未満であること等、諸条件あり)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【子育て世代定住促進交付金】中学生以下の子を養育している世帯が、初めて夫婦共に転入して新築する場合は100万円、夫婦のいずれかがUターンに該当する場合、またはUターンして市内の貸家に在住している場合は50万円の補助。夫婦のみの世帯(両者50歳未満に限る)が市内に新築する場合は、どの場合も30万円の補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【子育て世代定住促進交付金】中学生以下の子を養育している世帯が、初めて夫婦共に転入して新築住宅を購入する場合は100万円、夫婦のいずれかがUターンに該当する場合、またはUターンして市内の貸家に在住している場合は50万円の補助。夫婦のみの世帯(両者50歳未満に限る)が市内の新築住宅を購入する場合は、どの場合も30万円の補助。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【子育て世代定住促進交付金】中学生以下の子を養育している世帯が、初めて夫婦共に転入して中古住宅を購入する場合は50万円、夫婦のいずれかがUターンに該当する場合、またはUターンして市内の貸家に在住している場合は25万円の補助。夫婦のみの世帯(両者50歳未満に限る)が市内の中古住宅を購入する場合は、どの場合も15万円の補助。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30 万円
補助/助成金条件・備考等 【持家住宅建設助成金】特定のリフォームを行う、総額50万円以上のリフォーム工事であること。対象工事費の20%又は1/3(上限24万円又は30万円)の助成で、対象世帯により補助枠が変更される。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域山形市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度を実施。(2)県外在住の移住希望者を対象にオーダーメイド型移住体験ツアーを実施。(3)移住促進サイト「リアルローカル山形」による情報発信。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援補助金】対象となる住宅が山形市内にあり、2023年3月1日から2024年3月31日までに結婚した方等へ補助金を支給[他要件あり]。29歳以下は上限60万円、39歳以下は上限30万円。[家賃のみでなく、住宅取得やリフォーム費用、引越し費用も対象])

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)90万円(2)36 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【山形市産材利用拡大促進事業】山形市内に自ら居住する戸建て新築住宅で、山形市産材8m3以上を使用した場合1戸あたり50万円を補助。移住世帯・子育て世帯・三世代世帯・近居世帯の加算要件に該当する場合は、最大40万円加算。これらの加算要件に該当しない場合で山形市産材12m3以上使用で60万円を補助。(2)【省エネ健康促進住宅補助金】山形県が実施する「やまがた健康住宅」の認証を受けた戸建て住宅を新築、購入した方に30万円を補助。移住者の要件に該当する場合は、6万円加算。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 36 万円
補助/助成金条件・備考等 【省エネ健康促進住宅補助金】山形県が実施する「やまがた健康住宅」の認証を受けた戸建て住宅を新築、購入した方に30万円を補助。移住者の要件に該当する場合は、6万円加算。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)30万円(2)13.57万円(3)115万円(4)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム総合支援事業】県市補助タイプは世帯要件に応じて補助額加算あり。(例)移住世帯・新婚世帯・子育世帯は上限30万円(うち市費の補助は15万円)。市補助タイプは上限20万円。ブロック塀等撤去費補助タイプは上限20万円。(2)【木造住宅耐震診断事業】費用の一部を助成。上限13.57万円。(3)【木造住宅耐震改修補助事業】費用の一部を助成。上限115万円。(4)【在宅介護支援住宅改修補助事業】対象工事費の1/2、上限30万円を助成。

周辺地域上山市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【上山市お試し居住施設】上山での暮らしを体験していただくため、お試し居住施設を用意。(2)【上山市若者移住引越し補助金】市外から市内指定エリア内の賃貸住宅に移住する30歳以下の若者に引越し費用の1/2を補助(県外は上限10万円、県内他自治体は上限5万円)。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 あり(2023年3月1日から2024年3月31日に婚姻届を受理された20・30代の新婚夫婦に対し、60万円を上限に引っ越し費用、家賃を補助。合計所得が500万円未満であること等、諸条件あり)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【持家住宅建設等補助金】市外から転入の場合は20万円、市内在住者の場合は10万円(要件あり)。また、2005年4月2日以降に出生した子どもを含む三世代同居の場合は10万円、2005年4月2日以降に出生した子どもを養育している場合は1人につき20万円(上限60万円)、市内の建築業者を利用する場合は10万円を加算。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 90 万円
補助/助成金条件・備考等 【持家住宅建設等補助金】市外から転入の場合は20万円、市内在住者の場合は10万円(要件あり)。また、2005年4月2日以降に出生した子どもを含む三世代同居の場合は10万円、2005年4月2日以降に出生した子どもを養育している場合は1人につき20万円(上限60万円)、市内の建築業者を利用する場合は10万円を加算。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 90 万円
補助/助成金条件・備考等 【持家住宅建設等補助金】市外から転入の場合は20万円、市内在住者の場合は10万円(要件あり)。また、2005年4月2日以降に出生した子どもを含む三世代同居の場合は10万円、2005年4月2日以降に出生した子どもを養育している場合は1人につき20万円(上限60万円)を加算。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)30万円(2)80万円(3)8 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム等支援事業補助金】一般型リフォーム工事には補助率20%、上限15万円。重点枠工事(寒さ対策、バリアフリー化、克雪化等)を1つ以上含むもの。重点枠工事移住型(県外からの移住世帯)・世帯型(子育て、新婚世帯)リフォーム工事には補助率30%、上限30万円。一般型リフォーム工事と同様の重点枠工事を1つ以上含むもの。その他のリフォームは補助率10%(上限10万円)。(2)【耐震改修工事】耐震指数0.7以上の工事には補助率50%(上限40万円)。耐震指数1.0以上の工事には補助率50%(上限80万円)。(3)【危険ブロック塀除却工事】補助率50%(上限8万円)。危険と判断されたブロック塀の除去工事の場合。

周辺地域長井市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)お試し“長井”暮らしの提供(最大6泊7日、宿泊費無料)。(2)長井市定住促進補助金・長井市住宅リフォーム補助金(土地を購入し新築・建売住宅を購入した場合や所有する[予定含]住宅等のリフォームに最大100万円を補助)。(3)新規就農支援制度(移住支援、研修支援、家賃支援など)により支援。(4)長井市起業・創業支援事業補助金(市内の空き店舗等を活用して起業する個人または法人に対し最大50万円を補助)※詳細は、長井市移住定住サイト「田舎暮らし“ごんざい”」参照。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)45万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【長井市住宅新築補助金】長井市に住所を有する(予定の)人が市内に新築工事または建売住宅を購入すること。長井市に本社若しくは支店を有する法人又は個人施工業者と契約し工事を施工すること。45万円を補助。条件あり。(2)【長井市定住促進補助金】長井市内の土地を購入し、定住を目的として住宅又は併用住宅を新築若しくは建売住宅(併用住宅を含む)を購入した世帯に最大100万円を補助。条件あり。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)45万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【長井市住宅新築補助金】長井市に住所を有する(予定の)人が市内に新築工事または建売住宅を購入すること。長井市に本社若しくは支店を有する法人又は個人施工業者と契約し工事を施工すること。45万円を補助。条件あり。(2)【長井市定住促進補助金】長井市内の土地を購入し、定住を目的として住宅又は併用住宅を新築若しくは建売住宅(併用住宅を含む)を購入した世帯に最大100万円を補助。条件あり。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30 万円
補助/助成金条件・備考等 【長井市住宅リフォーム補助金】市に住所を有する(予定の)人が市内に所有する持家住宅のリフォームを行うこと。長井市に本社、支店及び営業所等を有する法人又は個人施工業者と契約し施工すること。毎年度1月末日までに実績報告書(工事完了届)を提出できること。市税等の滞納がないこと。長井市から同年度に住宅関連の補助を受領していないこと。申請前に着工していないこと。工事費の20%(最大24万円)。子育て世帯又は移住世帯、新婚世帯は工事費の30%(最大30万円)。他要件あり。