「超難問❕読めたらすごい👏難読駅クイズ【西日本編】」投票受付中

真庭市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)移住相談窓口(真庭市交流定住センターを設置し、移住相談対応を実施。現地案内や地域のキーパーソンの紹介など)。(2)【空き家活用定住促進補助金(改修)】市内建築業者による空き家の改築や改修費用。補助率1/3。上限100万円。(3)【空き家活用定住促進補助金(取得)】市外からの移住者が中古住宅等を購入した場合。補助率1/3。上限100万円。(3)【空き家家財道具等撤去補助金】空き家情報バンク登録者が家財等の処分を行った場合。補助率10/10。上限12万円。(4)空き家情報バンク(空き家利用希望者への情報を提供)。(5)【定住支援活動奨励金】移住者の受け入れに積極的な自治会等に奨励金を交付。空き家情報バンク登録1件につき1万円(上限3万円)、地域認定空き家(賃貸・売買)1件につき3万円。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(新婚世帯に上限10万円補助。所得制限等条件あり)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 【真庭市木材需要拡大事業】市内の製材所で製材した木材を一定量使用し、かつ、市内の建築業者の施工により建築した在来型木造住宅に対し、60万円補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【令和2年度空き家活用定住促進補助金】移住者が空き家の購入した場合100万円を上限に1/3補助。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【空き家活用定住促進補助金制度】定住目的で市内建築業者により、空き家の改築や改修を行った場合。補助率1/3。上限100万円。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域倉吉市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家情報の提供。(2)【空き家取得支援事業助成金】空き家バンクの物件を購入する定住希望者に交付金を交付。住宅取得支援制度:県外からの転入者に対し、住宅を整備する費用の一部を支援。(3)【空き家バンク賃貸物件家賃等助成金事業】県外からの転入者が、空き家バンク物件に入居した場合、入居するための費用の一部を支援。(4)【若者の新築住宅固定資産税減免制度】35歳以下の人が住宅を新築した時には、3年間固定資産税の一部を減免(共同住宅や賃貸住宅は除く)。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円+α万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住定住者住宅取得支援補助金】2012年4月1日以降に転入し、転入前4年の間に連続して3年以上県外に移住していた期間があり、2012年4月1日以後に住宅の新築等を行ない、引き続き5年以上居住する意思がある方が対象。補助対象経費の5/100の補助金支給。限度額は、2人以上での移住なら100万円、単身なら50万円。市内に本店・営業所を有する業者を使うものとする。(2)【震災に強いまちづくり促進事業補助金】(耐震改修に代わる建替え)2000年以前建築の耐震性なしと判定された住宅の建替えに100万円補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住定住者住宅取得支援補助金】2012年4月1日以降に転入し、転入前4年の間に連続して3年以上県外に移住していた期間があり、2012年4月1日以後に住宅の新築等を行ない、引き続き5年以上居住する意思がある方が対象。補助対象経費の5/100の補助金支給。限度額は、2人以上での移住なら100万円、単身なら50万円。15歳以下の者が同居する場合は、1人につき10万円加算。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円+α万円(2)15 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住定住者住宅取得支援補助金】2012年4月1日以降に転入し、転入前4年の間に連続して3年以上県外に移住していた期間があり、2012年4月1日以後に中古住宅の購入等を行ない、引き続き5年以上居住する意思がある方が対象。補助対象経費の5/100の補助金支給。限度額は50万円。15歳以下の者が同居する場合は、1人につき10万円加算。市内に本店・営業所を有する業者を使うものとする。(2)【空き家取得支援事業助成金】空き家バンクを通じて住宅を購入する35歳以下、もしくは市外在住者に15万円を助成。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)123.6万円(2)35万円(3)45 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【震災に強いまちづくり促進事業補助金】耐震診断は補助率2/3、上限7.6万円。※木造住宅無料耐震診断制度あり。改修設計は補助率2/3、上限16万円。耐震改修:補助率2/3又は1/3、上限100万円。※建築年による。除却は補助率23%、上限83.8万円。耐震シェルターは補助率23%、上限83.8万円。屋根瓦耐震対策(耐震性のある住宅)は補助率1/3、上限30万円。(2)【移住定住者住宅取得支援補助金】中古住宅改修費の10/100、上限35万円。要件あり。(3)【空き家流通促進事業補助金】1年以上利用がない空き家を改修する所有者に対し補助対象経費の1/2の補助金を支給。限度額は45万円。

周辺地域津山市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)定住相談ホットラインの開設。(2)就職促進家賃助成事業補助金。(3)空き家活用定住促進事業補助金。(4)定住ポータルサイト「LIFE津山」を開設。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 130 万円
補助/助成金条件・備考等 【津山市地域材利用新築住宅補助金】50万円。市内事業者を利用する場合は、80万円。(その他の上乗せ補助金)三世代は30万円。木づかい定住促進は50万円(三世代と木づかい定住促進の併用は不可)。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30 万円
補助/助成金条件・備考等 【空き家活用定住促進事業補助金】津山市住まい情報バンクに登録された空き家を購入した移住者の方に、費用の10/100以内で、30万円を限度として補助。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)55万円(2)6.8万円(3)80万円(4)60 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【地域材利用住宅リフォーム補助】地域材材料費の1/2以内(上限40万円)を助成。三世代は10万円、木づかい定住促進は15万円の上乗せあり。(三世代と木づかい定住促進の併用は不可)(2)【耐震診断補助】延べ面積に応じ6万円または6.8万円を定額助成。(3)【耐震改修補助】補助対象経費の1/2以内(上限80万円)を助成。(4)【空き家活用定住促進事業補助金】空き家の改修工事に要した費用(居住用の部分のみ。店舗等の部分は除く)の2/3以内で、60万円を限度に助成。同一物件に対しての交付は、1回限り。

周辺地域高梁市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)たかはし移住コンシェルジュ(2)空き家情報バンク制度(3)【空き家情報バンク活用促進助成金】空き家再生助成事業・家賃助成事業(4)【若者定住促進住宅助成金】住宅取得助成事業・住宅リフォーム助成事業・新婚世帯家賃助成事業(5)【人材確保U・Iターン支援事業】

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)3,100 万円
利子補給条件・備考等 【災害復興住宅建設資金等補給補助金】2018年7月豪雨により住宅に被害を受け、り災証明書の発行を受けた方が、新たに住宅を建設するための資金として、預貯金取扱金融機関及び住宅金融支援機構から融資を受けた場合、一定の条件のもとでその利子を市が10年間助成(補助金を交付)する。融資限度額は建築資金1,680万円、土地取得資金970万年、整地資金450万円(2019年10月1日以降に融資申込の場合)。利子補給率は年利0.63%以内。その他条件あり。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 160 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者定住促進住宅助成金】15歳以下の子を養育している方、若しくは40歳以下の方を対象に、5年以上暮らす住宅の用地取得・新築費用について補助。用地取得は用地購入代金の1/10、上限100万円。住宅新築は市内に事業所を有する建築業者等が施工する場合、三世代同居及び近居は60万円、15歳以下の子を養育は50万円、その他30万円。市外に事業所を有する建築業者等が施工する場合、三世代同居及び近居は30万円、15歳以下の子を養育は25万円、その他15万円。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)2,650 万円
利子補給条件・備考等 【災害復興住宅建設資金等補給補助金】2018年7月豪雨により住宅に被害を受け、り災証明書の発行を受けた方が、新たに住宅を購入するための資金として、預貯金取扱金融機関及び住宅金融支援機構から融資を受けた場合、一定の条件のもとでその利子を市が10年間助成(補助金を交付)する。融資限度額は住宅購入2,650万円(2019年10月1日以降に融資申込の場合)。利子補給率は年利0.63%以内。その他条件あり。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者定住促進住宅助成金】15歳以下の子を養育している方、若しくは40歳以下の方を対象に、5年以上暮らす建売住宅の購入費用について補助。購入代金が200万円以上が対象で、住宅購入代金の1/10、15歳以下の子を養育する場合、上限100万円、その他の場合、上限50万円。※本補助金を受け住宅を取得される方が住宅ローン「フラット35」を利用する場合、金利の優遇措置が受けられる。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)2,650 万円
利子補給条件・備考等 【災害復興住宅建設資金等補給補助金】2018年7月豪雨により住宅に被害を受け、り災証明書の発行を受けた方が、新たに住宅を購入するための資金として、預貯金取扱金融機関及び住宅金融支援機構から融資を受けた場合、一定の条件のもとでその利子を市が10年間助成(補助金を交付)する。融資限度額は住宅購入2,650万円(2019年10月1日以降に融資申込をした場合)。利子補給率は年利0.63%以内。その他条件あり。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者定住促進住宅助成金】15歳以下の子を養育している方、若しくは40歳以下の方を対象に、5年以上暮らす中古住宅の購入費用について補助。購入代金が200万円以上が対象で、住宅購入代金の1/10、15歳以下の子を養育する場合、上限100万円、その他の場合、上限50万円。※本補助金を受け住宅を取得される方が住宅ローン「フラット35」を利用する場合、金利の優遇措置が受けられる。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)740 万円
利子補給条件・備考等 【災害復興住宅建設資金等補給補助金】2018年7月豪雨により住宅に被害を受け、り災証明書の発行を受けた方が、被災住宅を補修するための資金として、預貯金取扱金融機関及び住宅金融支援機構から融資を受けた場合、一定の条件のもとでその利子を市が10年間助成(補助金を交付)する。融資限度額は補修資金740万円、整地資金及び引方移転資金450万円(2019年10月1日以降に融資申込をした場合)。利子補給率は年利0.63%以内。その他条件あり。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)9万円(3)50万円(4)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【空き家情報バンク活用促進助成金】市内の建築業者等が施工する場合、空き家の改修費用の1/3、上限50万円の補助。(2)【建築物耐震診断等事業】木造住宅耐震診断事業は診断方法により、補助額4~9万円と異なる(一部自己負担あり)。戸建て住宅耐震診断事業:経費の2/3、上限9万円。(3)【木造住宅耐震改修事業費補助金】耐震化工事費用の23%、1住宅あたり上限50万円。(4)【住宅リフォーム助成事業】対象工事費の1/10、上限50万円の補助。

周辺地域新見市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンクによる物件紹介。(2)【お試し暮らし支援事業】1泊2,000円で最大30泊まで田舎暮らし体験ができる。(3)【空き家活用推進事業補助金】空き家の購入は補助率3/10、上限200万円。空き家の改修は補助率4/10、上限300万円。空き家家屋内の家財整理は補助率1/2、上限20万円。※若年世帯等への上乗せあり。(4)移住交流支援センターによる一括相談窓口。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【新見の森と匠を活かす家づくり支援事業補助金】延べ面積が70m2以上の新築で、地元産材を70%以上使用し、その内70%以上が乾燥材であること。市内業者で施工すること。市税等の滞納がないこと。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30 万円
補助/助成金条件・備考等 【新見の森と匠を活かす家づくり支援事業補助金】主要構造部材及び内外装材等に木材を1m3以上使用して増改築する住宅であること。市内業者で施工すること。市税の滞納がないこと。使用した地元産材1m3あたり2.5万円の助成。