「地域の魅力にかぶりつけ🍔ご当地バーガーランキング」投票受付中

小諸市の「子育て」関連データ

子育ての制度や保育施設と言われてもピンと来ない方もいらっしゃると思います。ここでは子育て制度、保育園・幼稚園・認定こども園、子育て関連のデータについて紹介します。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い なし

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、月500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、月500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2021年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育園月額保育料。
公立保育所数 7 ヶ所 258位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 7 ヶ所
公立保育所定員数 585 309位 (669市区中)
公立保育所利用定員数 585 305位 (673市区中)
公立保育所在籍児童数 455 303位 (655市区中)
私立保育所数 1 ヶ所 682位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 1 ヶ所
私立保育所定員数 55 712位 (726市区中)
私立保育所利用定員数 55 715位 (732市区中)
私立保育所在籍児童数 40 697位 (708市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 722
保育所等利用者数 722
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
53,900 733位 (807市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 3 484位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 383 523位 (732市区中)
認定こども園利用定員数 354 537位 (739市区中)
認定こども園在籍児童数 344 485位 (716市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 10 479位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 20.48 229位 (815市区中)
小児歯科医師数 7 657位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 14.34 706位 (815市区中)

周辺地域の「子育て」関連データをチェック

周辺地域佐久市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い なし
子育て関連の独自の取り組み (1)妊産婦を対象に、母子手帳交付月の初日から出産(流産・死産含む)の翌月末まで、診療科に関わらず保険診療の医療費自己負担分に対し助成(助成内容は「乳幼児・子ども医療費助成」と同様)。(2)おたふくかぜワクチン予防接種費用の一部助成。(3)小学校1年生(2021年度に限り小学校2年生も)を対象に、市内にある体験学習施設や文化施設、観光交流施設等を、年間を通して無料で利用できるようにする「オールマイティパス」を交付。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2021年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育園月額保育料。
公立保育所数 15 ヶ所 93位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 15 ヶ所
公立保育所定員数 1,665 93位 (669市区中)
公立保育所利用定員数 1,665 88位 (673市区中)
公立保育所在籍児童数 1,403 88位 (655市区中)
私立保育所数 9 ヶ所 342位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 9 ヶ所
私立保育所定員数 1,065 294位 (726市区中)
私立保育所利用定員数 1,065 285位 (732市区中)
私立保育所在籍児童数 964 286位 (708市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 2,701
保育所等利用者数 2,701
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
53,000 717位 (807市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 1 655位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 60 729位 (732市区中)
認定こども園利用定員数 60 734位 (739市区中)
認定こども園在籍児童数 54 711位 (716市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 24 239位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 19.19 271位 (815市区中)
小児歯科医師数 31 287位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 24.79 401位 (815市区中)

周辺地域東御市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い なし
子育て関連の独自の取り組み (1)市立病院に隣接して助産所の設置(2010年度)。(2)市立病院での吃音外来。(3)5歳児発達相談事業。(4)5歳児視力検査。(5)自然活動体験事業(入園前から小学校1年生まで)。(6)第3子以降の児童の保育料の軽減。(7)信州型自然保育(普及型)。(8)子育て支援ポータルサイト「すくすくぽけっと」開設。(9)小規模保育事業所A型認可。(10)3歳以上児に係る第2子以降の副食費の軽減。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2021年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育園月額保育料。
公立保育所数 5 ヶ所 338位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 5 ヶ所
公立保育所定員数 720 258位 (669市区中)
公立保育所利用定員数 720 250位 (673市区中)
公立保育所在籍児童数 656 217位 (655市区中)
私立保育所数 1 ヶ所 682位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 1 ヶ所
私立保育所定員数 90 686位 (726市区中)
私立保育所利用定員数 90 685位 (732市区中)
私立保育所在籍児童数 89 665位 (708市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 807
保育所等利用者数 807
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
48,500 579位 (807市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 1 655位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 1
認定こども園定員数 75 721位 (732市区中)
認定こども園利用定員数 75 726位 (739市区中)
認定こども園在籍児童数 62 705位 (716市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 6 622位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 16.42 374位 (815市区中)
小児歯科医師数 2 788位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 5.47 805位 (815市区中)