「開放的な気分になれる✨野外美術館ランキング」投票受付中

加賀市の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)安心の子育てと地域に根ざした教育による笑顔あふれるまちづくり(2)観光と歴史・文化の振興による賑わいのあるまちづくり(3)ものづくりと雇用創出で活力と勢いのあるまちづくり等の計8分野に加え、2020年度より、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止や市民生活、経済活動を支援するため、「新型コロナ 加賀がんばろう基金」への寄附を追加した。お礼の品は、インターネット受付サイトからの寄附の場合と、支払通知書による口座振込での寄附の場合で内容が異なるが、加賀市内施設の宿泊券や各種特産品等を寄附金額に応じて寄附者に選択してもらい、贈呈する。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域小松市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)地域や世界で活躍する「人」づくりコース(2)きらりと光る「地域の宝」活用コース(3)ずっと住みたい「まち」づくりコース(4)市長におまかせコース。「ふるさとこまつ」を感じていただけるお礼の品を多数用意。「地酒」「九谷焼」「農産物(米、小松とまとなど)」など、寄附額に応じて選択可能(全423品目[2021年3月31日現在])。

周辺地域勝山市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)ジオパークを核にした観光産業の活性化にかかる事業(2)子育て環境日本一を目指すための事業(3)障害をもった人も安心して生活できるまちづくりへの活用(4)白山平泉寺など歴史遺産の保護保全に活用(5)「災害に強く安全で安心に暮らせるまちづくり」にかかる事業(6)「繊維のまち勝山」の文化風土を後世に伝えるために活用(7)豊かな農地の整備・活用。お礼の品として、市外在住の5,000円以上の寄付者に、勝山市の特産品やサービス等から1品を贈呈。

周辺地域あわら市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)芦原温泉駅周辺に活気を取り戻し、快適な都市空間に生まれ変わらせるための事業(2)ゆのまち情緒にあふれ、にぎわいと華やぎを感じさせる温泉街づくりのための事業(3)子どものことを考えた学校づくりのための事業(4)北潟湖や竹田川を自然の息吹に満ちた空間によみがえらせるための事業(5)子どもを産み、育てやすい環境と施設づくりのための事業(6)吉崎の歴史・文化、自然、食等を生かしたまちづくりのための事業(7)その他あわら市を元気にするために市長が必要と認める事業。(7)にお寄せいただいた寄付金の一部は、「あわら市市民活動サポート助成金」として地域活性化やまちづくりに取り組む団体への助成金として活用している。5,000円以上の寄付をいただいた方(市民の方を除く)にあわら市の特産品などをご用意している。

周辺地域坂井市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 「坂井市寄附市民参画条例」に基づき、寄附金の使い道を市民から募り、その決定にまで市民の意思を取り入れるという全国で唯一の取り組みを行う。使い道は、協働のまちづくりに関する事業、子育て、教育の充実に関する事業など全10事業。お礼の品として、坂井市産コシヒカリ・越前がに・甘えび・若狭牛・越のルビーなど約800品目の中から、寄附額に応じて贈呈。