「開放的な気分になれる✨野外美術館ランキング」投票受付中

加賀市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)若年U・Iターン者雇用奨励金制度。(2)移住者創業支援信用保証料補給事業。(3)移住住宅取得助成事業。(4)創業等支援融資利子補給事業。(5)若年層定住住宅取得助成事業。(6)空き家バンク制度。(7)インターネット環境等整備事業補助金。(8)移住者自動車運転免許取得助成事業。(9)加賀市移住支援金(いしかわ移住支援事業)

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)110万円+α万円(2)60万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住住宅取得助成事業】定住を前提に住宅を新築する市外からの転入者を対象に基本額50万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市内業者施工30万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円、補助対象者が45歳未満の場合20万円)、を助成。(2)【若年層定住住宅取得助成】住宅を新築する45歳未満の方を対象に基本額20万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市内業者利用10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円)を助成。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)80万円+α万円(2)30万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住住宅取得助成事業】定住を前提に住宅を購入する市外からの転入者を対象に基本額50万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円、補助対象者が45歳未満の場合20万円)を助成。(2)【若年層定住住宅取得助成事業】住宅を購入する45歳未満の方を対象に基本額20万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円)を助成。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)130万円+α万円(2)50万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住住宅取得助成事業】定住を前提に住宅を購入する市外からの転入者を対象に基本額50万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円、補助対象者が45歳未満の場合20万円、空き家バンク制度に登録された物件を購入した場合50万円)を助成。(2)【若年層定住住宅取得助成事業】住宅を購入する45歳未満の方を対象に基本額10万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円、空き家バンク制度に登録された物件を購入した場合30万円)を助成。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)170万円(2)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震改修事業】耐震診断:図面有りは無料、図面なしは現地調査費5,000円自己負担。耐震設計:設計費×2/3(上限20万円)。耐震工事は工事費×10/10(上限150万円)。(2)【若年層住宅改修等助成事業】45歳未満の方が建築後20年以上の住宅を市内業者を利用して増築、改築または改修を行う場合、補助金として20万円(18歳未満の子どもがいる世帯)又は10万円(18歳未満の子どもがいない世帯)と加算額(三世代同居の場合10万円)を助成。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域小松市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【空き家・空き室バンク制度】市内の空き家情報を市ホームページ等で公開する。(2)【空き家有効活用家賃補助金】45歳以下の若者世帯が空き家バンクの登録物件を借りた場合に、家賃の1/2(最大5,000円/月)を3年間補助。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【こまつ新婚すまい応援金】アパート等の賃貸の際について、初期費用に家賃が含まれる場合に補助。最大30万円)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)110万円(2)40万円(3)20万円(4)10 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【飛行場周辺地区居住環境整備助成金】航空機騒音区域で、騒音緩和を配慮した住宅を建設する場合にうるささ指数に応じて最大50万円を補助。市外転入者には30万円の加算、3世代住宅で最大20万円の加算、45歳以下の若者世帯は10万円の加算有。(2)【「ようこそ小松」定住促進奨励金】市外から市内転入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算あり。(3)【3世代家族住宅建築奨励金】3世代で同居する場合に20万円、近居する場合に10万円を補助。(4)【住まいる小松奨励金】分譲宅地を購入して住宅を建築する場合に10万円を補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)40万円(2)20万円(3)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【「ようこそ小松」定住促進奨励金】市外から市内転入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算有。(2)【3世代家族住宅建築奨励金】3世代で同居する場合に20万円、近居する場合に10万円を補助。(3)【まちなか住宅建築奨励金】住宅を購入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算、市内業者加算で10万円の加算あり。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)40万円(2)20万円(3)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【「ようこそ小松」定住促進奨励金】市外から市内転入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算有。(2)【3世代家族住宅建築奨励金】3世代で同居する場合に20万円、近居する場合に10万円を補助。(3)【まちなか住宅建築奨励金】住宅を購入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算、市内業者加算で10万円の加算あり。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)40万円(2)20 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【「ようこそ小松」定住促進奨励金】市外から市内転入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算有。(2)【3世代家族住宅建築奨励金】3世代で同居する場合に20万円、近居する場合に10万円を補助。

周辺地域勝山市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:移住者を対象に引越しに関する助成、家賃助成、市外通勤助成、Uターン奨励金のほか、住宅を新築、中古住宅を購入する場合及びそれに合わせてリフォームをする場合の助成、定住化促進事業、U・Iターン者・子育て世帯空き家住まい支援事業、空き家情報バンクがある。お試し移住体験施設事業がある。その他、医療・介護人材奨励金の交付、育英資金奨学金返還免除、教育資金利子補給、民間賃貸社宅助成制度がある。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【勝山市定住化促進事業】定住の意思を持った転入者、定住の意思を持った40歳以下の者、市内事業者の施工に限る。最高50万円を補助。敷地全部を親族以外から購入または賃借した場合、最高100万円を補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【勝山市定住化促進事業】定住の意思を持った転入者、定住の意思を持った40歳以下の者、市内事業者の施工に限る。最高50万円を補助。敷地全部を親族以外から購入または賃借した場合、最高100万円を補助。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【勝山市定住化促進事業】定住の意思を持った転入者、定住の意思を持った40歳以下の者、親族以外から購入した場合は、最高50万円を補助。県外からの転入者または子育て世帯が勝山市空き家情報バンク登録物件を購入した場合、最高100万円を補助。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)190万円(3)90 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【定住化促進事業】定住意思を持った転入者、定住意思を持った40歳以下の者、市内事業者施工に限る。(2)【木造住宅耐震改修促進事業】一定条件を満たした場合、住宅の耐震工事費用の23%を補助。一般住宅の建物全体の耐震改修工事の場合、上限120万円。一般住宅の部分的な耐震改修工事の場合、上限30万円。伝統的な古民家の建物全体の耐震改修工事の場合、上限190万円。(3)【多世帯同居推進事業】新たに多世帯同居するためのリフォーム工事、工事費10%、上限90万円。

周辺地域あわら市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家情報バンク制度。(2)県外から移住する若者及び子育て世帯に対して移住費用を支援。若者世帯:同一の世帯に属する移住者全員が、移住日において45歳未満である世帯に15万円/世帯。子育て世帯:移住日に、18歳に達する日以後の最初の3/31までの間において移住者を含む世帯に20万円/世帯。(3)空き家バンクの空き家を購入した場合の購入費、改修費1/3を支援。県外からの移住者に上限額100万円。購入支援と改修費支援の併用可。最大200万円。(4)多世帯で同居するための既存住宅の改修費の1/2を支援。上限60万円。(5)多世帯で同居又は近居するための新築住宅の購入費・建設費を支援。定額30万円。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業補助金】婚姻して1年以内で、ともに39歳以下の夫婦が支払う住宅購入・新築費、賃貸住宅の家賃、引越費用を支援。夫婦の合計所得が400万円未満である場合、補助上限30万円。400万円以上500万円未満である場合、補助上限10万円)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)10 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【空き家取得等支援補助金】空き家情報バンクに登録された空き家を購入した場合の購入費、リフォーム費の1/3支援。県外からの移住者の場合、補助上限額100万円。購入支援とリフォーム支援の併用可。(最大200万円)(2)【空き家家財処分支援補助金】空き家情報バンクに登録された空き家内の家財道具の処分費の2/3を支援。補助上限額10万円。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)80万円(3)10 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【空き家取得等支援補助金】空き家情報バンクに登録された空き家を購入した場合の購入費、リフォーム費の1/3を支援。県外からの移住者の場合、補助上限額100万円。(2)【木造住宅耐震改修促進事業補助金】診断評点が1.0未満の木造住宅の耐震性能を向上させるために行う改修工事費用の23%(上限80万円)を補助。(3)空き家情報バンクに登録された空き家内の家財道具の処分費の2/3を支援。補助上限額10万円。

周辺地域坂井市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【お試し移住事業】市内で住居又は仕事を探す活動もしくは地域課題の解決に取り組む活動を行う者に対し、宿泊費等を補助。(2)【奨学金返還支援事業】新たに就職し坂井市で定住する者に対し、奨学金返還額の6年分(100万円上限)を支援。※看護師等・保育士の場合は9年分(160万円上限)を支援。(3)【就職者等奨励金】市内の中小企業に就職もしくは市内で新規創業する18歳以上45歳未満の方で、5年以上定住する意思がある等の条件を満たした場合、1人10万円を交付。扶養親族とともに転入した場合は、20万円を限度に加算。(4)【空家活用定住支援事業】市外からの転入者が、空き家バンク登録の空き家を貸借する際、家賃の1/2、2万円/月を上限に1年分を補助。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)30万円(2)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【多世帯近居の住宅取得支援事業】直系親族の複数世帯が近居するため、居住推進区域内に住宅を建設する費用の1/3、上限30万円を補助。(2)【旧耐震住宅建替え支援事業】U・Iターン者、子育て世帯、新婚世帯、進出企業の従業員等が、居住推進区域内にある1981年5月31日以前に建てられた一戸建て住宅を、当該年度中までに除却し、当該敷地内に住宅を建設する費用の1/3、上限30万円を補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30 万円
補助/助成金条件・備考等 【多世帯近居の住宅取得支援事業】直系親族の複数世帯が近居するため、居住推進区域内に住宅を購入する費用の1/3、上限30万円を補助。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 【空家取得支援事業】U・Iターン者、子育て世帯、新婚世帯、進出企業の従業員等又は新たに多世帯近居をする者に、空き家バンクに登録されている空き家を購入する費用の1/3、上限60万円を補助。※新たに多世帯近居をする場合は空家バンクに登録されている要件を要しない。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)60万円(2)60万円(3)120 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【多世帯同居のリフォーム支援事業】居住推進区域内に直系親族の複数世帯が同居するために必要なリフォームに係る費用の1/3、上限60万円を補助。(2)【空家改修支援事業】空き家情報バンクに登録されている空家を購入し、居住するためのリフォーム費用又は所有者が賃貸するためのリフォーム費用を60万円を上限に補助。ただし、居住するためのリフォーム費用で要件に満たない県内者の場合は、50万円を上限に補助。(3)【耐震改修促進事業】1981年5月31日以前に建てられた木造住宅の全体の耐震補強に係る費用の80%、上限120万円を補助(一部のみの耐震補強の場合は費用の80%、上限30万円を補助)。