「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

目黒区の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)地震に強いまちづくりの推進(2)産業振興と地域の活性化の支援(3)子どもたちや子育ての応援(4)区内の桜保全事業の推進、その他区政全般等の14種類。お礼の品として、目黒区外に居住する寄付者に、寄付金額に応じた目黒区ゆかりの品などを贈呈。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域品川区

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)品川区におまかせ!特定の取組みに限定せず、区政運営に活用する(2)豊かな地域づくりに向けて活動している区民活動団体を応援する。1万円以上の寄附をした方にお礼の品(品川区の名産物等)をお送りしている。2020年度には、飛行機のコックピットを再現した空間でフライト体験ができる「フライトシミュレーター操縦体験」が体験型のお礼の品として加わった。“子どもの食の支援”にガバメントクラウドファンディング(GCF)を活用(GCFは2019年、2020年は9月10日から12月31日実施、2021年も実施予定)。

周辺地域大田区

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 【勝海舟基金】使い道は、(1)勝海舟記念館が行う勝海舟に関する資料の購入や修復等に活用。お礼の品として、3,000円以上の寄附者には「記念館招待券」、1万円以上の寄附者には「記念館年間パスポート及び扇子(非売品)」、10万円以上の寄附者には「記念館年間パスポート及び扇子(非売品)+氏名を銘板掲載」、また1万円以上の寄附を複数回寄附者には扇子以外の返礼品(記念館図録、航路図ハンカチ)も選択可能。全寄附者にはお礼状の送付、希望者は区ホームページに氏名の掲載。【大田区子ども生活応援基金】使い道は、(1) 子どもが安心して過ごせる地域の居場所づくり。お礼の品は特になし。

周辺地域世田谷区

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)スポーツ推進基金(2)世田谷区のPCR検査体制の拡充(3)医療的ケア児の笑顔を支える基金(4)世田谷区本庁舎等整備プロジェクト(5)SL塗装応援(6)赤ちゃんプロジェクト(7)災害対策基金(8)児童養護施設退所者等奨学基金(9)文化振興基金(10)みどりのトラスト基金(11)義務教育施設整備基金。(12)子ども基金(13)地域保健福祉等推進基金(14)国際平和交流基金(15)区政全般のため。区政全般のための寄附も可能。3万円以上の寄附をした方にお礼の品を贈呈。

周辺地域渋谷区

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み ふるさと納税ポータルサイトにて実施。使用用途は区政全般。ほかに、クラウドファンディング型のふるさと納税を実施(令和年度はスポーツ分野で実施)返礼品については、寄付額に応じて総務省基準に基づいた約140種類の返礼品を用意している。