「開放的な気分になれる✨野外美術館ランキング」投票受付中

玉名市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【第3次玉名市定住促進補助金】転入者が住宅を取得、改修した場合に費用の一部を助成。また、住宅で当補助金を交されたものが定期券を利用して新幹線通勤する場合、購入費用の1/2、上限月3万円まで助成。(2)玉名市空き家バンク制度。(3)玉名市おためし暮らし事業。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30 万円
補助/助成金条件・備考等 【玉名市第3次定住促進補助事業(住宅取得補助金)】2021年4月1日から2024年3月31日までの間に、住宅の取得に伴い玉名市へ転入した者が対象。20万円を補助。市内業者施工により新築した場合、30万円を補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 20 万円
補助/助成金条件・備考等 【玉名市第3次定住促進補助事業(住宅取得補助金)】2021年4月1日から2024年3月31日までの間に、住宅の取得に伴い玉名市へ転入した者が対象。20万円を補助。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【玉名市第3次定住促進補助事業(住宅取得補助金)】2021年4月1日から2024年3月31日までの間に、住宅の取得に伴い玉名市へ転入した者が対象。20万円を補助。空き家台帳に登録された住宅の場合、取得費の1/10、上限100万円。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【玉名市第3次定住促進補助事業(住宅リフォーム補助金)】2021年4月1日から2024年3月31日までに市外から転入した者で、取得した住宅を市内業者の施工によりリフォームをした者(市外転入後1年以内の住宅取得・リフォームを含む)が対象。リフォーム費用の半額(上限50万円)を補助。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域荒尾市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空家バンク制度(一定の要件を満たし登録された空家を市のホームページ等で情報提供する)。(2)お試し暮らし体験住宅制度(荒尾市の気候や風土、生活の様子を実際に体験していただけるよう3日~90日間[1,100円/日]で活用可能な住宅を提供する)。(3)移住コーディネーターによる相談対応(移住コーディネーター[相談員]を配置し、地域の住む魅力の情報発信を行うとともに、移住検討者からの相談対応・フォローアップを行う)。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(市が定める期間で新たに婚姻した一定所得以下の世帯を対象に、引越に係る費用、住宅取得に係る費用、住宅借上げに係る費用の一部を補助。※詳しくは荒尾市Webサイトに掲載)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)15万円(3)15 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【戸建木造住宅耐震改修等事業】耐震建替え工事は、費用の23%を助成(上限60万円)。耐震建替え設計+耐震建替え工事は、費用の4/5、上限100万円。他要件あり。(2)【移住促進補助金】市外に1年以上居住している方で、新たに荒尾市に新築住宅を建設し、3年以上定住する意思をもって転入した方に対し15万円を交付する。(3)【多世代定住支援事業補助金】新たに荒尾市に新築住宅を建設する子育て世帯であり、3年以上定住する意思をもって3世代以上にわたって両親と同居又は近居する多世代世帯に対し、15万円を交付する。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)15万円(2)15 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住促進補助金】市外に1年以上居住している方で、新たに荒尾市に新築住宅を購入し、3年以上定住する意思をもって転入した方に対し15万円を交付する。(2)【多世代定住支援事業補助金】新たに荒尾市に新築住宅を購入する子育て世帯であり、3年以上定住する意思をもって3世代以上にわたって両親と同居又は近居する多世代世帯に対し、15万円を交付する。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)15万円(2)15 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住促進補助金】市外に1年以上居住している方で、新たに荒尾市に中古住宅を購入し、3年以上定住する意思をもって転入した方に対し15万円を交付する。(2)【多世代定住支援事業補助金】新たに荒尾市に中古住宅を購入する子育て世帯であり、3年以上定住する意思をもって3世代以上にわたって両親と同居又は近居する多世代世帯に対し、15万円を交付する。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)109万円(2)15万円(3)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【戸建木造住宅耐震改修等】耐震診断(1981年5月31日以前に着工したものが対象)は延べ面積に応じ最大9万円、耐震改修設計は費用の2/3(上限20万円)、耐震改修工事は費用の1/2(上限60万円)、耐震シェルターは費用の1/2(上限20万円)、耐震改修設計+耐震改修工事は費用の4/5(上限100万円)助成。他要件あり。(2)【多世代定住支援】新たに荒尾市に存する住宅を増改築工事をする子育て世帯で、3世代以上に亘り両親と同居又は近居する多世代世帯を対象に15万円を交付。他要件あり。(3)【子育て応援空家活用】子育て世帯が中古住宅を購入後に改修した場合、工事費用の1/2(上限50万円)助成。

周辺地域熊本市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)熊本市公式移住情報サイト「熊本はどう?」の開設。(2)熊本市UIJターンサポートデスクの設置。利用時間は平日9時~18時30分。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【戸建木造住宅耐震改修事業(建替え設計工事一括)】戸建木造住宅(2000年5月31日以前に着工したもの等条件あり)について、熊本市の登録診断士等が実施した耐震診断の結果、耐震性が無いと判断されたものの建替え設計、建替え工事を一括で実施する場合、建替え工事費用の4/5以内で上限100万円を所有者等へ補助する。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【熊本市移住者向け中古住宅購入補助金】1年以上継続して県外に在住している方または熊本市に転入後3年以内で転入直前に1年以上継続して県外に居住していた方が、建築後2年以上経過していて過去に人が住んだことがある住宅(災害リスクが高い区域にあるものを除く)を購入する場合、住宅の購入費用(土地を除く)の1/2以内で居住誘導区域内の場合上限50万円、それ以外の区域の場合上限30万円を補助する。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【戸建木造住宅耐震改修事業(設計改修工事一括)】戸建木造住宅(2000年5月31日以前に着工したもの等条件あり)について、熊本市の登録診断士等が実施した耐震診断の結果、耐震性が無いと判断されたものを耐震性があるものとするための補強計画設計、耐震改修工事及び工事監理を一括で実施する場合、耐震改修工事費用の4/5以内で上限100万円を所有者等へ補助する。