「開放的な気分になれる✨野外美術館ランキング」投票受付中

焼津市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【空き家バンク】所有者が売却を希望する空き家の情報を市のホームページなどに公開することで、空き家の購入を希望する方に紹介する制度。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業】2021年1月1日~2022年3月10日までに婚姻届を提出し受理された、39歳以下の世帯の合計所得が400万円未満である夫婦に対し、結婚に伴う経済的負担を軽減するため、住居費および引越し費用の一部を最大30万円[夫婦ともに29歳以下の場合は、最大60万円]まで補助する。申請期間は2021年7月1日~2022年3月10日まで)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【転入子育て世帯マイホーム取得応援事業】夫婦ともに40歳以下、又は中学生以下の子がいる世帯が、焼津市に転入するために土地区画整理事業の一般保留地を購入し住宅を新築した場合、上限100万円を交付。土地の売買契約締結日が2021年4月1日から2022年3月31日までのもの。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【中古住宅流通促進奨励金】夫婦のいずれかが40歳以下であるか中学生以下の子がいる世帯が対象。加算条件の可否により助成金額が異なる。土地の売買契約締結日が2019年4月1日から2022年3月31日までのもの。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 135 万円
補助/助成金条件・備考等 【焼津市プロジェクト「TOUKAI-0」総合支援事業費補助金】木造住宅耐震補強助成事業は、1981年5月31日以前に建築(着工)された既存木造住宅で耐震診断の結果、総合評点が1.0未満のものを1.0以上で、かつ、総合評点が0.3以上上がる耐震補強工事費に対する補助。申請者の家族構成により助成額が変わる。(a)木造住宅耐震補強助成事業(補強計画一体型)は、耐震補強工事費の8割以内で上限120万円。(b)在宅避難割増は、地震発生後の避難生活における感染リスク回避のため、住み慣れた自宅での避難生活を可能とする住宅の耐震化を実施するための上乗せ補助、最大15万円(他要件あり)。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域静岡市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【中山間地域移住者用住宅改修事業補助金】中山間地域空き家情報バンク掲載の賃貸住宅(一部除外あり)を借受け、中山間地域外から中山間地域に移住する者へ、住宅を改修する経費の一部を補助(補助率9/10、上限100万円)。(2)【中山間地域移住報奨金】中山間地域空き家情報バンクを通じ、中山間地域外から中山間地域に移住し、6ヶ月以上の居住実績がある者へ奨励金支付。5年間の分割支給。(a)単身世帯20万円。(b)世帯構成員が複数の世帯40万円。(c)(b)世帯の構成員に中学生以下の子どもがいる場合は1人につき20万円加算(上限3人まで)。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活スマイル補助金】新婚生活に係る住居費・引越費用の補助。賃料及び共益費については、同居を始めた月及びその翌月に限る。要件あり)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)100万円(3)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【中山間地域移住者用住宅改修事業補助金】中山間地域空き家情報バンク掲載賃貸住宅(一部除外あり)借受、改修経費の一部補助(補助率9/10、上限100万円)。(2)【木造住宅耐震補強事業】補強計画策定と補強工事に係る費用の一部補助(補助率8/10、上限100万円)。1981年5月31日以前に建築された既存木造住宅が対象。耐震評点等について要件あり。(3)【静岡市空き家改修事業補助金】静岡市空き家情報バンク登録物件の改修補助。購入者が実施した改修に係る補助対象経費の1/3、上限70万円。(県外からの移住などに該当する場合、最大で上限100万円)※各事業とも要件確認等事前相談が必要。

周辺地域島田市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【IJU支援事業奨励金】県外からの転入者が新築住宅を取得する際、最大210万円を交付。(2)空き家バンク制度を実施。(3)移住体験ツアーを実施。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業】島田市で新生活を開始した新婚世帯に、婚姻時の年齢により最大60万円の補助金を交付。年齢・所得制限等交付要件あり)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 市に登録した特定建築業者によって居住用の一戸建ての木造住宅を建築する者。延べ面積50m2以上で大井川流域産材を木材使用料の45%以上使用した場合。5,000円/m2。ただし限度額50万円。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)60万円(2)30 万円
補助/助成金条件・備考等 【木造住宅建替助成事業】(1)1981年5月31日以前に建築された耐震性のない木造住宅の建替に対し、上限60万円。(2)除去のみ行う場合に対し、上限30万円。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)80万円(2)50万円(3)30 万円
補助/助成金条件・備考等 【中古住宅購入奨励金】市内金融機関の融資を受けて、市内の中古住宅を購入する方に対して最高80万円の奨励金を交付。居住誘導のため、中古住宅の所在地により交付額を設定(1)中心市街地80万円。(2)都市計画区域50万円。(3)その他区域30万円。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)110万円(2)829.3 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【建築物等耐震改修促進事業費補助金】木造住宅耐震補強助成事業は1981年5月31日以前に建築された木造住宅の耐震補強工事に対し、上限90万円の補助。高齢者世帯の場合は上限110万円の補助。(2)【がけ地近接危険住宅移転事業】がけ地に近接する住宅の除去費及び移転に要する費用について、金融機関等の融資を受けた利息に対する補助(上限あり)。

周辺地域藤枝市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)藤枝市空き家バンクによる情報提供を実施。(2)【藤枝市子育てファミリー移住定住促進事業】市外又は市内の賃貸住宅から市内の新築住宅を取得する子育てファミリー世帯に最大100万円を補助(新築住宅取得事業・新築住宅移転事業)※子育てファミリーの定義あり。(3)【藤枝市空き家活用・流通促進事業】空き家を取得、改修、移転しての移住に最大170万円を補助。(4)【仲良し夫婦移住定住促進事業】結婚後3年以内の市外又は市内の賃貸住宅から市内の新築住宅を取得する子育て前の夫婦世帯(夫婦ともに40歳未満)に最大100万円を補助(新築住宅取得事業・新築住宅移転事業)。市外からアパート等へ転入した場合、移転経費に対し最大50万円補助(賃貸住宅移転事業)。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【藤枝市新婚生活サポート補助金】新婚世帯の新規の住居購入費用や引越しにかかる費用の一部を補助。上限80万円。諸条件あり)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)50万円(3)80 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)2003年4月2日以後に生まれた子、または妊娠中の者がいる世帯が新築住宅を取得する際に、対象経費の1/2で、市外からの転入は限度額50万円。市内(賃貸住宅)での転居は限度額30万円を助成。(2)結婚後3年以内の子育て前の夫婦世帯(夫婦ともに40歳未満)が新築住宅を取得する際に、対象経費の1/2で市外からの転入は限度額50万円。市内での転居(賃貸住宅)は限度額30万円を助成。(3)1981年5月31日以前に建築(もしくは工事中)の木造在来工法で、耐震評点1.0未満の住宅の建替を対象。対象建物を解体し建設する事業費の23%で上限一般世帯40万円、中学生以下同居世帯、三世代同居世帯(除却のみ上限全世帯30万円)。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【子育てファミリー移住定住促進事業】2003年4月2日以後に生まれた子、または妊娠している者がいる世帯が住宅を取得する際に、対象経費の1/2を助成。藤枝市外からの転入の場合、限度額50万円。藤枝市内(賃貸住宅から転居)での転居の場合、限度額30万円。(2)【仲良し夫婦移住定住促進事業】結婚後3年以内の子育て前の夫婦世帯(夫婦ともに40歳未満)が住宅を取得する際に、対象経費の1/2を助成。藤枝市外からの転入の場合、限度額50万円。藤枝市内での転居(賃貸住宅から転居)の場合、限度額30万円。両事業とも新築戸建住宅だけでなく新築マンションの購入に対しても対象を拡大。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 70 万円
補助/助成金条件・備考等 【藤枝市空き家活用・流通促進事業】市外及び市内に居住する世帯が市内の空き家及び中古マンションを取得、入居する場合、取得に要する経費に対して最大70万円を助成。市外子育てファミリー世帯最大70万円、市外一般世帯最大50万円、市内居住世帯最大30万円。※子育てファミリーは2003年4月2日以後に生まれた子、または妊娠している者がいる世帯。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)125万円(2)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)1981年5月31日以前に建築(もしくは工事中)の木造在来工法で、耐震評点1.0未満の住宅が対象。(a)補強工事後の耐震評点が1.0以上かつ0.3以上あげる補強計画費及び工事費の8/10で、上限一般世帯105万円、中学生以下同居世帯、高齢者等世帯125万円。他要件あり。(b)防災ベッドを設置する場合、上限25万円。(c)耐震シェルターを設置する場合、上限35万円。(2)【藤枝市空き家活用・流通促進事業】市外及び市内に居住する世帯が市内の空き家及び中古マンションを取得、入居する場合、改修に要する経費に対して最大50万円を助成。市外子育てファミリー世帯最大50万円、市外一般世帯・市内居住世帯最大30万円※子育てファミリーは2003年4月2日以後に生まれた子、または妊娠している者がいる世帯。