「地域の魅力にかぶりつけ🍔ご当地バーガーランキング」投票受付中

横須賀市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?ここでは住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度を紹介します。

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度を実施。(2)子育てファミリー等応援住宅バンク助成制度。(3)2世帯住宅リフォーム助成制度。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 35 万円
補助/助成金条件・備考等 【子育てファミリー等応援住宅バンク助成制度】中学校卒業前の子(妊娠中を含む)を持つ夫婦ともに50歳未満の世帯が「子育てファミリー等応援住宅バンク」の登録物件を購入する際にかかる仲介手数料、登記手数料及び家具・家電購入費用、上限35万円。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)15万円(2)30万円(3)118.6 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【子育てファミリー等応援住宅バンク補助金】補助率1/2、上限15万円。横須賀市に本拠を置く業者が施行する場合のみ限定。他要件あり。(2)【2世帯住宅リフォーム助成】リフォーム費用の1/2(消費税抜きの額から)、上限30万円。横須賀市に本拠を置く業者が施工する場合のみ限定。他要件あり。(3)【木造住宅耐震補強工事等助成】木造住宅の耐震診断、設計、監理、改修に係る費用を助成する。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域横浜市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 なし

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)全額(2)140万円(3)120 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震診断士派遣事業】耐震診断士を派遣し、無料で耐震診断を実施。(2)【木造住宅耐震改修促進事業】補助限度額は、一般世帯100万円、非課税世帯140万円。上部構造評点が1.0未満と判定された住宅が対象。(3)【住まいのエコリノベーション補助制度】賃貸住宅を含む住宅の開口部及び浴室の断熱改修工事で、住宅全体に対して改修工事を行った場合は120万円/一住戸、住宅の日常生活空間に対して改修工事を行った場合は100万円/一住戸の補助あり。※(1)(2)は1981年5月末日以前に建築確認を得て着工された2階建て以下の在来軸組構法の木造住宅が対象。

周辺地域逗子市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 なし

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 41 万円
利子補給条件・備考等 中央労働金庫の神奈川県内の支店から住宅資金の融資を受けた場合に適用。市内に居住または申請から1年以内に居住が明らかな者で、事業所に勤務している者が対象。ただし期間は3年までで、利子補給の対象となる融資額は500万円を限度とする。1月当たりの利子補給額は1万1,400円を上限とし、利子補給金額は申請者の借入利率によって異なる。
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 41 万円
利子補給条件・備考等 中央労働金庫の神奈川県内の支店から住宅資金の融資を受けた場合に適用。市内に居住または申請から1年以内に居住が明らかな者で、事業所に勤務している者が対象。ただし期間は3年までで、利子補給の対象となる融資額は500万円を限度とする。1月当たりの利子補給額は1万1,400円を上限とし、利子補給金額は申請者の借入利率によって異なる。
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 41 万円
利子補給条件・備考等 中央労働金庫の神奈川県内の支店から住宅資金の融資を受けた場合に適用。市内に居住または申請から1年以内に居住が明らかな者で、事業所に勤務している者が対象。ただし期間は3年までで、利子補給の対象となる融資額は500万円を限度とする。1月当たりの利子補給額は1万1,400円を上限とし、利子補給金額は申請者の借入利率によって異なる。
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 41 万円
利子補給条件・備考等 中央労働金庫の神奈川県内の支店から住宅資金の融資を受けた場合に適用。市内に居住または申請から1年以内に居住が明らかな者で、事業所に勤務している者が対象。ただし期間は3年までで、利子補給の対象となる融資額は500万円を限度とする。1月当たりの利子補給額は1万1,400円を上限とし、利子補給金額は申請者の借入利率によって異なる。
補助/助成金制度 なし

周辺地域三浦市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【トライアルステイ(お試し居住)事業】三浦市への移住をお考えの方に、市内の空き家に短期間滞在していただくプログラム。三浦市の事業として始め、2020年度からは民間事業者による事業として実施し、三浦市は引き続き連携・協力して取り組む。期間中には、地元の方との交流会や市内ツアーを実施(ただし、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、実施について判断)。(2)【移住相談窓口】移住者受入連携企業(移住者も積極的に採用する企業)の紹介、市内案内等、常設の相談窓口として移住希望者の相談に対応。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)7万円(2)42 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム助成事業】市内施工業者によるリフォーム工事で2022年3月31日までに工事完成の完了報告ができるものが対象。20万円(税抜き)以上の助成対象工事に一律7万円の助成を行う。(2)【木造住宅耐震診断・改修補助事業】1981年5月31日以前に建築された2階建以下の在来工法の木造住宅(一戸建・店舗併用住宅)が対象。補助金額は、簡易診断2万円、一般診断2.5万円、改修設計費用5万円、改修工事費用のうち1/2を助成(上限30万円)、工事監理費用2.5万円。