住みたい街ランキングを発表!あなたの住んでいる街は何位?

札幌市の「財政」関連データ

自治体の財政破綻、他人事だと思っていたら結構身近なことかもしれません。ここでは自分の住んでいる街の財政状況について調べてみる方法と、市区ごとのデータをご紹介しております。

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 1,295,698,111 千円 4位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 661 千円 230位 (815市区中)
歳出額 1,281,258,738 千円 812位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 654 千円 611位 (815市区中)
地方税 334,595,895 千円 6位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 171 千円 127位 (815市区中)
地方債現在高 1,100,637,848 千円 808位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 562 千円 544位 (815市区中)
財政力指数 0.72 282位 (815市区中)
実質公債費比率 2.7 136位 (815市区中)
将来負担比率 29.3 484位 (815市区中)
経常収支比率 93.0 728位 (815市区中)
地方交付税依存度 10.2 216位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 52.0 千円 381位 (815市区中)

周辺地域の「財政」関連データをチェック

周辺地域小樽市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 68,157,351 千円 199位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 628 千円 272位 (815市区中)
歳出額 66,291,831 千円 621位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 611 千円 560位 (815市区中)
地方税 13,937,289 千円 293位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 128 千円 506位 (815市区中)
地方債現在高 46,975,015 千円 617位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 433 千円 380位 (815市区中)
財政力指数 0.46 580位 (815市区中)
実質公債費比率 5.7 317位 (815市区中)
将来負担比率 30.1 488位 (815市区中)
経常収支比率 91.6 659位 (815市区中)
地方交付税依存度 23.7 515位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 31.0 千円 132位 (815市区中)

周辺地域江別市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 56,610,753 千円 253位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 475 千円 573位 (815市区中)
歳出額 55,077,207 千円 572位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 462 千円 261位 (815市区中)
地方税 12,670,673 千円 328位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 106 千円 735位 (815市区中)
地方債現在高 37,541,834 千円 540位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 315 千円 213位 (815市区中)
財政力指数 0.55 476位 (815市区中)
実質公債費比率 5.6 309位 (815市区中)
将来負担比率 1.3 314位 (815市区中)
経常収支比率 87.5 336位 (815市区中)
地方交付税依存度 21.1 467位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 35.0 千円 173位 (815市区中)

周辺地域千歳市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 61,210,462 千円 229位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 627 千円 274位 (815市区中)
歳出額 59,938,776 千円 600位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 614 千円 565位 (815市区中)
地方税 16,659,259 千円 245位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 171 千円 129位 (815市区中)
地方債現在高 32,842,451 千円 496位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 336 千円 236位 (815市区中)
財政力指数 0.75 256位 (815市区中)
実質公債費比率 7.7 482位 (815市区中)
将来負担比率 0.4 309位 (815市区中)
経常収支比率 85.8 241位 (815市区中)
地方交付税依存度 10.0 209位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 84.0 千円 638位 (815市区中)

周辺地域恵庭市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 37,633,841 千円 393位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 536 千円 416位 (815市区中)
歳出額 35,991,324 千円 429位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 513 千円 395位 (815市区中)
地方税 8,311,941 千円 448位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 118 千円 622位 (815市区中)
地方債現在高 27,123,367 千円 394位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 386 千円 316位 (815市区中)
財政力指数 0.60 420位 (815市区中)
実質公債費比率 5.2 287位 (815市区中)
将来負担比率 12.3 372位 (815市区中)
経常収支比率 90.3 564位 (815市区中)
地方交付税依存度 16.5 351位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 46.0 千円 309位 (815市区中)

周辺地域伊達市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 21,423,030 千円 686位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 661 千円 229位 (815市区中)
歳出額 20,139,566 千円 123位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 622 千円 570位 (815市区中)
地方税 3,847,529 千円 685位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 119 千円 619位 (815市区中)
地方債現在高 17,396,725 千円 161位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 537 千円 510位 (815市区中)
財政力指数 0.39 665位 (815市区中)
実質公債費比率 4.6 249位 (815市区中)
将来負担比率 0.0 1位 (815市区中)
経常収支比率 83.4 107位 (815市区中)
地方交付税依存度 33.7 687位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 53.0 千円 399位 (815市区中)

周辺地域北広島市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 32,396,963 千円 472位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 565 千円 362位 (815市区中)
歳出額 31,611,263 千円 366位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 551 千円 478位 (815市区中)
地方税 7,941,529 千円 461位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 138 千円 396位 (815市区中)
地方債現在高 31,624,182 千円 476位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 551 千円 535位 (815市区中)
財政力指数 0.64 373位 (815市区中)
実質公債費比率 7.4 461位 (815市区中)
将来負担比率 82.4 717位 (815市区中)
経常収支比率 89.5 496位 (815市区中)
地方交付税依存度 15.9 343位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 88.0 千円 652位 (815市区中)

周辺地域石狩市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2021年度(2022年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 35,365,904 千円 424位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 610 千円 289位 (815市区中)
歳出額 34,730,013 千円 411位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 599 千円 548位 (815市区中)
地方税 8,967,312 千円 419位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 155 千円 229位 (815市区中)
地方債現在高 30,755,925 千円 454位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 531 千円 504位 (815市区中)
財政力指数 0.53 497位 (815市区中)
実質公債費比率 6.8 410位 (815市区中)
将来負担比率 51.6 607位 (815市区中)
経常収支比率 93.2 735位 (815市区中)
地方交付税依存度 22.5 493位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 42.0 千円 255位 (815市区中)