「開放的な気分になれる✨野外美術館ランキング」投票受付中

伊達市の「補助金」関連データ

補助金制度は多くの市区町村が実施している制度です。ここでは住宅に対する補助金、子どもの医療費に対する補助金、保育園・幼稚園の補助について紹介します。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い あり

備考:(1)妊娠32週以降の育児パッケージプレゼント。(2)【伊達市子育て応援出産祝金給付事業】第3子以降の場合に出産時30万円、小学校入学時に20万円を給付。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

幼稚園

出典・用語解説

公立・私立幼稚園に在籍する保護者への補助金 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 55 万円
補助/助成金条件・備考等 【伊達市「来て だて」住宅取得支援事業補助金】福島県外から伊達市内に移住する者が住宅を取得する際に助成。補助基本額は35万円。若年者・子育て世帯・新婚世帯のいずれかの場合、10万円加算。県補助要件に該当する場合は、別途加算あり。合計額と取得費用の1/2のいずれか低い額を助成。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 55 万円
補助/助成金条件・備考等 【伊達市「来て だて」住宅取得支援事業補助金】福島県外から伊達市内に移住する者が住宅を取得する際に助成。補助基本額は35万円。若年者・子育て世帯・新婚世帯のいずれかの場合、10万円加算。県補助要件に該当する場合は、別途加算あり。合計額と取得費用の1/2のいずれか低い額を助成。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 55 万円
補助/助成金条件・備考等 【伊達市「来て だて」住宅取得支援事業補助金】福島県外から伊達市内に移住する者が住宅を取得する際に助成。補助基本額は35万円。若年者・子育て世帯・新婚世帯のいずれかの場合、10万円加算。県補助要件に該当する場合は、別途加算あり。合計額と取得費用の1/2のいずれか低い額を助成。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

周辺地域の「補助金」関連データをチェック

周辺地域白石市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(市内の民間賃貸住宅に入居する夫婦に月額5,000円[24ヶ月]の家賃補助。年齢が満40歳未満であることなどの条件あり)
妊娠・出産祝い あり

備考:誕生祝い金として、第1子、第2子は1万円、第3子以降は2万円の商品券を贈呈。育児用品購入を助成するため、4,000円分のすくすくベビー券を贈呈。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 あり

備考:市内に住所がある小学校3年生以下のお子さんを3人以上養育している方が、市内私立認可外保育施設に子どもを入所させている場合、3人目以降の子どもの支払った保育料を年2回に分けて助成(所得制限あり)。

幼稚園

出典・用語解説

公立・私立幼稚園に在籍する保護者への補助金 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)10 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【白石市定住者補助金】白石市に転入する者で、住宅を建築した者に30万円を助成。※市内の建設関連業者を利用した場合は20万円を加算。(2)【白石市民住宅取得補助金】市民で、住宅を建築した者に10万円を助成。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)10 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【白石市定住者補助金】白石市に転入する者で、新築住宅を購入する者に30万円を助成。※市内の建設関連業者を利用した場合は20万円を加算。(2)【白石市民住宅取得補助金】市民で、新築住宅を購入した者に10万円を助成。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)10 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【白石市定住者補助金】白石市に転入する者で、中古住宅を購入した者に30万円を助成。※市内の建設関連業者を利用した場合は20万円を加算。(2)【白石市民住宅取得補助金】市民で、中古住宅を購入した者に10万円を助成。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)14万円(2)110 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【白石市木造住宅耐震診断助成事業】1981年5月31日以前に建築された木造の戸建て住宅の耐震診断上限14万円を助成。(2)【白石市木造住宅耐震改修工事助成事業補助金】耐震改修設計および耐震改修工事上限100万円を補助、さらに耐震化工事以外のリフォームで10万以上の場合は10万円を上乗せ補助。

周辺地域福島市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(新婚さんの新生活を応援するため、新婚世帯の住居費と引越費用を支援。スタートアップ支援として上限15万円、家賃支援として実支出額の1/2、月額2万円まで[最長36ヶ月]。要件あり)
妊娠・出産祝い なし

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

幼稚園

出典・用語解説

公立・私立幼稚園に在籍する保護者への補助金 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 40 万円
補助/助成金条件・備考等 【福島市多世帯同居・近居支援事】福島市内で新たに多世代同居・近居をするために住宅取得等を行うものに助成。基本金10万円。子ども一人に月5万円(最大4名まで)、県外からの移住で10万円をそれぞれ加算。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 40 万円
補助/助成金条件・備考等 【福島市多世帯同居・近居支援事】福島市内で新たに多世代同居・近居をするために住宅取得等を行うものに助成。基本金10万円。子ども一人に月5万円(最大4名まで)、県外からの移住で10万円をそれぞれ加算。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 40 万円
補助/助成金条件・備考等 【福島市多世帯同居・近居支援事】福島市内で新たに多世代同居・近居をするために住宅取得等を行うものに助成。基本金10万円。子ども一人に月5万円(最大4名まで)、県外からの移住で10万円をそれぞれ加算。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)40 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震化促進事業】1981年以前の旧耐震基準で建てられた一戸建て木造住宅で、耐震診断により耐震基準に満たないと判定されたものに、耐震改修工事の一部を助成。助成額は一般耐震改修工事費の1/2(上限100万円)、簡易・部分耐震改修工事費の1/2(上限60万円)。(2)【福島市多世帯同居・近居支援事】福島市内で新たに多世代同居・近居をするために住宅改修等を行うものに助成。基本金10万円。子ども一人に月5万円(最大4名まで)、県外からの移住で10万円をそれぞれ加算。

周辺地域相馬市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い あり

備考:新婚者に、市から結婚記念樹を贈呈。

新婚世帯向け家賃補助制度 あり(結婚に伴う住宅の新築やアパート賃貸に関する経費、引越し費用など、30万円を上限に助成。夫婦の所得が400万円未満かつ夫婦ともに婚姻日における年齢が39歳以下であることなど諸条件あり)
妊娠・出産祝い なし

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

幼稚園

出典・用語解説

公立・私立幼稚園に在籍する保護者への補助金 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)15.6万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【相馬市木造住宅耐震診断者派遣事業】市内の木造住宅の所有者が耐震診断を希望する場合、耐震診断者(耐震診断を行う建築士など)を派遣。(2)【相馬市木造住宅耐震改修支援事業】安全性が低いと診断された住宅を対象に、耐震改修工事に要する費用の一部を予算の範囲内で補助。一般改修最大100万円、簡易・部分耐震改修最大60万円。