「開放的な気分になれる✨野外美術館ランキング」投票受付中

伊達市の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 「頑張れ伊達!!応援寄付金」と題し、応援してくれるみなさんの思いを大切に、ふるさとの貴重な地域資源を将来に継承していくための、(1)農林業・商工業・観光のまち(2)子育て・教育のまち(3)健幸・福祉のまちなど全5項目に活用。お礼の品として、5,000円以上の寄付者に、市長からの礼状のほか、返礼品として季節の果物などの特産品を贈呈。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域白石市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)学校教育の充実、歴史遺産・伝統文化の継承と活用など(2)これからの時代に対応したコミュニティの形成、協働のまちづくりの推進など(3)地域福祉の推進、子ども・子育て支援の充実など(4)防災・減災対策の充実、地域における防災力の強化など(5)農林業・商工業・観光の振興、移住・定住の促進など(6)豊かな自然環境の維持、魅力ある都市空間の整備など。1万円以上の寄附をいただいた市外にお住まいの方へ白石市への応援に対する感謝の気持ちを込めて、寄附金額に応じて市内事業者が提供する地元特産品等を贈呈。

周辺地域福島市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)「くだもの王国の農業」応援(2)「花見山と美しい環境」応援(3)「災害に強いまちづくり」応援(4)「古関裕而のまち」応援(5)「子どもの夢を育むまち」応援(6)「誰にとってもやさしい社会」応援(7)「にぎわいある県都づくり」応援(8)「オリンピック・レガシー」応援(9)「動物にもやさしいまち」応援(10)「ICT化と都市ブランド」応援(11)「まだまだ復興福島市」応援(12)新型コロナウイルス感染症対策。お礼の品として、市外在住で6,000以上のご寄付をいただいた個人の方に、「くだものの宝石箱」福島市の四季折々のくだものをはじめとする特産品を贈呈。

周辺地域相馬市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)福祉の向上に関する事業(2)防災対策に関する事業(3)社会教育の振興に関する事業(4)青少年の健全育成に関する事業(5)スポーツの振興に関する事業(6)人材の育成に関する事業(7)教育復興子育てに関する事業(8)高齢者等への生活支援に関する事業(9)その他市長が必要と認める事業。お礼の品として、市外在住の10万円以上の寄付者に相馬産米を贈呈。