「記念に撮りたくなる📷文字モニュメントランキング」投票受付中

大仙市:教育

人が活き人が集う夢のある田園交流都市 / 花火と自然が調和した 癒しのまち だいせん

読み方
だいせんし
市区役所所在地
〒014-8601 大仙市大曲花園町1-1
TEL
0187-63-1111
秋田県のデータ
公式ホームページ
http://www.city.daisen.akita.jp/

大仙市は、秋田県のほぼ中央に位置し、東に奥羽山脈、西に出羽丘陵が縦走、その間を流れる雄物川とその支流である玉川に沿った県内有数の穀倉地帯です。また、古くから県南の交通の要衝であり、現在も秋田新幹線や秋田自動車道など高速交通体系が整備され、首都圏から1日行動圏にあります。夏に開かれる全国花火競技大会「大曲の花火」は全国的に有名です。2005年3月22日に大曲市、神岡町、西仙北町、中仙町、協和町、南外村、仙北町、太田町の8市町村が合併し、大仙市が誕生しました。

よく比較される市区

教育行政・地域データ概要

データ概要

◆行政・地域データ調査について
『生活ガイド.com』で提供する地域情報コンテンツは、「すでにお住まいの人、これから新しく住民になる人に、地域を理解し、好きになってもらいたい」という趣旨で、調査・収集して提供されています。
弊社では全国の市区役所へ調査票を送付し、行政サービスや様々な地域データについて調査協力をいただいております。項目によっては、市区ごとに未回答や非公表の場合があります。
また、調査後に制度や数値に変更・追加のあった場合は適宜修正を加えておりますが、最新性を保証するものではありません。最新の情報につきましては、各市区役所まで直接お問い合わせの上ご確認ください。
◆市町村合併対応について
当サイトでは、2020年4月1日までの市区町村合併に対応しています。数値情報である統計データは対象の市町村分を合算して集計していますが、条例など旧自治体制度の移行期間により、詳細な情報を掲載できないケースもあります。
合併に伴う制度の変更や条例の改正については、適宜修正を行ってまいりたいと考えておりますが、スケジュールに関しましては未定でございます。

幼稚園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆幼稚園数(園児数)、小学校数(児童数)、公立小学校1学級当たりの平均児童数、中学校数(生徒数)、公立中学校1学級当たりの平均生徒数、高等学校数(生徒数)、大学進学率(現役)
文部科学省「学校基本調査」 2019年
小学校数(児童数)、中学校数(生徒数)については、国立・公立・私立、義務教育学校を含めた数値を掲載している。
高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。
大学進学率(現役)については、高等学校卒業者のうち大学等進学者(通信教育部への進学者を除く)の割合を掲載している。
なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。
◆公立幼稚園・小中学校の耐震化率
文部科学省「公立学校施設の耐震化状況」(2019年4月1日現在)より建物の構造にかかわらず、独自に算出。
◆長期休業期間中の預かり保育実施園数・長期休業期間中の預かり保育実施園率
2019年5月1日現在の数値を掲載している。
公立幼稚園数(国立を含む) 0 456位 (815市区中)
私立幼稚園数 0 674位 (815市区中)
幼稚園園児数 0 764位 (815市区中)
公立幼稚園の有無 なし
公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
私立幼稚園補助金<入園料> なし
私立幼稚園補助金<保育料>-2019年10月以降 なし
私立幼稚園補助金<保育料>-2019年9月末まで なし

小学校 出典・用語解説

出典・用語解説

◆幼稚園数(園児数)、小学校数(児童数)、公立小学校1学級当たりの平均児童数、中学校数(生徒数)、公立中学校1学級当たりの平均生徒数、高等学校数(生徒数)、大学進学率(現役)
文部科学省「学校基本調査」 2019年
小学校数(児童数)、中学校数(生徒数)については、国立・公立・私立、義務教育学校を含めた数値を掲載している。
高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。
大学進学率(現役)については、高等学校卒業者のうち大学等進学者(通信教育部への進学者を除く)の割合を掲載している。
なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。
◆教育用コンピュータ1台当たりの児童数・生徒数、光ファイバー回線によるインターネット接続率、100Mbps以上の回線によるインターネット接続率、デジタル教科書の整備率、普通教室の大型提示装置整備率
文部科学省「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」 2019年3月1日現在
この調査は全国の公立学校を対象としている。
なお、デジタル教科書とは、学校で使用している教科書に準拠し、教員が電子黒板等を用いて、児童生徒への指導用に活用するデジタルコンテンツをいう。
大型提示装置とは、プロジェクタ、デジタルテレビ、電子黒板のことをいう。
小学校数 21 204位 (815市区中)
小学校児童数 3,385 431位 (815市区中)
公立小学校1学級当たりの平均児童数 16.4 704位 (814市区中)
公立小学校の学校選択制 未実施
教育用コンピュータ1台当たりの児童数 4.7 238位 (814市区中)
光ファイバー回線によるインターネット接続率 100.0 1位 (814市区中)
100Mbps以上の回線によるインターネット接続率 100.0 1位 (814市区中)
デジタル教科書の整備率 0.0 656位 (814市区中)
普通教室の大型提示装置整備率 13.9 727位 (814市区中)

中学校 出典・用語解説

出典・用語解説

◆幼稚園数(園児数)、小学校数(児童数)、公立小学校1学級当たりの平均児童数、中学校数(生徒数)、公立中学校1学級当たりの平均生徒数、高等学校数(生徒数)、大学進学率(現役)
文部科学省「学校基本調査」 2019年
小学校数(児童数)、中学校数(生徒数)については、国立・公立・私立、義務教育学校を含めた数値を掲載している。
高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。
大学進学率(現役)については、高等学校卒業者のうち大学等進学者(通信教育部への進学者を除く)の割合を掲載している。
なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。
◆教育用コンピュータ1台当たりの児童数・生徒数、光ファイバー回線によるインターネット接続率、100Mbps以上の回線によるインターネット接続率、デジタル教科書の整備率、普通教室の大型提示装置整備率
文部科学省「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」 2019年3月1日現在
この調査は全国の公立学校を対象としている。
なお、デジタル教科書とは、学校で使用している教科書に準拠し、教員が電子黒板等を用いて、児童生徒への指導用に活用するデジタルコンテンツをいう。
大型提示装置とは、プロジェクタ、デジタルテレビ、電子黒板のことをいう。
中学校数 11 196位 (815市区中)
中学校生徒数 1,837 403位 (815市区中)
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 21.1 710位 (814市区中)
公立中学校の学校選択制 未実施
教育用コンピュータ1台当たりの生徒数 3.6 178位 (814市区中)
光ファイバー回線によるインターネット接続率 100.0 1位 (814市区中)
100Mbps以上の回線によるインターネット接続率 100.0 1位 (814市区中)
デジタル教科書の整備率 5.8 646位 (814市区中)
普通教室の大型提示装置整備率 0.0 749位 (814市区中)

小・中学校 出典・用語解説

出典・用語解説

◆公立幼稚園・小中学校の耐震化率
文部科学省「公立学校施設の耐震化状況」(2019年4月1日現在)より建物の構造にかかわらず、独自に算出。
◆学校給食
独自調査によるデータを掲載。なお、このデータは全国の公立学校を対象としている。
公立小中学校の耐震化率 100.0 1位 (815市区中)
学校給食 【小学校】完全給食【中学校】完全給食
学校給食民間委託 一部で導入(調理・配送※全小中学校)

高等学校 出典・用語解説

出典・用語解説

◆幼稚園数(園児数)、小学校数(児童数)、公立小学校1学級当たりの平均児童数、中学校数(生徒数)、公立中学校1学級当たりの平均生徒数、高等学校数(生徒数)、大学進学率(現役)
文部科学省「学校基本調査」 2019年
小学校数(児童数)、中学校数(生徒数)については、国立・公立・私立、義務教育学校を含めた数値を掲載している。
高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。
大学進学率(現役)については、高等学校卒業者のうち大学等進学者(通信教育部への進学者を除く)の割合を掲載している。
なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。
高等学校数 6 161位 (815市区中)
高等学校生徒数 1,768 395位 (815市区中)
大学進学率(現役) 33.5 646位 (806市区中)

※順位は登録されている市区のみを対象に算出されたものです

※調査後の制度改変、数値変更等により実際と異なる場合があります。最新情報は各市区役所へお問い合わせください

大仙市の投稿一覧

大仙市の満足な点

  • 治安が良い。 利便性が高い、程良い田舎。 花火や農業の街。 (30代 女性)

大仙市の不満な点

  • 花火やが農業以外にこれといった産業が無いので、就労先の選択肢が少ない。 医療福祉関係や部品工場等の製造業くらい。 企業誘致等に力を入れて欲しい。 (30代 女性)