「開放的な気分になれる✨野外美術館ランキング」投票受付中

塩尻市の「子育て」関連データ

子育ての制度や保育施設と言われてもピンと来ない方もいらっしゃると思います。ここでは子育て制度、保育園・幼稚園・認定こども園、子育て関連のデータについて紹介します。

結婚・子育て

出典・用語解説

妊娠・出産祝い あり

備考:木製玩具(ウッドスタート)または出産記念樹としての苗木のどちらか一つを贈呈。

子育て関連の独自の取り組み (1)0歳~概ね18歳までの全ての子どもの育ちを応援支援する元気っ子応援事業の実施。(2)子育て全般の市の施策を盛り込んだ子育て応援bookの作成、配布。(3)幼少期の家庭での保育の大切さをテーマとした保育講演会の開催。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

公立保育所数 15 ヶ所 93位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 15 ヶ所
公立保育所定員数 1,800 81位 (669市区中)
公立保育所利用定員数 1,800 77位 (673市区中)
公立保育所在籍児童数 1,584 75位 (655市区中)
私立保育所数 1 ヶ所 682位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 1 ヶ所
私立保育所定員数 105 676位 (726市区中)
私立保育所利用定員数 89 696位 (732市区中)
私立保育所在籍児童数 68 676位 (708市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 1,816
保育所等利用者数 1,806
保育所等(申込者÷利用者) 1.01 339位 (815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
47,200 539位 (807市区中)

備考:保育短時間認定は43,000円。

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 あり

備考:第2子は16.5万円を上限に保育料及び入園料の半額を、第3子以降は33万円を上限に保育料及び入園料の全額を減免。

認定こども園

出典・用語解説

認定こども園数 2 561位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 147 675位 (732市区中)
認定こども園利用定員数 147 676位 (739市区中)
認定こども園在籍児童数 137 645位 (716市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 12 430位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 14.49 495位 (815市区中)
小児歯科医師数 31 272位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 37.44 84位 (815市区中)

周辺地域の「子育て」関連データをチェック

周辺地域松本市

結婚・子育て

出典・用語解説

妊娠・出産祝い あり

備考:木製スプーンを贈呈。松本市の緑化の推進を目的に、次代を担う子どもたちが緑に親しみ、成長とともに緑を大切にする心を育んでもらうため、お子さんの誕生した親を対象に記念樹として苗木を交付(8種類の中から1本)。安曇地区に居住する者の第3子以降を対象に、1人あたり30万円を支給。奈川地区に居住する者の第1子を対象に10万円、第2子20万円、第3子以降40万円を支給。

子育て関連の独自の取り組み (1)子どもの権利に関する条例・子どもにやさしいまちづくり推進計画(子どもの権利相談室及び擁護委員の設置)。(2)不妊・不育症治療費助成事業。(3)歯科管理登録事業。(4)同時通園または低所得世帯の保育料の減免。(5)ひとり親家庭のファミリーサポート利用料助成。(6)発達障害児などの継続的支援。(7)子ども用品を回収し希望者に配布。(8)「ファーストスプーン」贈呈。(9)誕生記念樹贈呈。(10)絵本贈呈(ブックスタート、セカンドブック)。(11)おたふくかぜ予防接種費用の一部助成。(12)「子育て世帯応援券」配布。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。入院時食事療養費については標準負担額の半額を自己負担。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

公立保育所数 43 ヶ所 15位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 43 ヶ所
公立保育所定員数 5,736 12位 (669市区中)
公立保育所利用定員数 5,736 12位 (673市区中)
公立保育所在籍児童数 4,103 17位 (655市区中)
私立保育所数 5 ヶ所 471位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 5 ヶ所
私立保育所定員数 659 405位 (726市区中)
私立保育所利用定員数 659 393位 (732市区中)
私立保育所在籍児童数 599 388位 (708市区中)
保育所入所待機児童数 2 616位 (815市区中)
保育所等申込者数 5,581
保育所等利用者数 5,546
保育所等(申込者÷利用者) 1.01 339位 (815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
51,900 694位 (807市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園

出典・用語解説

認定こども園数 12 154位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 2
認定こども園定員数 1,402 204位 (732市区中)
認定こども園利用定員数 1,402 190位 (739市区中)
認定こども園在籍児童数 1,303 175位 (716市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 95 59位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 31.12 67位 (815市区中)
小児歯科医師数 95 94位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 31.12 173位 (815市区中)

周辺地域岡谷市

結婚・子育て

出典・用語解説

妊娠・出産祝い なし
子育て関連の独自の取り組み 放課後の子どもの居場所づくり事業子育て支援アプリ「げんきっずおかや」。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

公立保育所数 13 ヶ所 114位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 5 ヶ所
公立保育所定員数 1,220 140位 (669市区中)
公立保育所利用定員数 1,220 136位 (673市区中)
公立保育所在籍児童数 806 173位 (655市区中)
私立保育所数 2 ヶ所 625位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 2 ヶ所
私立保育所定員数 140 649位 (726市区中)
私立保育所利用定員数 140 651位 (732市区中)
私立保育所在籍児童数 129 632位 (708市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 1,037
保育所等利用者数 1,037
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
59,000 794位 (807市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園

出典・用語解説

認定こども園数 1 655位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 150 671位 (732市区中)
認定こども園利用定員数 150 669位 (739市区中)
認定こども園在籍児童数 141 640位 (716市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 10 494位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 18.25 327位 (815市区中)
小児歯科医師数 11 552位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 20.07 528位 (815市区中)

周辺地域伊那市

結婚・子育て

出典・用語解説

妊娠・出産祝い あり

備考:過疎地域は、第1子3万円、第2子5万円、第3子7万円、第4子以降10万円の出産祝金を支給。過疎地域以外は、第3子2万円、第4子以降5万円(それぞれ居住の要件等があり)。ウッドスタート事業で6ヶ月児に木のおもちゃを贈呈。ブックスタート事業で6ヶ月児に絵本を贈呈。子育て応援指定ごみ袋贈呈事業により、出生届時に可燃指定ごみ袋(小)を5セット(50袋)贈呈。子守唄のCDを6ヶ月相談時に希望者へ贈呈。新生児の育児支援のため、2022年4月1日生まれまでの新生児に1人当たり10万円を支給。新生児の保護者に乳児おむつ用品購入券を贈呈。

子育て関連の独自の取り組み (1)移住定住の視点から子育てしやすい環境の支援。(2)小規模園の地域との連携をとる「田舎暮らしモデル地域」認定保育園、地域とともに保育する「信州やまほいく」などの取り組み。(3)虐待防止自助グループの開催。(4)父母の死亡、重度障害となった児童へ「遺児等福祉金」の支給。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1レセプトにつき、500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

公立保育所数 18 ヶ所 71位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 18 ヶ所
公立保育所定員数 2,155 60位 (669市区中)
公立保育所利用定員数 2,155 55位 (673市区中)
公立保育所在籍児童数 1,667 65位 (655市区中)
私立保育所数 2 ヶ所 625位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 2 ヶ所
私立保育所定員数 120 661位 (726市区中)
私立保育所利用定員数 120 666位 (732市区中)
私立保育所在籍児童数 91 662位 (708市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 1,926
保育所等利用者数 1,911
保育所等(申込者÷利用者) 1.01 339位 (815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
32,000 72位 (807市区中)

備考:延長保育も含めた金額は37,000円。

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 あり

備考:信州やまほいく認定園の3歳以上児の保育料を無償化(国の無償化制度の対象外となっている教育保育について、長野県が独自に1/2を補助[信州やまほいく保育補助事業]。残る1/2は保護者が保育料を負担するところだが、長野県が各市町村に対してこれについても独自に補助するよう協力依頼が発出され、各市町村によっては独自に追加で補助することで実質無償化としている。そのため、市町村によっては1/2の利用者負担が必要となるが、伊那市では利用者負担がかからない)。

認定こども園

出典・用語解説

認定こども園数 3 484位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 333 558位 (732市区中)
認定こども園利用定員数 333 551位 (739市区中)
認定こども園在籍児童数 215 585位 (716市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 20 279位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 24.07 161位 (815市区中)
小児歯科医師数 18 425位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 21.66 468位 (815市区中)