「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

箕面市の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)緑豊かな自然環境・良好な住環境の保全(2)子育て支援・教育の充実(3)保健福祉の充実(4)北大阪急行南北線の延伸(5)箕面市立病院の医療体制の充実(6)消防活動及び救急活動の充実・強化(7)市長おまかせ(8)その他。お礼の品として、5,000円以上の寄付をした市外在住の方に、箕面市の特産品29品から寄付金額の範囲内で贈呈。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域豊中市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)公共施設、公共的施設の整備(2)奨学費の貸付(3)社会福祉(4)緑化事業(5)市民公益活動の推進(6)教育の振興(7)地球温暖化防止事業(8)スポーツの振興(9)消防・救急救命体制の充実(10)文化芸術の振興(11)新型コロナウイルス感染症対策(12)豊中市のまちづくりに資する事業全般。地場産品約200品目を返礼品として設定。

周辺地域池田市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 2008年に「池田市みんなでつくるまちの寄付条例」を制定。使い道は、教育や安全など14(「指定しない」を入れると15)項目から選択。5,000円以上の寄付でお礼の品を贈呈。地酒、温泉宿など、約60種類もの特産品や市内企業の商品に加え、猪名川花火大会の招待席など体験商品も企画。お礼の品の贈呈の回数制限はなし。

周辺地域吹田市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 2020年夏から返礼品の送付を開始。詳しくは吹田市Webサイトを参照。

周辺地域茨木市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み いただいた寄附の使い道は、将来に向けた魅力あるまちづくりのための様々な用途に活用している。お礼の品として、1万円以上を寄附いただいた方(市外在住者)に、茨木市の特産品約120150品から1品を贈呈。一番人気の返礼品は、北大阪ナンバーワングルメでグランプリを受賞した「ティラプリ」。また、茨木市にちなんだ魅力ある返礼品の開発を通じて、全国に対し地場産品をPRし、地域の活性化を図る。

周辺地域川西市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、社会福祉推進、芸術文化、スポーツの振興など12分野から選択可能。5,000円以上の市外在住寄付者に対するお礼の品の贈呈を実施しており、市内の応援事業者が提供する約190種類の特産品等のうち、希望するものを選ぶことができる。