「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

豊前市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度。(2)青豊分譲地を購入し、住宅を建築する方に一定の条件のもと最高120万円の定住促進補助金を交付。(3)公共住宅と宅地の提供。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業】対象者は、次の各号の全てを満たす世帯。[1]2021年1月1日から2022年3月31日までの間に婚姻届を提出し、受理された世帯。[2]夫婦ともに婚姻日における年齢が39歳以下。[3]2020年中の夫婦の所得を合算した金額が400万円未満。[4]夫婦ともに市内の対象となる住宅の所在地に住民登録をしている。(5)豊前市及び従前の居住地において市税等の滞納がない。助成対象期間は、交付申請のあった日の属する月から当該年度の3月31日まで。月額1万円を助成)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 40 万円
補助/助成金条件・備考等 【豊前市産材利用促進事業補助金】市内で生産・製材された木材50%以上を利用した、建築主自らが居住する木造住宅で、市内事業者が施工し年度内(3月31日まで)に完成する住宅に対し、木材使用材積数量1m2あたり1.5万円(上限額40万円)助成。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)3,000円(2)30万円(3)40 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造戸建て住宅耐震診断費補助】1981年5月31日以前に建築、工事着工した木造戸建て住宅の福岡県耐震アドバイザー制度の費用1/2を補助。(2)【木造戸建て住宅耐震改修工事費補助】1981年5月31日以前に建築、工事着工した住宅の耐震改修工事費の25%、上限30万円。(3)【豊前市産材利用促進事業補助金】市内で生産・製材された木材50%以上を利用した、市内事業者が施工する増改築に対し上限40万円まで助成。リフォームは、市外の製材事業者の場合上限額が異なる。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域中津市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【移住・定住支援事業】空き家バンクを通じて、下毛地域に移住した者に、(1)空き家改修(補助対象経費の1/2、上限50万円)(2)家財等処分(補助対象経費全額、上限10万円)(3)仲介手数料補助(補助対象経費の全額、上限5万円)(4)ケーブルネットワーク加入補助(補助対象経費の1/2、上限3万円)を受けることができる。空き家バンク制度の他に県外から下毛地域に移住された方を対象に新規住宅を建築された場合に補助を受けることができる。また3親等以内の親族が所有する住宅にUターンした場合も改修費用等について同様の補助を受けることができる。(5)【新婚生活支援事業】旧下毛地域を新居とする新婚世帯に対し、新生活に係る住居費及び引っ越し費用等の一部を補助(一世帯当たり最大30万円※世帯に一定の条件あり)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 【中津市産材利用住宅促進事業補助金】中津市産の木材を利用した木造専用住宅を新築する場合に、中津市産材の購入経費の一部を市が補助(2021年度まで)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)80万円+α万円(2)75 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震化促進事業補助金】診断は負担額5,500円。耐震改修は経費の2/3上限80万円。段階的耐震改修は経費の2/3上限60万円。(2)【子育て・高齢者世帯リフォーム支援事業】県と合同で住宅改修工事の費用を一部補助。子育て支援型及び高齢者バリアフリー型は工事費の20%、上限30万円。三世代同居型は工事費の50%、上限75万円。