「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

一関市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:移住者が住宅を取得する場合に補助金を最大50万円交付。18歳以下の子を扶養する場合や市に本店または主たる営業所がある事業者が住宅を施工する場合は加算あり。空き家バンク登録物件を利用しようとする場合に必要な改修工事等の経費に対して補助金を交付。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【一関市結婚新生活支援補助金】結婚に伴う新生活開始に係る新居の賃貸費用や引越費用の一部を補助。年齢が39歳以下であることや夫婦の世帯所得が400万円未満であること等、諸条件あり。1世帯あたりの補助上限額は、夫婦とも29歳以下の場合、60万円、夫婦のいずれかまたは双方が30歳以上39歳以下の場合、30万円)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)1,460 万円
利子補給条件・備考等 【生活再建住宅支援事業(利子補給)】東日本大震災により自ら居住していた住宅が被災(全壊・大規模半壊・みなし全壊に該当するもの)し、市内に自ら居住するための住宅を新築(建設又は購入)することを目的に金融機関等から借入れをしたもの。ただし、2021年4月1日以降は、被災者住宅再建支援事業補助金の交付決定を受けた者に限る。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)130万円(2)70万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【生活再建住宅支援事業(復興住宅新築)】東日本大震災により自ら居住していた住宅が被災(全壊・大規模半壊・半壊・みなし全壊に該当するもの)し、市内に自ら居住するための住宅を新築(建設又は購入)するもの。ただし、2021年4月1日以降は、被災者住宅再建支援事業補助金の交付決定を受けた者に限る。(2)【一関市移住者住宅取得補助金】市外からの転入者が住宅を取得する際に助成する。40歳以上の場合、25万円。40歳未満の場合、50万円。市内施工業者で20万円加算。高校生以下の子を扶養する世帯においては、子ども1人につき10万円加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)1,460 万円
利子補給条件・備考等 【生活再建住宅支援事業(利子補給)】東日本大震災により自ら居住していた住宅が被災(全壊・大規模半壊・みなし全壊に該当するもの)し、市内に自ら居住するための住宅を新築(建設又は購入)することを目的に金融機関等から借入れをしたもの。ただし、2021年4月1日以降は、被災者住宅再建支援事業補助金の交付決定を受けた者に限る。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)130万円(2)70万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【生活再建住宅支援事業(復興住宅新築)】東日本大震災により自ら居住していた住宅が被災(全壊・大規模半壊・半壊・みなし全壊に該当するもの)し、市内に自ら居住するための住宅を新築(建設又は購入)するもの。ただし、2021年4月1日以降は、被災者住宅再建支援事業補助金の交付決定を受けた者に限る。(2)【一関市移住者住宅取得補助金】市外からの転入者が住宅を取得する際に助成する。40歳以上の場合、25万円。40歳未満の場合、50万円。市内施工業者で20万円加算。高校生以下の子を扶養する世帯においては、子ども1人につき10万円加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)1,460 万円
利子補給条件・備考等 【生活再建住宅支援事業(利子補給)】東日本大震災により自ら居住していた住宅が被災(全壊・大規模半壊・みなし全壊に該当するもの)し、市内に自ら居住するための住宅の既往住宅債務を目的に金融機関等から借入れをしたもの。ただし、2021年4月1日以降は、被災者住宅再建支援事業補助金の交付決定を受けた者に限る。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)130万円(2)25万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【生活再建住宅支援事業(復興住宅新築)】東日本大震災により自ら居住していた住宅が被災(全壊・大規模半壊・半壊・みなし全壊に該当するもの)し、市内に自ら居住するための住宅を新築(建設又は購入)するもの。ただし、2021年4月1日以降は、被災者住宅再建支援事業補助金の交付決定を受けた者に限る。(2)【一関市移住者住宅取得補助金】市外からの転入者が住宅を取得する際に助成する。40歳以上の場合、12.5万円。40歳未満の場合、25万円。高校生以下の子を扶養する世帯においては、子ども1人につき10万円加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)75万円(2)20 万円
補助/助成金条件・備考等 以下の工事の経費の一部補助。いずれも要件あり。(1)【木造住宅耐震改修工事助成事業】一関市木造住宅耐震診断事業の診断結果による耐震改修工事。(2)【住宅環境改善リフォーム補助金】自ら所有かつ居住している住宅の環境改善を図るため工事。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域陸前高田市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【被災関連定住支援事業費補助金】東日本大震災時に市外に居住していた人で、今後、市内に住宅を新築して定住する人の経済的負担を軽減する。(2)【定住支援住宅事業助成金】移住者への住宅支援。上限100万円の商品券。(3)【陸前高田市Uターン促進奨励金】市内に住所を定めたUIターン者に対し、奨励金を支給。(4)【陸前高田市空き家バンク事業】「空き家の利用を希望されている方」と「空き家の貸出を希望されている方」を仲介する制度。(5)移住定住相談窓口(陸前高田市移住定住総合支援業務により特定非営利活動法人高田暮舎に委託し相談窓口を設置している)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 250 万円
利子補給条件・備考等 東日本大震災によりその居住する住宅に著しい被害を受けた者が、被災住宅に代わる住宅を市内に建設するために資金を借り入れた場合に、利子相当額として最大250万円。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)200万円(3)90 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)地域産木材を使用して延べ床面積50m2以上の木造住宅を新築する場合に対象木材の使用量に応じて補助。(2)東日本大震災により県内で住宅が全壊した世帯が市内で新築する場合200万円(単身世帯は150万円)。(3)東日本大震災によりその居住する住宅が滅失した者が、高齢者に配慮した一定の基準を満たす住宅、岩手県産の木材を使用した住宅を市内に新築する場合に、それぞれ住宅の床面積に応じて最大90万円、対象木材の使用量に応じて最大40万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 250 万円
利子補給条件・備考等 東日本大震災によりその居住する住宅に著しい被害を受けた者が、被災住宅に代わる市内の住宅を購入するために資金を借り入れた場合に、利子相当額として最大250万円。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)200万円(2)90 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)東日本大震災により岩手県内で住宅が全壊した世帯が市内に新たに住宅を購入する場合に200万円(単身世帯は150万円)。(2)東日本大震災によりその居住する住宅が滅失した者が、高齢者に配慮した一定の基準を満たす住宅、岩手県産の木材を使用した住宅を市内に購入する場合に、それぞれに住宅の床面積に応じて最大90万円、使用した木材の量に応じて最大40万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 250 万円
利子補給条件・備考等 東日本大震災によりその居住する住宅に著しい被害を受けた者が、被災住宅に代わる市内の住宅を購入するために資金を借り入れた場合に、利子相当額として最大250万円。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)200万円(2)90 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)東日本大震災により岩手県内で住宅が全壊した世帯が市内に新たに住宅を購入する場合に200万円(単身世帯は150万円)。(2)東日本大震災によりその居住する住宅が滅失した者が、高齢者に配慮した一定の基準を満たす住宅、岩手県産の木材を使用した住宅を市内に購入する場合に、それぞれに住宅の床面積に応じて最大90万円、使用した木材の量に応じて最大40万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 28 万円
利子補給条件・備考等 東日本大震災によりその居住する住宅に被害を受けた者が、被災住宅を補修又は改修するために資金を借り入れた場合の償還利子。借入金額640万円、利率1.0%により算出した金額を上限とし、最長5年間。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 (a)1981年5月31日以前に着工の戸建。(b)木造在来軸組工法、伝統的工法の木造平屋建、木造2階建。(c)建築基準法令に違反しない。(d)ア~ウのいずれかに該当。(ア)耐震簡易診断の総合評点が1.0未満、(イ)耐震一般診断の上部構造評点が1.0未満、(ウ)耐震一般診断で重大な地盤・基礎の注意事項の指摘があった住宅。耐震改修工事に係る工事費並びに耐震改修工事を行うため必要な既存仕上げ等の撤去、再仕上げ等に要する工事費、設計費、工事監理費。補助対象経費の4/5以内。

周辺地域奥州市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【空き家バンク設置事業】市内に移住等を希望する者に空き家を紹介するシステム。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 1.5 万円
利子補給条件・備考等 【排水設備改造資金融資あっせん及び利子補給金】排水設備を水洗化する場合。融資金額100万円以下。利率1.45%。償還期間5年以内。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)(商品券)10万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム事業助成】住宅をリフォームした場合、助成額は工事費の1/20~1/10、限度額10万円(商品券による支給)。(2)【木造住宅の耐震改修工事助成】判定値を1.0以上とする耐震改修工事を行った場合、工事費の1/2以内、限度額100万円。

周辺地域気仙沼市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:気仙沼市移住・定住支援センターを設置し、UIJターンに関する総合窓口を開設。空き家バンクの登録やマッチング、お試し移住などの事業を実施。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(敷金、礼金、家賃等を最大30万円補助。年齢所得要件あり)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (1)786万円(2)728万円(3)751.8 万円
利子補給条件・備考等 (1)災害危険区域内に住んでいた被災者で、震災により全壊又は大規模半壊の世帯が2012年7月9日より前に、市内の災害危険区域外にローンを利用して再建した場合、786万円。(2)災害危険区域内に住んでいた被災者で、震災により全壊又は大規模半壊の世帯が2012年7月9日より前に、市内の災害危険区域内にローンを利用して再建した場合。(3)災害危険区域外に住んでいた被災者で、震災により全壊又は大規模半壊の世帯が市内の災害危険区域外でローンを利用して再建した場合(※消費税8%契約の場合は上限742.7万円・消費税5%の場合は上限728万円)。なお、(1)~(3)とも制度の期限は2021年度内。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)350万円(2)350 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)災害危険区域内に住んでいた被災者で2012年7月9日より前に、市内の災害危険区域内に再建した場合。(2)震災により全壊又は大規模半壊の世帯が、市内の災害危険区域外で再建した場合。※(1)(2)ともに、再建にかかった費用から被災者生活再建支援金加算支援金を控除した額のうち上限350万円を補助。なお、(1)(2)とも制度の期限は2021年度内。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (1)786万円(2)728万円(3)751.8 万円
利子補給条件・備考等 (1)災害危険区域内に住んでいた被災者で、震災により全壊又は大規模半壊の世帯が2012年7月9日より前に、市内の災害危険区域外にローンを利用して再建した場合、786万円。(2)災害危険区域内に住んでいた被災者で、震災により全壊又は大規模半壊の世帯が2012年7月9日より前に、市内の災害危険区域内にローンを利用して再建した場合。(3)災害危険区域外に住んでいた被災者で、震災により全壊又は大規模半壊の世帯が市内の災害危険区域外でローンを利用して再建した場合(※消費税8%契約の場合は上限742.7万円・消費税5%の場合は上限728万円)。なお、(1)~(3)とも制度の期限は2021年度内。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)350万円(2)350 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)災害危険区域内に住んでいた被災者で2012年7月9日より前に、市内の災害危険区域内に再建した場合。(2)震災により全壊又は大規模半壊の世帯が、市内の災害危険区域外で再建した場合。※(1)(2)ともに、再建にかかった費用から被災者生活再建支援金加算支援金を控除した額のうち上限350万円を補助。なお、(1)(2)とも制度の期限は2021年度内。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (1)786万円(2)728万円(3)751.8 万円
利子補給条件・備考等 (1)災害危険区域内に住んでいた被災者で、震災により全壊又は大規模半壊の世帯が2012年7月9日より前に、市内の災害危険区域外にローンを利用して再建した場合、786万円。(2)災害危険区域内に住んでいた被災者で、震災により全壊又は大規模半壊の世帯が2012年7月9日より前に、市内の災害危険区域内にローンを利用して再建した場合。(3)災害危険区域外に住んでいた被災者で、震災により全壊又は大規模半壊の世帯が市内の災害危険区域外でローンを利用して再建した場合(※消費税8%契約の場合は上限742.7万円・消費税5%の場合は上限728万円)。なお、(1)~(3)とも制度の期限は2021年度内。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)350万円(2)350 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)災害危険区域内に住んでいた被災者で2012年7月9日より前に、市内の災害危険区域内に再建した場合。(2)震災により全壊又は大規模半壊の世帯が、市内の災害危険区域外で再建した場合。※(1)(2)ともに、再建にかかった費用から被災者生活再建支援金加算支援金を控除した額のうち上限350万円を補助。なお、(1)(2)とも制度の期限は2021年度内。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 300 万円
利子補給条件・備考等 震災により全壊又は大規模半壊の世帯が、市内でローンを利用して再建した場合。なお、制度の期限は2021年度内。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)150万円(2)50万円(3)124.24 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)震災により全壊又は大規模半壊の世帯が、市内で再建した場合。※再建にかかった費用から被災者生活再建支援金加算支援金を控除した額のうち上限150万円を補助。なお、制度の期限は2021年度内。(2)震災により半壊世帯が、市内で再建した場合。なお、制度の期限は2021年度内。(3)【木造住宅の耐震診断】14.24万円。【木造住宅耐震化工事補助金】上限110万円。

周辺地域登米市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【登米市移住・定住サポートセンター】登米市への移住・定住を検討している方々に対し、情報提供や支援を行う。(2)【移住体験】無料で2泊3日から9泊10日までの滞在ができる移住お試し住宅を提供。また、移住体験ツアー参加者、移住お試し住宅利用者に対して、旅費及び宿泊費の一部を補助(上限3万円)。(3)【登米市空き家情報バンク】市内の空き家を有効活用することで、移住・定住の促進を図り、地域の活性化に資することを目的に実施している空き家情報登録制度。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)40万円(2)50万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【登米市地域材需要拡大支援事業】市民が、市内に、主要構造材の50%以上に市内産木材を使用した木造在来工法による住宅等を新築および増築する場合、市内産木材使用量に応じて最大40万円を助成。(2)【登米市住まいサポート事業補助金】取得費用の1/10、上限は50万円(別途、市内業者による新築で10万円、中学生以下の扶養する子1人につき5万円の加算あり)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 【登米市住まいサポート事業補助金】取得費用の1/10、上限は50万円。別途、市内業者による新築で10万円、中学生以下の扶養する子1人につき5万円の加算あり。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 25万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 【登米市住まいサポート事業補助金】取得費用の1/10、上限は25万円(別途、中学生以下の扶養する子1人につき5万円の加算あり)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)40万円(2)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【登米市地域材需要拡大支援事業】市民が、市内に、主要構造材の50%以上に市内産木材を使用した木造在来工法による住宅等を新築および増築する場合、市内産木材使用量に応じて最大40万円を助成。(2)【登米市空き家改修事業補助金】登米市空き家情報バンクに登録された空き家の所有者及び入居者が行う改修等に要する経費に対し、改修費等の1/2を助成(上限50万円)。

周辺地域栗原市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)ホームサーチ事業(空家の売買・賃貸を希望する所有者からの申し込みを受けて登録した空家情報を居住したい方へ情報提供)。(2)若者定住促進助成(40歳以下の転入者または多世代同居者が住宅を新築・購入した際に上限20万円を最長5年間助成)。(3)空き家活用移住体験事業(市外在住の移住希望者に短期間無料で貸出)。(4)若者遠距離通勤支援事業(40歳以下の者が遠距離通勤する場合に最大月額1万円を2年間助成)。(5)空き家リフォーム助成(空き家バンクを利用して空き家を購入または3年以上賃貸する転入者がリフォームする経費を最大40万円助成)。(6)移住相談事業(移住定住支援員が移住を検討している方の相談に対応)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【新婚生活応援家賃助成】40歳以下の新婚夫婦が民間賃貸住宅に入居した場合、実質家賃から3万円を差し引いた額、上限1万円を最長2年間助成。要件あり)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者定住促進助成】40歳以下の転入者または多世代同居する者に対し、住宅の新築・購入に係る借入金の年末残高の5%相当額を助成。年毎上限20万円、5年間助成。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者定住促進助成】40歳以下の転入者または多世代同居する者に対し、住宅の新築・購入に係る借入金の年末残高の5%相当額を助成。年毎上限20万円、5年間助成。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者定住促進助成】40歳以下の転入者または多世代同居する者に対し、住宅の新築・購入に係る借入金の年末残高の5%相当額を助成。年毎上限20万円、5年間助成。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 110 万円
補助/助成金条件・備考等 【栗原市木造住宅耐震改修工事促進助成事業補助金】耐震改修工事は、住宅の耐震改修工事費用の80%(限度額100万円)助成。併せて10万円以上のリフォーム工事を行う場合は最大で10万円を加算助成。建替工事は、耐震診断の結果、上部構造評点1.0未満の住宅で、既存住宅を取り壊して改築する場合、耐震改修工事に要する費用相当分(限度額110万円)を助成する。