「見て涼みたい噴水⛲ランキング」投票受付中

佐野市の「財政」関連データ

自治体の財政破綻、他人事だと思っていたら結構身近なことかもしれません。ここでは自分の住んでいる街の財政状況について調べてみる方法と、市区ごとのデータをご紹介しております。

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 57,393,481 千円 242位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 499 千円 493位 (815市区中)
歳出額 54,077,193 千円 571位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 470 千円 309位 (815市区中)
地方税 18,399,886 千円 232位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 160 千円 233位 (815市区中)
地方債現在高 38,598,297 千円 559位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 335 千円 252位 (815市区中)
財政力指数 0.71 282位 (815市区中)
実質公債費比率 2.1 110位 (815市区中)
将来負担比率 0.0 1位 (815市区中)
経常収支比率 92.1 418位 (815市区中)
地方交付税依存度 13.7 288位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 24.0 千円 66位 (815市区中)

周辺地域の「財政」関連データをチェック

周辺地域足利市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 58,291,820 千円 235位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 409 千円 713位 (815市区中)
歳出額 54,478,619 千円 577位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 382 千円 83位 (815市区中)
地方税 19,842,279 千円 214位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 139 千円 439位 (815市区中)
地方債現在高 37,970,378 千円 553位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 266 千円 147位 (815市区中)
財政力指数 0.75 246位 (815市区中)
実質公債費比率 4.7 246位 (815市区中)
将来負担比率 0.0 1位 (815市区中)
経常収支比率 88.2 153位 (815市区中)
地方交付税依存度 12.4 254位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 26.0 千円 83位 (815市区中)

周辺地域栃木市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 72,647,538 千円 183位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 467 千円 578位 (815市区中)
歳出額 67,798,603 千円 627位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 436 千円 206位 (815市区中)
地方税 22,887,439 千円 190位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 147 千円 355位 (815市区中)
地方債現在高 56,859,062 千円 668位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 365 千円 301位 (815市区中)
財政力指数 0.71 282位 (815市区中)
実質公債費比率 8.1 517位 (815市区中)
将来負担比率 20.9 469位 (815市区中)
経常収支比率 92.9 482位 (815市区中)
地方交付税依存度 14.8 305位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 35.0 千円 190位 (815市区中)

周辺地域鹿沼市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 48,654,681 千円 295位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 514 千円 446位 (815市区中)
歳出額 46,433,358 千円 522位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 491 千円 364位 (815市区中)
地方税 14,947,230 千円 285位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 158 千円 254位 (815市区中)
地方債現在高 28,856,875 千円 447位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 305 千円 209位 (815市区中)
財政力指数 0.69 310位 (815市区中)
実質公債費比率 1.8 98位 (815市区中)
将来負担比率 0.0 1位 (815市区中)
経常収支比率 89.6 233位 (815市区中)
地方交付税依存度 13.5 279位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 69.0 千円 549位 (815市区中)

周辺地域桐生市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 52,243,844 千円 270位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 499 千円 491位 (815市区中)
歳出額 49,211,880 千円 539位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 470 千円 311位 (815市区中)
地方税 12,969,840 千円 331位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 124 千円 600位 (815市区中)
地方債現在高 36,203,774 千円 537位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 346 千円 266位 (815市区中)
財政力指数 0.56 458位 (815市区中)
実質公債費比率 4.4 227位 (815市区中)
将来負担比率 0.0 1位 (815市区中)
経常収支比率 94.9 623位 (815市区中)
地方交付税依存度 20.5 441位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 60.0 千円 476位 (815市区中)

周辺地域館林市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 32,401,969 千円 461位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 435 千円 652位 (815市区中)
歳出額 29,659,795 千円 337位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 399 千円 119位 (815市区中)
地方税 12,558,588 千円 342位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 169 千円 161位 (815市区中)
地方債現在高 26,843,035 千円 401位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 361 千円 292位 (815市区中)
財政力指数 0.82 166位 (815市区中)
実質公債費比率 5.6 308位 (815市区中)
将来負担比率 85.3 745位 (815市区中)
経常収支比率 94.8 618位 (815市区中)
地方交付税依存度 9.9 197位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 39.0 千円 240位 (815市区中)

周辺地域みどり市

行財政 出典・用語解説

出典・用語解説

◆歳入額・歳出額・地方税・地方債現在高・地方交付税依存度・1人当たり公共事業費
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
地方交付税依存度とは、歳入に占める国からの地方交付税の割合で、大きければ自治体の自主財源がそれだけ不足しているということを表す。
1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。
人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。
◆財政力指数・実質公債費比率・将来負担比率・経常収支比率
総務省「地方財政状況調査関係資料」 2022年度(2023年3月31日)
財政力指数とは、地方自治体の財政力を示す指標で、高いほど自主財源の割合が高く財政力のある団体といえる。1.0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。
実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。
将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。350%以上で健全化が必要な市町村とされる。
なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0.0を表示している。
経常収支比率とは、経常一般財源のうち、経常的経費(人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費)に充当されたものが占める割合。
歳入額 22,269,797 千円 659位 (815市区中)
歳入額 人口1人当たり 451 千円 622位 (815市区中)
歳出額 20,611,750 千円 152位 (815市区中)
歳出額 人口1人当たり 417 千円 168位 (815市区中)
地方税 6,562,610 千円 547位 (815市区中)
地方税 人口1人当たり 133 千円 505位 (815市区中)
地方債現在高 18,660,507 千円 216位 (815市区中)
地方債現在高 人口1人当たり 378 千円 325位 (815市区中)
財政力指数 0.62 387位 (815市区中)
実質公債費比率 4.1 210位 (815市区中)
将来負担比率 0.0 1位 (815市区中)
経常収支比率 99.4 799位 (815市区中)
地方交付税依存度 19.1 405位 (792市区中)
人口1人当りの公共事業費 41.0 千円 266位 (815市区中)