「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

岡谷市の「ご当地キャラ」関連データ

全国各地に存在する「ご当地キャラクター」。その役割や特徴などは多種多様で、日々自分たちの住んでいる街をアピールするため頑張っています。ここでは、人々の心を惹き付けて止まない「ご当地キャラクター」についてご紹介します。

岡谷市のご当地キャラはデータがございません。

周辺地域の「ご当地キャラ」関連データをチェック

周辺地域松本市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター アルプちゃん
基本形のアルプちゃん
基本形のアルプちゃん
松本市市制施行100周年のマスコットキャラクターだったアルプちゃん。2008年4月からは、松本市のマスコットキャラクターとして再出発。帽子は北アルプス、服は豊かな自然を表す緑色、楽都イメージしたバイオリンを持って、花いっぱい運動の発祥地であることから花の飾りを頭につけている。

周辺地域諏訪市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター 諏訪姫
諏訪姫
諏訪姫
500年前、戦国時代に武田信玄の側室として記録に残っている、諏訪御料人こと「すわひめ」。子どもの頃の諏訪姫が、ある日、時空のゆがみを見つけ、こっそりと現代にやってきた。諏訪高島城公園で知り合った、女子高生「すわこ」の家に居候をして、現代の生活を楽しんでいるよ。天真爛漫で、ちょっと天然気味な女の子。好物は、塩ようかん、たくあん、カレー。屈託のない可愛らしさと持ち前の明るさで、誰とでも自然に打ち解け、たちまち近所の人気者に。「諏訪の街を可愛く元気に!!」をスローガンに掲げ、様々な活動をとおして諏訪の街を応援しているよ。

周辺地域塩尻市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター 分ちゃん 嶺ちゃん
塩尻市の善知鳥(うとう)峠にある「分水嶺」から生まれたキャラクターで、水道をイメージした「水滴」、天竜川水系と信濃川水系の二つの「流域」をイメージした形を表現。基本カラーは、豊かな自然の「緑」と、きらめく清流の「青」を表現。