「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

金沢市の「ご当地キャラ」関連データ

全国各地に存在する「ご当地キャラクター」。その役割や特徴などは多種多様で、日々自分たちの住んでいる街をアピールするため頑張っています。ここでは、人々の心を惹き付けて止まない「ご当地キャラクター」についてご紹介します。

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター かなりん
金沢の「金」と森林「林」をとって、この名前がついたよ。かなりんは2008年に金沢産材をPRするために生まれたよ。金沢の森に関する活動やイベントの紹介など、さまざまな活動を行っているよ。みなさん、よろしくね!

周辺地域の「ご当地キャラ」関連データをチェック

周辺地域小矢部市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター メルギューくん メルモモちゃん
メルギューくん・メルモモちゃん
メルギューくん・メルモモちゃん
ご先祖様は、源平の倶利伽羅合戦で活躍した火牛(かぎゅう)。メルギューくんは、小矢部市にたくさん建っているメルヘン建築を見て育つうちに、おなかにメルヘン建築風の模様ができた。おちゃめで、わんぱく、人なつっこくて、食いしん坊な男の子。彼女のメルモモちゃんは、クロスランドおやべにある恋人達の聖地(ハートアイランド)で素敵な出会いを願っていたら体にハートの模様ができた。現在は、源平合戦の舞台となった八重桜の美しい倶利伽羅県定公園で暮らしている。

周辺地域白山市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター ゆきママとしずくちゃん(白山手取川ジオパークイメージキャラクター)
しずくちゃんを背負うゆきママ
しずくちゃんを背負うゆきママ
白山をイメージした帽子にあさがおの花。白山の雪でできた「ゆきママ」が、背中のリュックに雪解け水の「しずく」を背負い、白山手取川ジオパーク内を一緒に旅している。1人でも多くの人に、故郷の素晴らしさを知ってもらいたいと思っている仲良し親子。白山市観光特使。

周辺地域野々市市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター のっティ
のっティ
のっティ
いつのまにか野々市市に住みついていた不思議ないきもの“のっティ“。どこで生まれたのか、どこから来たのかは謎に包まれている。2003年に運行を開始したコミュニティバスに採用されたそのキャラクターはかわいらしさで話題となり、2010年2月に野々市市の公式キャラクターとなる。