「地域の魅力にかぶりつけ🍔ご当地バーガーランキング」投票受付中

大東市の「医療」関連データ

昨今のコロナ禍で全国的に注目された、子どもの医療費助成や街の病院数、お医者さんの人数、病院のベット数など、ここでは医療に関するデータについて紹介しています。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円、月2日までの自己負担あり。1ヶ月の合計限度額は2,500円。調剤、補装具等は除く。限度額を超えた場合、超えた額を償還。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円、月2日までの自己負担あり。1ヶ月の合計限度額は2,500円。限度額を超えた場合、超えた額を償還。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 5 ヶ所 303位 (815市区中)
一般病床数 552 361位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 46.21 592位 (815市区中)
一般診療所総数 84 ヶ所 242位 (815市区中)
歯科診療所総数 56 ヶ所 248位 (815市区中)
医師数 199 292位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 16.66 478位 (815市区中)
内科医師数 87 214位 (815市区中)
小児科医師数 19 284位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 13.52 502位 (815市区中)
外科医師数 15 357位 (815市区中)
産婦人科医師数 10 229位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 4.09 339位 (815市区中)
歯科医師総数 65 295位 (815市区中)
小児歯科医師数 33 267位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 23.48 447位 (815市区中)

周辺地域の「医療」関連データをチェック

周辺地域大阪市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円、月2日までの自己負担あり。調剤薬局での自己負担はなし。1ヶ月の合計限度額は2,500円。限度額を超えた場合、超えた額を助成。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限あり

備考:扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は622万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算した額。0歳から12歳までは所得制限なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円、月2日までの自己負担あり。調剤薬局での自己負担はなし。1ヶ月の合計限度額は2,500円。限度額を超えた場合、超えた額を助成。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限あり

備考:扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は622万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算した額。0歳から12歳までは所得制限なし。

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 174 ヶ所 2位 (815市区中)
一般病床数 25,310 1位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 92.37 198位 (815市区中)
一般診療所総数 3,494 ヶ所 1位 (815市区中)
歯科診療所総数 2,220 ヶ所 1位 (815市区中)
医師数 9,376 1位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 34.22 99位 (815市区中)
内科医師数 2,561 1位 (815市区中)
小児科医師数 678 3位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 22.57 183位 (815市区中)
外科医師数 639 1位 (815市区中)
産婦人科医師数 304 3位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 4.89 264位 (815市区中)
歯科医師総数 3,096 2位 (815市区中)
小児歯科医師数 1,041 3位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 34.66 142位 (815市区中)

周辺地域寝屋川市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円限度、月2日までの自己負担あり。ただし、1ヶ月の自己負担限度額は2,500円。限度額を超えた場合、申請により超えた金額を償還。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1回500円限度、月2日までの自己負担あり。1ヶ月の自己負担限度額は2,500円。限度額を越えた場合、申請により超えた金額を償還。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 13 ヶ所 108位 (815市区中)
一般病床数 1,340 147位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 58.14 496位 (815市区中)
一般診療所総数 182 ヶ所 120位 (815市区中)
歯科診療所総数 127 ヶ所 122位 (815市区中)
医師数 385 175位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 16.71 474位 (815市区中)
内科医師数 185 106位 (815市区中)
小児科医師数 33 174位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 12.49 559位 (815市区中)
外科医師数 41 127位 (815市区中)
産婦人科医師数 14 181位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 3.14 438位 (815市区中)
歯科医師総数 183 118位 (815市区中)
小児歯科医師数 79 118位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 29.89 240位 (815市区中)

周辺地域門真市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円、月2日までの自己負担あり。1ヶ月の合計限度額は2,500円。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円、月2日までの自己負担あり。1ヶ月の合計限度額は2,500円。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 5 ヶ所 303位 (815市区中)
一般病床数 649 307位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 53.84 534位 (815市区中)
一般診療所総数 116 ヶ所 179位 (815市区中)
歯科診療所総数 74 ヶ所 186位 (815市区中)
医師数 187 306位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 15.51 521位 (815市区中)
内科医師数 73 246位 (815市区中)
小児科医師数 21 262位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 17.59 324位 (815市区中)
外科医師数 18 289位 (815市区中)
産婦人科医師数 13 194位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 5.54 204位 (815市区中)
歯科医師総数 100 204位 (815市区中)
小児歯科医師数 57 159位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 47.74 30位 (815市区中)

周辺地域東大阪市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円、月2日までの自己負担あり。1ヶ月の合計限度額は2,500円。限度額を超えた場合、超えた額を申請により償還。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円、月2日までの自己負担あり。1ヶ月の合計限度額は2,500円。限度額を超えた場合、超えた額を申請により償還。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 19 ヶ所 66位 (815市区中)
一般病床数 2,518 71位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 51.82 550位 (815市区中)
一般診療所総数 405 ヶ所 47位 (815市区中)
歯科診療所総数 296 ヶ所 39位 (815市区中)
医師数 920 78位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 18.93 389位 (815市区中)
内科医師数 274 68位 (815市区中)
小児科医師数 70 94位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 12.98 531位 (815市区中)
外科医師数 84 54位 (815市区中)
産婦人科医師数 37 76位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 3.81 365位 (815市区中)
歯科医師総数 392 50位 (815市区中)
小児歯科医師数 188 36位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 34.87 139位 (815市区中)

周辺地域四條畷市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円以内、月2日までの自己負担あり。対象者1人あたりの自己負担額の合計が月2,500円を超えた場合超過分を助成。2018年4月受診分から1ヶ月の自己負担額(2,500円)を上回った場合の助成について、対象者の手続きの簡素化を図るため、診療報酬明細の確認を市で行い、対象者に差額を振り込む方法(自動償還)に変更。※なお、2017年4月から奈良県の一部医療機関の現物給付を開始(社会保険加入者のみ)

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日500円以内、月2日までの自己負担あり。対象者1人あたりの自己負担額の合計が月2,500円を超えた場合超過分を助成。2018年4月受診分から1ヶ月の自己負担額(2,500円)を上回った場合の助成について、対象者の手続きの簡素化を図るため、診療報酬明細の確認を市で行い、対象者に差額を振り込む方法(自動償還)に変更。※なお、2017年4月から奈良県の一部医療機関の現物給付を開始(社会保険加入者のみ)。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 3 ヶ所 472位 (815市区中)
一般病床数 273 566位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 49.26 570位 (815市区中)
一般診療所総数 38 ヶ所 512位 (815市区中)
歯科診療所総数 21 ヶ所 546位 (815市区中)
医師数 76 551位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 13.71 595位 (815市区中)
内科医師数 28 579位 (815市区中)
小児科医師数 5 664位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 7.23 761位 (815市区中)
外科医師数 5 681位 (815市区中)
産婦人科医師数 0 704位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 0.00 704位 (815市区中)
歯科医師総数 28 557位 (815市区中)
小児歯科医師数 16 467位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 23.12 466位 (815市区中)

周辺地域生駒市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、月500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、14日未満の入院は月500円、14日以上は月1,000円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 6 ヶ所 251位 (815市区中)
一般病床数 1,176 170位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 98.89 162位 (815市区中)
一般診療所総数 95 ヶ所 210位 (815市区中)
歯科診療所総数 62 ヶ所 223位 (815市区中)
医師数 310 206位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 26.07 181位 (815市区中)
内科医師数 69 256位 (815市区中)
小児科医師数 19 284位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 11.72 598位 (815市区中)
外科医師数 19 269位 (815市区中)
産婦人科医師数 13 194位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 5.44 214位 (815市区中)
歯科医師総数 76 258位 (815市区中)
小児歯科医師数 26 333位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 16.04 666位 (815市区中)