「地域の魅力にかぶりつけ🍔ご当地バーガーランキング」投票受付中

土浦市の「ごみ」関連データ

日々生活を送る中で必ず出てくる「ごみ」。出す曜日を気にしたり、分け方について考えることも多いと思います。ここでは、実は自治体によって違うごみ分別やごみ袋とその金額についてを紹介します。

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2019年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 55,274 t 647位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 667 g 495位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 28.6 109位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料

備考:2018年10月1日より有料。排出量単純比例制。排出するごみ袋の数に応じて排出者が料金を負担する。

指定ごみ袋の価格 ・可燃ごみ 大(45リットル相当)=500円/10枚 ・可燃ごみ/不燃ごみ共通 中(30リットル相当)=300円/10枚 小(15リットル相当)=150円/10枚 (税込)
家庭ごみの分別方式 3分別15種〔燃やせるごみ 燃やせないごみ 資源物(生ごみ、容器包装プラスチック、ペットボトル、古布、缶、ビン[白・透明、茶、緑、その他]、乾電池、新聞、ダンボール、ざつ紙)〕 拠点回収:充電式乾電池 蛍光管 廃食用油 使用済み小型家電
家庭ごみ戸別収集 一部実施(重度視覚障害者を対象とした戸別収集を実施)
資源ごみ回収奨励金制度 あり(年度内に2回以上廃品回収を実施した子ども会に奨励金を交付。 各町内には、分別収集で回収した空き缶、ビン、古布の売却益を回収量に応じ還元金として交付)
粗大ごみ収集 あり

備考:有料。戸別収集。事前申込制。

生ごみ処理機助成制度(電動型) あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20,000 233位 (506市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 100.0 1位 (505市区中)

周辺地域の「ごみ」関連データをチェック

周辺地域石岡市

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2019年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 31,143 t 514位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 730 g 668位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 30.4 89位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 無料

備考:指定ごみ袋は有料だが、袋代にごみ収集・処理料金等を含まず。

指定ごみ袋の価格 市場価格 大(45リットル)=150円/10枚 中(30リットル)=120円/10枚 小(20リットル)=80円/10枚
家庭ごみの分別方式 7分別12種〔燃やすごみ カン・金属 ビン類(無色びん、茶色びん、その他の色びん) ガラス・陶磁器類 ペットボトル 資源ごみ(段ボール、新聞紙・チラシ、雑誌) その他(電球・蛍光灯、水銀体温計・乾電池)〕
家庭ごみ戸別収集 未実施
資源ごみ回収奨励金制度 あり(資源ごみ回収事業補助金)
粗大ごみ収集 あり

備考:有料。大1,020円、中510円、小300円。

生ごみ処理機助成制度(電動型) なし

周辺地域牛久市

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2019年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 28,902 t 495位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 720 g 650位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 18.2 403位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 無料

備考:指定ごみ袋は有料だが、袋代にごみ収集・処理料金等を含まず。

指定ごみ袋の価格 ・可燃ごみ 大=121円/10枚 中=97円/10枚 小=87円/10枚 ・不燃ごみ 中=111円/10枚 小=93円/10枚 ・白色トレイ/白色発泡スチロール 大=125円/10枚 中=111円/10枚 (税込) ※上限価格
家庭ごみの分別方式 4分別15種〔可燃ごみ 不燃ごみ(不燃物、蛍光管※LED・白熱電球を除く) 白色トレイ・白色発泡スチロール 資源ごみ(新聞、雑誌・その他の紙類、ダンボール、牛乳パック類、古着・古布類、ビン類、カン類、ペットボトル類、木くず類、陶磁器、乾電池)〕 拠点回収:使用済み小型家電
家庭ごみ戸別収集 一部実施(【ふれあい訪問収集】ごみを持出すことが困難な高齢者世帯)
資源ごみ回収奨励金制度 あり(【牛久市リサイクル補助金交付制度】行政区単位で行う資源物回収活動に対し、5円/kgの補助金を交付。【牛久市資源物回収事業補助金交付制度】子ども会、シニアクラブ等の団体が行う資源物回収活動に対し、売却額の1/2円及び1万円/年の補助金を交付)
粗大ごみ収集 あり

備考:有料。戸別収集。事前申込制。

生ごみ処理機助成制度(電動型) あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20,000 233位 (506市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0 44位 (505市区中)

周辺地域つくば市

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2019年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 96,256 t 720位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 687 g 558位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 21.1 272位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 無料

備考:指定ごみ袋は有料だが、袋代にごみ収集・処理料金等を含まず。

指定ごみ袋の価格 市場価格
家庭ごみの分別方式 9分別14種〔可燃ごみ 不燃ごみ スプレー容器 プラスチック製容器包装 カン ビン ペットボトル 古紙(新聞・チラシ、雑誌・本、雑がみ、紙パック、段ボール) 古布(中綿が入っていない衣類、毛布)〕 拠点回収:小型家電 乾電池 蛍光管 廃食用油
家庭ごみ戸別収集 未実施
資源ごみ回収奨励金制度 あり(【つくば市資源物集団回収奨励金交付要綱】金属類、ガラス類、紙類、繊維類が対象。5円/kg[上限4万円/団体])
粗大ごみ収集 あり

備考:有料。戸別収集。事前申込制。

生ごみ処理機助成制度(電動型) あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20,000 233位 (506市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0 44位 (505市区中)

周辺地域かすみがうら市

ごみ・インフラ 出典・用語解説

出典・用語解説

◆ごみ年間総排出量・1人1日当たりの家庭ごみ排出量・ごみのリサイクル率
環境省「一般廃棄物処理実態調査」 2019年度
全人口に係る総排出量をいい、自家処理に係るものの実績が把握しにくい時は、自家処理対象推定人口に、1人年間365kgを排出するものとして算出。
リサイクル率とは、総収集量のうち資源の占める割合をいう。
リサイクル率(%)=(直接資源化量+中間処理後再生利用量+集団回収量)÷(ごみの総処理量+集団回収量)×100
なお、東京都23区については、公表データが東京都23区全体の数値となっているため、ごみ年間総排出量は人口により按分した数値を、1人1日当たりの家庭ごみ排出量及びごみのリサイクル率については23区の数値を掲載している。
◆生ごみ処理機助成制度
電気式家庭用生ごみ処理機の購入を対象とした助成制度。
ごみ年間総排出量 16,933 t 277位 (815市区中)
1人1日当たりの家庭ごみ排出量 773 g 744位 (815市区中)
ごみのリサイクル率 19.5 341位 (815市区中)
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 無料

備考:透明または白の半透明のビニール袋を使用。その他はコンテナを使用。

指定ごみ袋の価格 市場価格
家庭ごみの分別方式 11分別17種〔燃やすごみ 蛍光灯・電球 乾電池・水銀体温計 使い捨てライター ガラス・陶磁器類 ビン類(その他ビン、無色ビン、茶色ビン) カン・金属類 ペットボトル 古布 プラスチック製容器包装 紙類(雑誌、紙パック、その他紙、新聞紙、段ボール)〕
家庭ごみ戸別収集 未実施
資源ごみ回収奨励金制度 あり(【資源物回収事業補助】子ども会等の廃品回収への助成)
粗大ごみ収集 あり

備考:長さ1.5m未満で、かつ重さ20kg未満のものは集積所で回収。それを超えるものは、自己搬入。

生ごみ処理機助成制度(電動型) あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20,000 233位 (506市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 75.0 11位 (505市区中)