「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

中野市の「ご当地キャラ」関連データ

全国各地に存在する「ご当地キャラクター」。その役割や特徴などは多種多様で、日々自分たちの住んでいる街をアピールするため頑張っています。ここでは、人々の心を惹き付けて止まない「ご当地キャラクター」についてご紹介します。

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター 信州なかの
信州なかの
信州なかの
中野市魅力発信バーチャルYouTuber「信州なかの」は、長野県中野市の巡り逢いの丘にある「月の兎」の形をした自然石「巡り逢いの巨石」の化身。大好きな中野市をもっと大勢の人に知ってほしい、巡り逢う人々に中野市の魅力を伝えたいとの思いが形になって現れた。年齢は「巡り逢いの巨石」と同じ。身長159センチ(中野市の世帯数で増減する?)。体重は石なので見た目より重い。

周辺地域の「ご当地キャラ」関連データをチェック

周辺地域飯山市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター アスパラン めしやまくん
アスパラン
アスパラン
アスパランは、飯山特産のアスパラガスが題材。手には「心に雨を降らせない」という願いを込めて、てるてる坊主を持っている。2013年の夏に当時の飯山私立秋津小学校の6年生によって考案された。めしやまくんは、年齢は不明。生まれたときは人間。特産の幻の米コシヒカリのご飯が大好きでご飯だけを食べ続けているうちにこの現在の姿に!誰とでも相撲を仕掛けるが、めしやまくんが勝ったことは一度もない。