「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

士別市の「ご当地キャラ」関連データ

全国各地に存在する「ご当地キャラクター」。その役割や特徴などは多種多様で、日々自分たちの住んでいる街をアピールするため頑張っています。ここでは、人々の心を惹き付けて止まない「ご当地キャラクター」についてご紹介します。

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター さほっちファミリー(さほっち・メイちゃん・みーちゃん)
さほっちファミリー(さほっち、メイちゃん、みーちゃん)
さほっちファミリー(さほっち、メイちゃん、みーちゃん)
さほっち、メイちゃんは士別市のメェーよ職員として、士別市のPR活動を幅広く行っている。2014年8月24日に「つくも水郷公園」で多くの市民の祝福を受け、結婚式を挙げた。2015年1月1日に大勢の市民が見守る中みーちゃんを出産。

周辺地域の「ご当地キャラ」関連データをチェック

周辺地域名寄市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター なよろう(名寄市観光キャラクター)
なよろう
なよろう
2012年7月4日6時頃、なよろ市立天文台「きたすばる」で、隕石を確認。天の川から飛来した隕石は、そのまま“もち米の田んぼ”に衝突!!近所の人たちが慌てて駆けつけると、隕石と思われていたものは星の形をした乗り物で、不思議な格好をした男の子が乗っていた。男の子の格好は“もち米”の帽子をかぶり、服は“鏡もち”。何を聞いても答えは返ってこない。衝突の衝撃で記憶喪失に…。唯一わかったことは「なよろう」という名前と「おもち」が大好物だということ。しかし、当の本人は元気いっぱい!!名寄の人たちと楽しく仲良く暮らし始め、名寄の“おもち”と“星”を元気いっぱいにPRしているよ。