「見て涼みたい噴水⛲ランキング」投票受付中

全国住みたい街ランキング

2023年版
トピック急上昇の市の子育て制度

今回注目したいのは11位以下だった市区のうち、大幅にランクアップした明石市と流山市です。明石市は31位から16位に、流山市は57位から28位に順位が上がりました。どちらも子育て制度に力をいれている市というのが興味深い点です。
明石市は、市長のリーダーシップのもと子育て制度に力を入れてきた市です。市長がテレビやニュース記事などのメディア露出を増やし、市の名前の知名度そのものも高まりました。また、子どもの医療を18歳まで市外病院、薬代も込みで無料にする制度や、生まれてから1歳まで毎月おむつや子育て用品約3,000円分を自宅に届けてくれるサービスの実施、中学校給食無料化、公共施設の無料化など数々の子育て制度を打ち出してきました。
流山市は、「母になるなら、流山市。」のキャッチコピーで有名になったとおり、こちらも子育て制度に力を入れている市です。「送迎保育ステーション」は、駅に子どもを連れて行けば保育園までバスで送迎してくれるサービスです。家から遠い保育園に入っても、毎朝の送り迎えのために遠くの保育園まで行く必要がなく、朝夕の忙しい時間に余裕が生まれます。また「子育て応援マンション認定制度」は、ベビーカーでの移動を考え駐車場まで段差をなくすなど、子育て世帯に配慮したマンションを流山市が認定する制度などもあります。
子育て世帯にとって魅力的な街は、人気が出やすいのかもしれません。

神奈川県 横浜市

新駅開業で中心地以外も注目される街

前回順位:1位 今回で11回連続1位を獲得した横浜市。2023年3月18日東急新横浜線が開業し、ますます便利になりました。横浜市は、みなとみらいや横浜駅がある西区、中華街や洋館が立ち並ぶ山手エリアがある中区が注目されがちですが、近年、その他のエリアでも人気を集めつつあります。東急新横浜線開業で新設された「新綱島駅」のある港北区は、新幹線が止まる新横浜駅があるだけでなく、市営地下鉄2路線、JR横浜線、東急東横線と数多くの路線が乗り入れている利便性の高いエリアです。日産スタジアム、ラーメン博物館、IKEAなど、娯楽や買い物に便利な施設も充実しています。そしてもう一つの人気エリアは、神奈川区です。JR横浜線、京浜東北・根岸線、京浜急行本線、東急東横線、市営地下鉄が乗り入れており、とても便利なエリアです。相鉄・JR直通線開通によって2019年に開業した「羽沢横浜国大駅」があるのもこの神奈川区。横浜ベイクォーター、ニッパツ三ツ沢球技場のある三ッ沢公園など、商業施設やスポーツ施設を備えた大きな公園があり、住環境も整っています。このように横浜の代表的なエリアから離れても、交通網が発達し、商業施設が充実した横浜市が、1位を連続獲得するのは必然と言えるかもしれません。

男性 女性 その他
57% 41% 2%
10代 20代 30代 40代 50代 60代 その他 年代
3% 26% 33% 18% 12% 5% 2%
よく比較される市区

北海道 札幌市

スポーツもイベントも楽しめる街

前回順位:2位 札幌市には、Jリーグ、B.LEAGUE(バスケット)、日本女子フットサルリーグなど、本拠地にするプロスポーツチームが多数あり、色々なスポーツを応援できるのが魅力の1つです。また2023年3月、札幌市のお隣 北広島市に「北海道ボールパークFビレッジ」が開業しました。天然温泉やサウナ、キッズエリア、乗馬など、野球観戦だけでなく色々と楽しめる大規模な施設です。札幌市から行きやすい場所にあるため、札幌市民が楽しめるのは元より、北広島市とともに観光地として札幌市もさらに発展していきそうです。札幌市はイベントが多いのも特徴で「ライラックまつり」「福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン」「さっぽろオータムフェスト」「さっぽろ雪まつり」と、1年を通してイベントが開催されています。スポーツやイベントなど、生活を彩る楽しみが多い街なのかもしれません。

男性 女性 その他
64% 31% 4%
10代 20代 30代 40代 50代 60代 その他 年代
8% 25% 28% 19% 13% 4% 3%
よく比較される市区

福岡県 福岡市

再開発に創業支援と活気あふれる街

前回順位:3位 福岡市といえば中心地へのアクセスの良さが人気の理由の1つですが、2023年3月に福岡市地下鉄七隈線の天神南ー博多駅間が開業したことで、西区から直通で博多駅まで行けるようになり、さらに利便性が高まりました。また、天神エリアで規制緩和により再開発・整備が進めている「天神ビッグバン」建設予定となっています。2021年10月には第1号となる「天神ビジネスセンター」が開業し、アジアの拠点都市としてさらに活気づいていきそうです。さらに福岡市は創業支援にも力を入れています。学校跡地を活用したスタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」では、シェアオフィス、コワーキングスペースを提供し一時期250社を超える登録がありました。このように活気ある街に、人は魅了されるのかもしれません。

男性 女性 その他
67% 32% 1%
10代 20代 30代 40代 50代 60代 その他 年代
2% 20% 33% 22% 15% 6% 1%
よく比較される市区

東京都 港区

虎ノ門、麻布台とさらに進化する街

前回順位:7位 港区と言えば、外資系企業やおしゃれな商業施設が多く存在するエリア。その中で今年注目なのは虎の門・麻布台エリアです。2020年6月に日比谷線に56年ぶりとなる新駅「虎ノ門ヒルズ駅」が開業し、同じく6月に虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーがオープン、2022年1月にレジデンシャルタワーが竣工しました。さらに今年、ステーションタワーが秋ごろに開業する予定となっており、虎ノ門ヒルズ駅周辺は活気にあふれています。また少し離れた麻布台には、日本一高いビルの「麻布台ヒルズ」が、今年オープンの予定となっており、周辺エリアとあわせて店舗、ホテル、文化施設、オフィス、住居が集まる、さながら1つの街のようなエリアが誕生します。虎ノ門ヒルズエリアも麻布台ヒルズエリアもどちらも住居エリアがあり、六本木ヒルズに続く憧れの居住区になりそうですね。

男性 女性 その他
64% 34% 2%
10代 20代 30代 40代 50代 60代 その他 年代
5% 27% 35% 18% 9% 3% 2%
よく比較される市区

東京都 世田谷区

都会にいながら自然や昔ながらの生活に触れられる街

前回順位:5位 世田谷区は商業施設や店舗が多く集まるエリアがありつつ、緑豊かで住みやすい街として人気です。特徴のある公園や野外施設が多数あり、子どもも大人も楽しめるスポットとなっています。まず紹介したいのは都内には珍しい渓谷がある「等々力渓谷公園」。川に沿って遊歩道があり、進んでいくと滝や古墳、日本庭園も見ることができます。また、1年中様々な花が楽しめるのは「瀬田農業公園」です。すぐそばの分園では農業体験や、野菜づくり講習会などが開催されており、都会にいながら土と触れ合えます。また昔ながらの民家を体験できるのが「岡本公園民家園」と「次大夫堀公園民家園」。民家の中に自由に入り民具等に触れることもできます。また昔ながらの遊びを体験できるイベントも行われています。都会でありながら、自然や昔ながらの生活に触れることができる街。魅力的ですね。

男性 女性 その他
52% 44% 4%
10代 20代 30代 40代 50代 60代 その他 年代
3% 24% 34% 25% 10% 3% 1%
よく比較される市区

6位 大阪府 大阪市

驚きのある刺激的な街

前回順位:6位 大阪市といえば活気があり刺激的な街というイメージですが、通天閣のタワースライダーはそんな刺激的なイメージにピッタリの施設。透明なチューブ型の滑り台で、地上22mから塔の外周をぐるりと回って、全長 60mを約10秒でかけ抜けるというもの。また日本一の高さを誇るあべのハルカスの展望台は、58階、59階、60階の三層構造になっており、360度足元から天井までガラス張りという施設。大阪の派手であっと人を驚かせるような文化は、刺激を求める人たちに魅力的な街ですね。

よく比較される市区

7位 愛知県 名古屋市

知識欲が刺激される街

前回順位:4位 名古屋の住みやすいところを聞くと、交通の便がよく、商業・文化施設もそろっていて便利なのに、東京ほど人が多くなく住みやすいということがよくあげられます。レゴランドや水族館の他に、博物館なども多数存在するので、子どもに嬉しい施設が盛りだくさんです。特に、国内有数の工業都市なこともあり、科学館、リニア・鉄道館、でんきの科学館など、科学に関する博物館が多く存在します。またノリタケのミュージアムや徳川美術館もあるので、子どもだけでなく、大人でも色々な趣味の方が楽しめる知識欲を刺激される街です。

よく比較される市区

8位 兵庫県 神戸市

港町の新たな文化を生み出していく街

前回順位:9位 港町としてのイメージが強い神戸市。いまウォーターフロントの再開発が進行しており、その一環として2021年10月に「神戸ポートミュージアム」がオープンしました。その中で注目は「アクアリウム」と「アート」が融合した「アトア」という新感覚の都市型水族館で、幻想的な空間が楽しめる施設です。また神戸ポートタワーにプロジェクションマッピングが展開するなど、期間限定のアートプロジェクトが企画されたり、海とアートの新しい魅力を発信するエリアとなっています。港町ならではの魅力が増す神戸に今後も期待ですね。

よく比較される市区

9位 埼玉県 さいたま市

様々な住みやすさに適応する街

前回順位:10位 さいたま市は行政区ごとに特徴があって、様々な人に適した住やすさがある街です。東北新幹線が止まる大宮駅を有する大宮区は、多くの大型商業施設があり、にぎわいと便利さを優先する人に人気のエリア。浦和区は有名校が集まる文教地区として名高く、また浦和レッズの本拠地でファミリー層に人気のエリアです。中央区はさいたま新都心を含み、さいたまスーパーアリーナ、けやきひろばなど様々なイベントが行われるエリア。京浜東北線と埼京線が通っているので交通の便もよく、かつ閑静な住宅街もあるので便利さも求めつつ静かに暮らしたい人に人気です。

よく比較される市区

10位 京都府 京都市

観光とともに、文化・ビジネスにも適応する街

前回順位:8位 根強い人気の京都市。古いものと新しいものが融合する魅力的な都市ですが、今回注目したいのは京都駅周辺の再開発です。京都市立芸術大学、京都市立銅駝美術工芸高等学校が2023年に移転を予定しており、「文化芸術都市・京都」の新たなシンボルゾーンが誕生します。外資系のホテルの初進出が今年あったり、さらに駅前の京都中央郵便局が2029年にオフィス&ホテルの複合ビルに生まれ変わるなど、これから再開発は進んでいくようなのでますます新しい京都市に目が離せませんね。

よく比較される市区

住みたい街ランキング 11位~30位

11位 沖縄県 那覇市
(前回順位:12)
12位 兵庫県 西宮市
(前回順位:11)
13位 神奈川県 鎌倉市
(前回順位:14)
14位 宮城県 仙台市
(前回順位:17)
15位 東京都 千代田区
(前回順位:25)
16位 兵庫県 明石市
(前回順位:31)
17位 東京都 新宿区
(前回順位:29)
17位 東京都 文京区
(前回順位:13)
17位 東京都 武蔵野市
(前回順位:18)
20位 東京都 杉並区
(前回順位:16)
21位 神奈川県 川崎市
(前回順位:23)
22位 東京都 目黒区
(前回順位:15)
23位 神奈川県 藤沢市
(前回順位:22)
24位 東京都 渋谷区
(前回順位:19)
25位 東京都 練馬区
(前回順位:24)
25位 大阪府 吹田市
(前回順位:35)
27位 東京都 品川区
(前回順位:27)
28位 千葉県 流山市
(前回順位:57)
29位 千葉県 千葉市
(前回順位:26)
30位 千葉県 船橋市
(前回順位:35)

住みたい街ランキング 31位~50位

31位 北海道 函館市
(前回順位:19)
32位 大阪府 豊中市
(前回順位:37)
33位 茨城県 つくば市
(前回順位:43)
34位 沖縄県 石垣市
(前回順位:21)
35位 東京都 中央区
(前回順位:39)
36位 東京都 三鷹市
(前回順位:32)
36位 石川県 金沢市
(前回順位:39)
38位 東京都 江東区
(前回順位:32)
39位 東京都 中野区
(前回順位:28)
40位 広島県 広島市
(前回順位:44)
41位 千葉県 浦安市
(前回順位:42)
42位 東京都 大田区
(前回順位:29)
42位 東京都 豊島区
(前回順位:34)
42位 大阪府 高槻市
(前回順位:53)
45位 東京都 江戸川区
(前回順位:55)
46位 東京都 町田市
(前回順位:67)
46位 大阪府 枚方市
(前回順位:84)
48位 長野県 松本市
(前回順位:45)
48位 静岡県 静岡市
(前回順位:57)
50位 大阪府 堺市
(前回順位:76)
50位 大阪府 箕面市
(前回順位:82)
※写真はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)を改変して作成したものです

【調査概要】

投票者全体の属性
調査方法
インターネット調査
調査期間
2022/4/1〜2023/3/31
調査対象
生活ガイド.com会員19,106名
男性 女性 その他
60% 37% 3%
10代 20代 30代 40代 50代 60代 その他 年代
3% 23% 32% 19% 14% 6% 3%