「見て涼みたい噴水⛲ランキング」投票受付中

深谷市の「出産」関連データ

出産に関連するデータや制度はどのようなものがあるのでしょうか。ここでは出産に関連する制度とデータについて紹介します。

住民基本台帳 出典・用語解説

出典・用語解説

◆人口総数・年少人口率・生産年齢人口率・高齢人口率・子ども女性比・人口1000人当たりの人口増減数・外国人人口数・転入者数・転出者数・出生数・死亡数
総務省「住民基本台帳人口・世帯数」 2023年1月1日現在
年少人口率、生産年齢人口率、高齢人口率、子ども女性比は、年齢階級別人口からそれぞれ算出。
出生数 775 218位 (815市区中)
出生率(人口1000人当たり) 5.47 441位 (815市区中)

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い あり

備考:生後間もない児童を抱える子育て世帯を支援するため、また、出産祝いの観点から、0歳児を抱える世帯に対して、0歳児子育て支援金として地域通貨ネギーを支給する。支給額は第1子が5万ネギー(5万円相当)、第2子以降が3万ネギー(3万円相当)であり、支給要件は0歳児であること、及び申請日時点に深谷市の住民基本台帳に父母等の養育者及び対象児童の登録があることの2点となる。

健康・医療

出典・用語解説

産婦人科医師数 10 229位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 3.82 381位 (815市区中)

周辺地域の「出産」関連データをチェック

周辺地域伊勢崎市

住民基本台帳 出典・用語解説

出典・用語解説

◆人口総数・年少人口率・生産年齢人口率・高齢人口率・子ども女性比・人口1000人当たりの人口増減数・外国人人口数・転入者数・転出者数・出生数・死亡数
総務省「住民基本台帳人口・世帯数」 2023年1月1日現在
年少人口率、生産年齢人口率、高齢人口率、子ども女性比は、年齢階級別人口からそれぞれ算出。
出生数 1,406 126位 (815市区中)
出生率(人口1000人当たり) 6.63 209位 (815市区中)

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い あり

備考:第3子以降の出産に対し、対象児童1人につき10万円の出産祝金を支給。

健康・医療

出典・用語解説

産婦人科医師数 12 205位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 2.83 475位 (815市区中)

周辺地域太田市

住民基本台帳 出典・用語解説

出典・用語解説

◆人口総数・年少人口率・生産年齢人口率・高齢人口率・子ども女性比・人口1000人当たりの人口増減数・外国人人口数・転入者数・転出者数・出生数・死亡数
総務省「住民基本台帳人口・世帯数」 2023年1月1日現在
年少人口率、生産年齢人口率、高齢人口率、子ども女性比は、年齢階級別人口からそれぞれ算出。
出生数 1,490 115位 (815市区中)
出生率(人口1000人当たり) 6.70 191位 (815市区中)

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い なし

健康・医療

出典・用語解説

産婦人科医師数 10 229位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 2.34 539位 (815市区中)

周辺地域熊谷市

住民基本台帳 出典・用語解説

出典・用語解説

◆人口総数・年少人口率・生産年齢人口率・高齢人口率・子ども女性比・人口1000人当たりの人口増減数・外国人人口数・転入者数・転出者数・出生数・死亡数
総務省「住民基本台帳人口・世帯数」 2023年1月1日現在
年少人口率、生産年齢人口率、高齢人口率、子ども女性比は、年齢階級別人口からそれぞれ算出。
出生数 1,030 169位 (815市区中)
出生率(人口1000人当たり) 5.33 473位 (815市区中)

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い あり

備考:誕生記念品として、フォトフレーム贈呈。誕生祝金として、対象児童1人につき3万円を支給。

健康・医療

出典・用語解説

産婦人科医師数 7 296位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 2.01 581位 (815市区中)

周辺地域本庄市

住民基本台帳 出典・用語解説

出典・用語解説

◆人口総数・年少人口率・生産年齢人口率・高齢人口率・子ども女性比・人口1000人当たりの人口増減数・外国人人口数・転入者数・転出者数・出生数・死亡数
総務省「住民基本台帳人口・世帯数」 2023年1月1日現在
年少人口率、生産年齢人口率、高齢人口率、子ども女性比は、年齢階級別人口からそれぞれ算出。
出生数 402 398位 (815市区中)
出生率(人口1000人当たり) 5.19 510位 (815市区中)

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い あり

備考:お子さんの写真を表紙にしたオリジナルの「広報ほんじょう」を贈呈(本庄市に出生届を提出した市民の方で、届出日から1年以内に写真データを添えて申し込みされた方が対象)。出生の日以後初めてされる住民登録が本庄市となるお子さんを養育する市内在住の方へ、子育て支援金第1子・2子は2万円、第3子以降は3万円を支給。

健康・医療

出典・用語解説

産婦人科医師数 4 403位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 2.83 475位 (815市区中)