「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

浜田市の「子育て」関連データ

子育ての制度や保育施設と言われてもピンと来ない方もいらっしゃると思います。ここでは子育て制度、保育園・幼稚園・認定こども園、子育て関連のデータについて紹介します。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い なし
子育て関連の独自の取り組み (1)第3子以降の保育料軽減(2/3~1/2軽減)。(2)任意予防接種の助成(おたふくかぜ、インフルエンザ)。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、月1,000円までの自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、月2,000円までの自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2021年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育園月額保育料。
公立保育所数 0 ヶ所 686位 (815市区中)
私立保育所数 22 ヶ所 149位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 22 ヶ所
私立保育所定員数 1,345 235位 (726市区中)
私立保育所利用定員数 1,220 250位 (732市区中)
私立保育所在籍児童数 1,150 243位 (708市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 1,632
保育所等利用者数 1,632
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
30,600 62位 (807市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 5 356位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 710 374位 (732市区中)
認定こども園利用定員数 710 355位 (739市区中)
認定こども園在籍児童数 600 360位 (716市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 11 452位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 18.47 296位 (815市区中)
小児歯科医師数 6 691位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 10.07 770位 (815市区中)

周辺地域の「子育て」関連データをチェック

周辺地域益田市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い なし
子育て関連の独自の取り組み (1)産後デイケア事業。(2)子育て支援パスポート「こっころ」の配布。(3)第3子以降保育料無料。(4)ますだ子育て応援宣言企業登録制度。(5)母子手帳アプリ「母子モ☆ますだ」の配信。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 小学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:小学生は、医療機関ごとに、1割(月上限1,000円)の自己負担あり。小学校就学前(乳幼児)までは、自己負担なし。調剤薬局は自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 小学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:小学生は、医療機関ごとに、1割(月上限2,000円)の自己負担あり。調剤薬局は自己負担なし。小学校就学前(乳幼児)までは、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2021年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育園月額保育料。
公立保育所数 1 ヶ所 617位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 1 ヶ所
公立保育所定員数 20 668位 (669市区中)
公立保育所利用定員数 20 672位 (673市区中)
公立保育所在籍児童数 17 651位 (655市区中)
私立保育所数 27 ヶ所 115位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 27 ヶ所
私立保育所定員数 1,120 280位 (726市区中)
私立保育所利用定員数 1,120 270位 (732市区中)
私立保育所在籍児童数 980 281位 (708市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 1,430
保育所等利用者数 1,430
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
46,000 488位 (807市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 6 321位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 509 458位 (732市区中)
認定こども園利用定員数 509 446位 (739市区中)
認定こども園在籍児童数 506 396位 (716市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 12 417位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 22.02 191位 (815市区中)
小児歯科医師数 12 544位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 22.02 501位 (815市区中)

周辺地域江津市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
妊娠・出産祝い なし
子育て関連の独自の取り組み (1)第3子以降保育料免除(第3子以降の3歳未満の児童の保育料全額免除)。(2)保育士就労奨励金(新規保育士1人につき10万円)。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 小学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:小学生は、医療費の1割の自己負担あり。小学校就学前までは自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 小学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:小学生は、医療費の1割の自己負担あり。小学校就学前までは、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所 出典・用語解説

出典・用語解説

◆保育所(認可・利用)定員数
認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
◆保育所入所待機児童数、保育所等申込者数、保育所等利用者数、保育所等(申込者÷利用者)
厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(2021年4月1日)」
「保育所等関連状況取りまとめ」においては、2015年度より調査対象として、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業が追加された。
◆0歳児の認可保育園月額保育料
ひとり親家庭ではない、保育標準時間認定の市区町村民税所得割額が20万円、扶養家族が対象児童以外いない世帯で、0歳児の第1子の認可保育園月額保育料。
公立保育所数 3 ヶ所 475位 (815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 3 ヶ所
公立保育所定員数 260 496位 (669市区中)
公立保育所利用定員数 260 491位 (673市区中)
公立保育所在籍児童数 208 478位 (655市区中)
私立保育所数 3 ヶ所 569位 (815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 3 ヶ所
私立保育所定員数 150 637位 (726市区中)
私立保育所利用定員数 150 638位 (732市区中)
私立保育所在籍児童数 138 620位 (708市区中)
保育所入所待機児童数 0 1位 (815市区中)
保育所等申込者数 672
保育所等利用者数 672
保育所等(申込者÷利用者) 1.00 1位 (815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料
(標準時間、市区町村民税所得割額が20万円、第1子、扶養家族なし、ひとり親家庭でない場合)
36,500 141位 (807市区中)
認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 あり

備考:第3子以降保育料免除(第3子以降の3歳未満の児童の保育料全額免除)。

認定こども園 出典・用語解説

出典・用語解説

◆認定こども園数・認定こども園(認可・利用)定員・認定こども園在籍園児数
公立・私立をあわせた数値を掲載している。定員・在籍園児数には1号・2号・3号認定の総数を掲載している。認可定員とは、教育・保育施設の設置に当たり認可もしくは認定され、その後の変更につき適正な手続きを経た定員。利用定員とは、子ども・子育て支援法第27条第1項の確認において定め、給付費(委託費)の単価水準をきめるもの。生活ガイド.comにおいては、認可定員を「定員数」、利用定員を「利用定員数」として掲載している。
認定こども園数 4 415位 (815市区中)
満3歳以上でないと入園できない園数 0
認定こども園定員数 375 529位 (732市区中)
認定こども園利用定員数 375 521位 (739市区中)
認定こども園在籍児童数 323 502位 (716市区中)

健康・医療

出典・用語解説

小児科医師数 7 574位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 29.39 76位 (815市区中)
小児歯科医師数 3 766位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 12.59 734位 (815市区中)