「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

会津若松市の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 【城下町會津まちづくり寄附金】(1)鶴ヶ城整備のため(2)市役所旧館の保存・活用のため(3)市政のために活用。お礼の品として、1万円以上寄附された方には地元産品または体験型の返礼品を贈呈。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域郡山市

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、「震災や原子力災害からの復興のために」「未来を担うこどもたちのために」「楽都郡山の一層の発展のために」など、寄附者の希望により指定することができる。お礼の品として、市外在住で1回1万円以上の個人寄付者に、金額に応じた郡山市の特産品を贈呈。

周辺地域喜多方市

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)豊かな心を育む人づくり事業(2)地域の特色を活かした産業づくり事業(3)市民の知恵と地域資源を活かした地域社会づくり事業(4)健康で安全かつ安心して生活できるくらしづくり事業(5)自然と共生する美しく快適なふるさとづくり事業。(6)三ノ倉高原の花畑づくり事業。(7)日中線記念自転車歩行者道しだれ桜並木の観光地づくり。(8)市長おまかせ。お礼の品として、5,000円以上寄附された市外在住の方に、市内の特産品約227種の中から寄附金額に応じて選択したものを贈呈。