「開放的な気分になれる✨野外美術館ランキング」投票受付中

豊見城市の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 寄附金の使い道は、(1)子どもが活きる夢と希望に満ちたまちづくり、(2)健康で明るくたがいに助け合うあたたかいまちづくり、(3)活気ある豊かなまちづくり、(4)環境に優しい住みよいまちづくり、(5)安全安心な協働のまちづくり、(6)指定事業なし(市長にお任せ)から選択。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域那覇市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、「第5次那覇市総合計画」の5つのめざすまちの姿を推進するための事業に活用。お礼の品として、5,000円以上の寄附をした方に金額に応じて記念品や感謝状を贈呈。2011年7月よりインターネットによるクレジット収納サービスを開始。2016年4月より寄附受付サイト「ふるさとチョイス」による受付開始とともに記念品のポイント制度を導入。2020年4月よりマルチペイメントサービスを開始。2021年4月より寄附受付サイトを5サイト(楽天ふるさと納税、ふるなび、ANAのふるさと納税、ふるさとパレット、ふるさとぷらす)追加。

周辺地域糸満市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)教育と文化の振興(2)保健医療、福祉・防災の充実(3)環境に優しいまちづくり(4)道路・公園などの基盤整備(5)産業の振興(6)平和の推進、国内・国際交流の拡充、創出(7)協働のまちづくり。お礼の品として、市外在住で1万円以上の寄附者に特産品を贈呈。