「開放的な気分になれる✨野外美術館ランキング」投票受付中

鳴門市の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、次世代育成支援、社会福祉・高齢福祉の向上、環境保全等、14項目から選択可能。クレジット決済・銀行振込等様々な方法で寄附できるようになっている。お礼の品として、1万円以上の寄附をされた市外在住の方に、鳴門市の特産品「なると金時」「れんこん」をはじめ、寄附額に応じた250種類を超える記念品をご用意。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域南あわじ市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)「学ぶ楽しさ日本一」を目指した教育の充実に関する事業(2)子育ての喜びが見えるふるさとづくりに関する事業(3)生涯活躍のふるさとづくりに関する事業(4)観光戦略の推進及び地域公共交通の維持確保に関する事業(5)ふるさとを支える産業の振興及び発展に関する事業(6)淡路人形浄瑠璃の保存、伝承又は後継者の育成に関する事業(7)若人の広場の灯を永遠に灯し続ける事業(8)前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事業。寄附金の使い道を8項目から寄附者が選択する。

周辺地域東かがわ市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、環境整備や福祉の充実、教育・文化の発展などのほか、特に寄付者からの指定がある場合はその指定された使途に活用。お礼の品として、5,000円以上の寄付者に、東かがわ市の特産品を贈呈。