「超難問❕読めたらすごい👏難読駅クイズ【西日本編】」投票受付中

東近江市の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、東近江市の次のまちづくり事業に活用。(1)鈴鹿の山々から琵琶湖まで広がる自然や魅力ある歴史、文化、伝統を生かしたまちづくりに関する事業(2)誰もが暮らしやすいまちをつくるための担い手となる人材の育成に関する事業(3)安全で快適なまちをつくるための都市基盤の整備に関する事業(4)市長が必要と認める事業。お礼の品として、1万円以上のふるさと寄附をいただいた方に、東近江市の特産品を贈呈。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域いなべ市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 市外居住者または市外法人が5,000円以上の寄付(ふるさと納税)を行った場合、寄付金額に応じたお礼の品を送付。お礼の品は、56種類の特産物や施設利用券で、いなべ市ホームページやふるさと納税ポータルサイト「さとふる」にて掲載。 また、全国初の取り組みである休眠楽器を寄附する「楽器寄附ふるさと納税」を開始し、楽器の不足する市内中学校、高校にお届けしている。2020年3月末現在で17種類74の楽器が届けられた。また2019年4月から全国展開を始め、2020年3月末現在で北海道から九州まで全国で6市町が参画している。

周辺地域彦根市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)ふるさとの誇り保存整備事業(2)ふるさとの学び舎保存整備事業(3)ふるさと彦根への思いやり福祉事業(4)ふるさと彦根国際交流(5)みんなのひこにゃん応援事業(6)ふるさと彦根まちづくり事業(7)ふるさと彦根市長認定事業から指定。お礼の品として、寄付額に応じた年間パスポート(施設入場無料、協賛店の特典)や彦根グッズ、特産品などを贈呈。

周辺地域近江八幡市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)自然環境及び地域の歴史的遺産の保全(2)医療及び福祉の充実(3)教育及び文化の振興(4)産業の振興(5)安全及び安心の都市づくり(6)市長が特に必要と認める事業等。一定額以上(5,000円以上)をご寄附いただいた方に、近江八幡市のお礼の品を直接選んだり、交換できるポイントを付与している。近江八幡市は何と言っても「近江牛の本場」、日本最古のブランド牛である「日本三大和牛 近江牛」や、近江米、近江野菜、また、伝統産業の手縫い革靴・鞄や近江八幡市が発祥地である創業400年西川のふとんなど約400種類を取り揃えている。

周辺地域甲賀市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)福祉・医療の充実と健康づくり(2)子育て支援と学校教育(3)豊かな自然環境の保全(4)産業と観光の振興(5)安全で快適なまちづくり(6)文化とスポーツの振興(7)市長におまかせから選択。お礼の品として、甲賀市の地場産品や観光体験プラン等200品以上を用意。