「美しさと怖さは紙一重✨断崖絶壁ランキング」投票受付中

尾張旭市の「ふるさと納税」関連データ

「ふるさと納税」というワードを耳にしたことはありますか?ここでは、ふるさと納税について制度の内容やそれぞれの市区のふるさと納税の内容を紹介します。

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、自然環境の保全、文化と伝統を後世代へ承継など、市長におまかせを加えた7事業の中から、共感できる事業・応援したい事業を使い道として選択可能。お礼の品として、1万円以上を寄附していただいた方(市外個人のみ)に特産品などを送付。

周辺地域の「ふるさと納税」関連データをチェック

周辺地域瀬戸市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)「瀬戸市に暮らして仕事に就く若者の応援への活用」(2)「子どもや若者の今・未来を応援する施策への活用」(3)「ものづくりロボットキャンプ事業」(4)「オオサンショウウオの保護・普及事業」など10種類以上の使途から選択。お礼の品として、ご寄付いただいた金額に応じて、せとものやステンドグラスのほか、瀬戸山麓牛、コーヒー豆、クッキーといった食料品や日用品など瀬戸ならではの魅力を発信する特産品を贈呈。

周辺地域長久手市

体制

出典・用語解説

ふるさと納税に対する取り組み 【ふるさとづくり事業】使い道は、(1)「「やってみたい」でつながるまち」に関する事業(2)「子どもが元気に育つまち」に関する事業(3)「みんなで未来へつなぐ 緑はまちの宝物」に関する事業(4)「誰もがいきいきと安心して暮らせるまち」に関する事業(5)「いつでもどこでも誰とでも 広がる交流の輪」に関する事業(6)「あえて歩いてみたくなるまち」に関する事業(7)その他(市長にお任せ)。お礼の品は、食べ物から雑貨まで寄附金額に応じて選べる返礼品。