「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

那須烏山市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)移住促進住宅取得奨励金の加算金として、転入者に対し25万円を交付する(移住者加算)。(2)移住者加算の交付を条件に住宅金融支援機構のフラット35の当初5年間の借入金利を年0.25%引下げる(審査あり)。(3)空き家等情報バンク制度により住宅等を紹介する。(4)空き家等情報バンクを利用し、定住のために住宅を取得し、リフォーム工事を行う場合、工事費の10%を助成する。上限20万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【移住ファミリー家賃補助金】40歳以下の転入夫婦世帯または49歳以下のひとり親世帯への家賃補助。最長12ヶ月交付。補助額は基本額と子育て加算の合計額で最大月額2万円。基本額は、実質家賃の1/2以内の額で上限1.5万円。子育て加算として、同居する18歳以下の子を扶養する場合、1人につき月額1,000円を加算する)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給条件・備考等 那須烏山市と住宅金融支援機構が連携し、那須烏山市の「移住促進住宅取得奨励金」の子育て世帯加算又はIJU(転入)者加算の交付を条件として、フラット35の当初5年間の借入金利を年0.25%引下げる(審査あり)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住促進住宅取得奨励金】2021年4月1日から2024年3月31日までに定住を目的として市内に住宅を取得した49歳以下の方に10万円を交付する。更に同居する18歳以下の子を扶養する世帯に15万円を加算し、又他の市町村から那須烏山市に転入した方で、かつ、転入日前に1年以上他の市町村に住所があった方に25万円を加算する。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給条件・備考等 那須烏山市と住宅金融支援機構が連携し、那須烏山市の「移住促進住宅取得奨励金」の子育て世帯加算又はIJU(転入)者加算の交付を条件として、フラット35の当初5年間の借入金利を年0.25%引下げる(審査あり)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住促進住宅取得奨励金】2021年4月1日から2024年3月31日までに定住を目的として市内に住宅を取得した49歳以下の方に10万円を交付する。更に同居する18歳以下の子を扶養する世帯に15万円を加算し、又他の市町村から那須烏山市に転入した方で、かつ、転入日前に1年以上他の市町村に住所があった方に25万円を加算する。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給条件・備考等 那須烏山市と住宅金融支援機構が連携し、那須烏山市の「移住促進住宅取得奨励金」の子育て世帯加算又はIJU(転入)者加算の交付を条件として、フラット35の当初5年間の借入金利を年0.25%引下げる。(審査あり)
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住促進住宅取得奨励金】2021年4月1日から2024年3月31日までに定住を目的として市内に住宅を取得した49歳以下の方に10万円を交付する。更に同居する18歳以下の子を扶養する世帯に15万円を加算し、又他の市町村から那須烏山市に転入した方で、かつ、転入日前に1年以上他の市町村に住所があった方に25万円を加算する。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域常陸大宮市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【空家改修費補助金】当該工事に要した費用の1/2、最高50万円。(2)住宅取得奨励金(住宅を建築または購入する子育て世帯等を奨励)の交付の際、市外からの転入者には20万円を加算。条件あり。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【新婚家庭家賃助成金】市内の民間賃貸住宅に入居する新婚家庭に対し、最長36ヶ月、月額1万円を上限に交付。条件あり)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)60万円(2)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅建設助成金】市内の建築業者を利用し、市内生産加工材を使用した場合、1m3当たり4万円(限度額60万円まで)助成。市内の建築業者を利用し、市産材を使用した新築住宅に対し、1m3当たり4万円(限度額60万円)の助成。ただし、5m3以上であること。(2)【住宅取得奨励金】市内に住宅を新築する新婚世帯、子育て世帯等に対して50万円を交付。条件あり。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得奨励金】市内の建売住宅を購入する新婚世帯、子育て世帯等に対して50万円を交付。条件あり。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 25 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得奨励金】市内の中古住宅を購入する新婚世帯、子育て世帯等に対して25万円を交付。条件あり。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 10 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅リフォーム資金補助】20万円以上100万円未満の工事の場合10%の額、100万円以上の工事は10万円を補助。

周辺地域さくら市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【おためし移住事業】市が家具及び家電付きの住宅を用意し、一定期間(約1ヶ月~3ヶ月)住んでもらい、市内での暮らしを体験してもらうことで、移住のきっかけとすることを目的とした事業。電気・ガス・水道及びシーツ清掃代は自己負担。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(婚姻を機に新婚世帯が市内で住宅を購入、賃借するための費用[住宅の購入費、賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料]および引越費用を助成。上限30万円。年齢が夫婦ともに39歳以下であること等、諸条件あり)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 110 万円
補助/助成金条件・備考等 耐震建替えに要する費用相当額の4/5以内かつ上限100万円。建替え後が木造であり、10m3以上の県産出材を使用する場合、さらに10万円上乗せ。1981年5月31日以前の旧耐震で建築された木造2階建て以下の一戸建て住宅で耐震性がないと判断されたものが対象。他要件あり。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)6.4万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【さくら市木造住宅耐震診断等事業】耐震診断に要した費用の2/3以内かつ上限6.4万円。(2)【さくら市木造住宅耐震改修事業】耐震改修に要した費用の4/5以内かつ上限100万円。1981年5月31日以前の旧耐震基準で建築された木造2階建て以下の一戸建て住宅で耐震性がないと判断され、申請までに補強計画を作成している住宅が対象。他要件あり。