「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

西之表市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)市内にUIターン者向け住宅15戸(新築6戸、空屋改修9戸)を整備。(2)地域活性化住宅8戸を整備し若者向けの定住促進。(3)短期滞在型住宅1戸を整備し移住希望者に生活体験をしてもらう。(4)空家バンク制度を活用して、民家の空家をホームページ上で紹介。(5)市外からの転入者(65歳以下の夫婦世帯)、市内の居住者(50歳以下の夫婦世帯)が定住する場合、家賃補助、リフォーム補助、住宅建築補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 165 万円
補助/助成金条件・備考等 【地域を支える定住促進事業】西之表市の指定された地域(地域によって補助額が決定)に定住しようとする夫婦世帯で2018年4月1日から2021年3月31日までの期間限定。転入者は65歳以下、転居者は50歳以下の購入契約額の10%以内、地域により50万円~150万円を限度を補助。中学生以下の子ども1人につき5万円加算(上限15万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 165 万円
補助/助成金条件・備考等 【地域を支える定住促進事業】西之表市の指定された地域(地域によって補助額が決定)に定住しようとする夫婦世帯で2018年4月1日から2021年3月31日までの期間限定。転入者は65歳以下、転居者は50歳以下の購入契約額の10%以内、地域により50万円~150万円を限度を補助。中学生以下の子ども1人につき5万円加算(上限15万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)115万円(2)6万円(3)30万円(4)15 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【地域を支える定住促進事業】指定された地域に定住予定の夫婦世帯で2018年4月1日から2021年3月31日までの期間限定。転入者は65歳以下、転居者は50歳以下でリフォームに要した工事費(消費税は除く)の50%以内を地域により50~100万円を限度に補助。中学生以下の子ども1人につき5万円加算(上限15万円)。(2)【木造住宅耐震診断事業補助金】耐震診断経費の2/3相当額を6万円を上限に補助。(3)【木造住宅耐震改修工事補助金】耐震改修工事経費の23%相当額を30万円を限度に補助。(4)【住宅改修工事補助金】自己所有又は一親等以内の親族所有の住宅を改修する者に対し、工事費の10%相当額を15万円を限度に補助。