「身体の芯まで温まりたい💓ふるさと納税で頼める入浴剤」投票受付中

鹿屋市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?ここでは住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度を紹介します。

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【空き家等バンク制度に関する補助】物件登録者が市内業者との請負契約により改修工事を行う場合、対象経費の1/2(上限50万円)。利用登録者が自ら改修を行う場合、対象経費の1/2(上限30万円)。家財道具の処分経費(対象経費の2/3、上限5万円)。引越し経費(対象経費の1/2、上限5万円)。(2)【新規就農支援事業】生活支援は単身15万円/月、夫婦20万円/月、就農開始支援50万円。(3)【畜産担い手定着促進事業】生活支援は単身15万円/月、夫婦20万円/月、就農開始支援100万円。(4)【農業後継者就農支援事業】農業用機械等導入経費補助として対象経費の3/10、上限200万円。(5)【定住促進住宅用地の貸付及び分譲】1坪当たり約80円として貸付を行い、20年後に無償譲渡(一括も可)。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)731.8 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】がけ上、がけ下に建っている危険な住宅の移転を促進するため、住宅の除却などに要する経費や新たに建設する住宅(購入も含む)に要する経費の一部(利子補給)を助成。危険住宅に代わる住宅建設に要する経費の利子補給、対象限度額731.8万円(建設費465万円、土地購入費206万円、造成費60.8万円)。その他、危険住宅解体費助成費97.5万円(上限。解体見積額によるもの)。国が1/2補助。県と市で1/4ずつ補助。
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)731.8 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】がけ上、がけ下に建っている危険な住宅の移転を促進するため、住宅の除却などに要する経費や新たに建設する住宅(購入も含む)に要する経費の一部(利子補給)を助成。危険住宅に代わる住宅建設に要する経費の利子補給、対象限度額731.8万円(建設費465万円、土地購入費206万円、造成費60.8万円)。その他、危険住宅解体費助成費97.5万円(上限。解体見積額によるもの)。国が1/2補助。県と市で1/4ずつ補助。
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)731.8 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】がけ上、がけ下に建っている危険な住宅の移転を促進するため、住宅の除却などに要する経費や新たに建設する住宅(購入も含む)に要する経費の一部(利子補給)を助成。危険住宅に代わる住宅建設に要する経費の利子補給、対象限度額731.8万円(建設費465万円、土地購入費206万円、造成費60.8万円)。その他、危険住宅解体費助成費97.5万円(上限。解体見積額によるもの)。国が1/2補助。県と市で1/4ずつ補助。
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)10万円(2)83.8万円(3)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【既存住宅耐震診断補助金】耐震診断の費用の一部を助成。補助率2/3、上限10万円。(2)【既存住宅耐震改修工事補助金】耐震改修工事の費用の一部を助成。耐震改修は、補助率40%、上限83.8万円。簡易耐震改修工事は、補助率1/3、上限40万円。(3)【支え愛ファミリー住宅改修応援事業】リフォーム工事の費用の一部を助成。1981年5月以前建築の住宅は補助率15%~30%、上限20~30万円。1981年6月以降建築の住宅は補助率15%又は20%、上限20万円。※補助率・上限金額については世帯状況により異なる。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域垂水市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度を実施。(2)【空き家リフォーム促進事業】空き家バンク登録物件のリフォーム費用の助成。最大50万円。(3)【住宅取得費助成事業】子育て世帯又は転入者で、自ら居住するために市内に住宅を建設・購入された方に最大150万円助成。(4)【賃貸住宅助成事業】婚姻により新居を構える若年夫婦世帯又は転入者に対し、賃貸住宅物件の家賃を助成(月額5,000円~月額1.5万円)。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 あり([1]【結婚生活支援事業】事業実施年度の前年度1月1日から事業実施年度末日までに婚姻届を提出し、垂水市に住民票がある世帯の新生活準備にかかる費用について、夫婦共に39歳以下かつ世帯所得が400万円未満の場合は、最大30万円まで補助、夫婦共に50歳以下の場合は、最大15万円まで補助。[2]【賃貸住宅助成事業】婚姻[夫婦共に40歳未満]を契機として、垂水市の賃貸住宅を借り上げた世帯について月額1.5万円、最大36ヶ月の家賃助成)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券+現金)150 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得費等助成金】市内で住宅を建設・購入された子育て世帯又は転入者を対象に費用の一部を助成。子育て世帯は50万円、転入世帯は100万円、子育て転入世帯は150万円。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券+現金)150 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得費等助成金】市内で住宅を建設・購入された子育て世帯又は転入者を対象に費用の一部を助成。子育て世帯は50万円、転入世帯は100万円、子育て転入世帯は150万円。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券+現金)150 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得費等助成金】市内で住宅を建設・購入された子育て世帯又は転入者を対象に費用の一部を助成。子育て世帯は50万円、転入世帯は100万円、子育て転入世帯は150万円。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)45万円(2)6万円(3)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム促進事業】市税等に滞納のない市内居住者が所有する市内住宅が対象。対象工事費について一般世帯10%上限15万円、子育て世帯30%上限45万円補助。(2)【木造住宅耐震診断補助事業】1981年5月31日以前に建築(着工)された住宅が対象。耐震診断に要する費用の2/3、上限6万円を補助。(3)【木造住宅耐震改修工事補助事業】1981年5月31日以前に建築(着工)された住宅が対象。耐震改修工事に要する費用の23/100、上限30万円補助。

周辺地域曽於市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度を実施。(2)移住・田舎暮らし体験プログラム(移住希望者に対して、農業体験・田舎暮らし体験費用を全額補助)。(3)住宅取得祝金等支給制度。(4)市有地活用定住促進補助金。(5)曽於市新規就農者支援対策事業。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)(商品券+現金)50万円(2)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅取得祝金等支給制度】住宅を新築した者に商品券、現金をそれぞれ5万円ずつ助成。転入者の場合、商品券、現金をそれぞれ10万円ずつ加算。転入者でかつ子どもがいる場合、子ども1人につき商品券、現金を5万円ずつそれぞれ加算(ただし、子どもが2人以上いる場合は、2人分を上限とする)。他要件あり。(2)【市有地活用定住促進補助金】曽於市の所有する土地を購入し、住宅を建築する際に、土地取得費用の1/10を助成。転入者は上限50万円、曽於市在住者は上限30万円。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券+現金)50 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得祝金等支給制度】住宅を購入した者に商品券、現金をそれぞれ5万円ずつ助成。転入者の場合、商品券、現金をそれぞれ10万円ずつ加算。転入者でかつ子どもがいる場合、子ども1人につき商品券、現金を5万円ずつそれぞれ加算(ただし、子どもが2人以上いる場合は、2人分を上限とする)。他要件あり。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券+現金)50 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得祝金等支給制度】住宅を購入した者に商品券、現金をそれぞれ5万円ずつ助成。転入者の場合、商品券、現金をそれぞれ10万円ずつ加算。転入者でかつ子どもがいる場合、子ども1人につき商品券、現金を5万円ずつそれぞれ加算(ただし、子どもが2人以上いる場合は、2人分を上限とする)。他要件あり。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)15万円(2)42 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム促進事業補助金】リフォーム等20万円以上の工事に対し10%を補助、上限15万円。(2)【木造住宅の耐震診断・改修工事補助金】診断補助金は1棟につき上限12万円。改修補助金は対象経費の9/10、上限30万円。

周辺地域霧島市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【移住定住促進補助事業】霧島市(市街地又は中山間地域)への転入及び中山間地域への転居により住宅を新築・購入又は増改築する方に最大80万円の補助金。移住先(市街地・中山間地域)並びに住宅取得等要件(新築・中古購入・増改築)により補助金額決定。さらに、霧島市の中山間地域への転入により賃貸住宅に入居する方に最大24万円の補助。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域に住宅を新築した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、50万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域に新築住宅を購入した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、50万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域に中古住宅を購入した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、最大30万円の補助金を交付する。また、市街地に中古住宅を購入した市外からの転入者に対し、最大10万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)106 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域の住宅を増改築した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、最大20万円の補助金を交付する。また、市街地の住宅を増改築した市外からの転入者に対し、最大10万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。(2)【木造住宅耐震改修工事補助金】1981年5月31日以前に建築された、現在住んでいる方がいる専用住宅又は併用住宅が対象。耐震診断は補助率2/3で上限6万円、改修工事費は補助率4/5で上限100万円を助成。