「超難問❕読めたらすごい👏難読駅クイズ【西日本編】」投票受付中

小林市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家等情報バンク制度(登録された空き家等の情報をホームページ等で提供)。(2)空き家バンク活動事業補助金(空き家所有者と移住者との間で賃貸借契約が締結され、移住者が5年以上定住する見込みがある場合、空き家の改修等に対して上限50万円の補助)。(3)お試し滞在施設(生活体験や移住準備のために使用できる施設。1日1,000円で最長30日間使用可能。施設により使用期間は異なる)。(4)小林市新婚ふるさと定住補助金(須木地区内に一定期間居を構える夫婦に、1組11.4万円を補助。※制度は2020年度まで)

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 120 万円
補助/助成金条件・備考等 【小林市中心市街地空き家活用促進事業】中心市街地エリアに空き家(中古住宅)を購入し、居住する者に対し、住宅購入費用の2/3以内を補助(上限100万円)、子育て世帯、他地域からの移住世帯は上乗せ(20万円)、予算がなくなり次第終了。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)15万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【経済対策住宅等リフォーム促進事業】予算がなくなり次第終了。工事費(税抜)の補助。市内居住者で市内業者(市内本店があること)が施工のものに限る(15万円)。(2)【小林市木造住宅耐震改修事業】耐震診断を行った住宅を対象に補助を行う。1981年5月31日以前に着工された木造住宅で、改修工事は市内業者で施行すること、その他条件あり(最高100万円)。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域宮崎市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)移住者等に宮崎の空き家を紹介するための空き家バンクを開設し、Webサイトにて公表。(2)宮崎市移住センター(月~金 9:00~17:00)を設置。移住希望者の相談、移住後のフォローアップを対応。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)37.95万円(3)457 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【宮崎市災害危険区域内における住宅改築等事業補助金】災害危険区域内の既存住宅改築等に助成。測量費、解体費、条例で定める危険設定水位より上に住宅の床面を嵩上げするための工事費等、対象経費の1/2かつ100万円を限度に助成。新築住宅は測量費のみ対象。(2)【木造建築物等地震対策促進事業(建替え)】耐震診断の結果が1.0未満の旧耐震の木造住宅の建替えに要する費用の一部を補助。(3)【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅を市内の危険区域外に建設し、又は購入に要する費用を一部補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 457 万円
補助/助成金条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅を市内の危険区域外に建設し、又は購入に要する費用を一部補助。1戸あたり住宅の建設または購入に係る経費は457万円、土地の取得に係る経費は206万円、敷地の造成に係る経費は59.7万円を限度としている。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 1981年5月31日以前に建築された木造住宅が対象。他要件あり。【耐震診断】無料(耐震診断士派遣)【耐震補強設計+耐震改修】4/5(上限100万円)。

周辺地域都城市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家等情報バンク。(2)お試し滞在制度(宿泊費・レンタカー借上料)補助金1/2補助(宿泊費:1人1泊当たり3,000円を上限に2泊3日まで、レンタカー借上料:24時間当たり2,500円を上限に72時間まで)。(3)転職応援補助金(転職を機に、市内へ転入した人に転居費用及び家賃を最大100万円補助)。(4)地域経済応援ポイント付与(マイナンバーカードに5,000円分のポイントを付与)。(5)移住・定住サポートセンター(移住・定住に関する相談のほか、無料職業紹介事業により、雇用相談にも対応)。(6)就職応援サイト(市内の求人情報や企業情報を掲載し、就職活動を支援)。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)5.4万円(2)100万円(3)34.5 万円
補助/助成金条件・備考等 1981年5月31日以前に建築された木造住宅が対象。(1)【耐震診断助成】診断費用の9/10を助成。(2)【耐震改修工事助成】耐震改修工事費用の4/5を助成。(3)除去費用の23/100を助成。

周辺地域えびの市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【えびの市空き家バンク活動事業補助金】えびの市定住促進サイトを通じた空家バンク制度。空家バンクに賃貸を目的として家屋を登録している者を対象に、3年以上定住する見込みのある市外からの移住者との間に賃貸借契約が締結された物件に対し、補助対象工事にかかる費用の1/2を補助する。ただし、えびの市の業者を使った補助対象工事に限り、また、上限40万円とする。(2)【移住者住宅取得支援金】移住者が住宅を取得した際に助成。取得経費の10%、上限50万円(市内業者を利用して新築した場合または市内業者から新規購入した場合。それ以外は上限30万円)を補助。住宅取得者子育て加算金として中学生以下の被扶養者1人につき10万円、上限20万円の上乗せあり。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(婚姻から1年以内の新婚世帯の実質家賃負担額の1/2、上限1万円を補助。夫婦ともに市外からの転入の場合、上限1.4万円。夫婦のいずれかが市外からの転入の場合、上限1.2万円)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 70 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住者住宅取得支援金】移住者が住宅を取得した際に助成。取得経費の10%、上限50万円(市内業者を利用して新築した場合または市内業者から新規購入した場合。それ以外は上限30万円)を補助。住宅取得者子育て加算金として中学生以下の被扶養者1人につき10万円、上限20万円の上乗せあり。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 70 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住者住宅取得支援金】移住者が住宅を取得した際に助成。取得経費の10%、上限50万円(市内業者を利用して新築した場合または市内業者から新規購入した場合。それ以外は上限30万円)を補助。住宅取得者子育て加算金として中学生以下の被扶養者1人につき10万円、上限20万円の上乗せあり。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 15 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅リフォーム促進事業】住宅を市内の施工業者を利用して修繕、補修、改築及び増築の工事を行う場合に、その経費の20%、上限15万円を補助。

周辺地域霧島市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【移住定住促進補助事業】霧島市(市街地又は中山間地域)への転入及び中山間地域への転居により住宅を新築・購入又は増改築する方に最大80万円の補助金。移住先(市街地・中山間地域)並びに住宅取得等要件(新築・中古購入・増改築)により補助金額決定。さらに、霧島市の中山間地域への転入により賃貸住宅に入居する方に最大24万円の補助。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域に住宅を新築した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、50万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域に新築住宅を購入した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、50万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域に中古住宅を購入した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、最大30万円の補助金を交付する。また、市街地に中古住宅を購入した市外からの転入者に対し、最大10万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)106 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域の住宅を増改築した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、最大20万円の補助金を交付する。また、市街地の住宅を増改築した市外からの転入者に対し、最大10万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。(2)【木造住宅耐震改修工事補助金】1981年5月31日以前に建築された、現在住んでいる方がいる専用住宅又は併用住宅が対象。耐震診断は補助率2/3で上限6万円、改修工事費は補助率4/5で上限100万円を助成。