「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

都城市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家等情報バンク。(2)【お試し滞在制度】宿泊費・レンタカー借上料を一部補助。(3)教習所で実施されるペーパードライバー講習に要する費用を一部助成。(4)【転職応援補助金】転職を機に、市内へ転入した人に転居費用及び家賃を一部補助。(5)【地域経済応援ポイント付与】マイナンバーカードに5,000円分のポイントを付与。(6)【移住・定住サポートセンター】移住・定住に関する相談、雇用相談を実施。(7)【就職応援サイト】求人情報や企業情報を掲載し、就職活動を支援。(8)【奨学金返還支援事業】都城市出身者が大学等を卒業後、5年以内に本市に居住及び市内事業所に就職した場合に、奨学金返還を一部支援。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)13万円(2)100万円(3)34.5万円(4)10 万円
補助/助成金条件・備考等 1981年5月31日以前に建築された木造住宅が対象。(1)【耐震診断助成】診断費用の上限13万円を助成。(2)【耐震改修工事助成】耐震改修工事費用の4/5を助成。(3)除去費用の23/100を助成。(4)【住宅リフォーム助成(2021年度事業)】住宅リフォーム工事に要する費用の一部を助成。費用の10%(上限10万円)。他要件あり。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域宮崎市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)移住者等に宮崎の空き家を紹介するための空き家バンクを開設し、Webサイトにて公表。(2)宮崎市移住センター(月~金、9:00~17:00)を設置。移住希望者の相談、移住後のフォローアップを対応。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 731.8 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅を市内の危険区域外に建設し、又は購入に要する資金を金融機関から借り入れた場合の借入金の利子の一部を補助。年利率8.5%を限度とする。上限金額は、住宅の建設、購入及び改修に係る経費465万円、土地の取得に係る経費206万円、敷地の造成に係る経費60.8万円。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)38.1 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【宮崎市災害危険区域内における住宅改築等事業補助金】災害危険区域内の既存住宅改築等に助成。測量費、解体費、条例で定める危険設定水位より上に住宅の床面を嵩上げするための工事費等、対象経費の1/2かつ100万円を限度に助成。新築住宅は測量費のみ対象。(2)【木造建築物等地震対策促進事業(建替え)】耐震診断の結果が1.0未満の旧耐震の木造住宅の建替えに要する費用の一部を補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 731.8 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅を市内の危険区域外に建設し、又は購入に要する資金を金融機関から借り入れた場合の借入金の利子の一部を補助。年利率8.5%を限度とする。上限金額は住宅の建設、購入及び改修に係る経費465万円、土地の取得に係る経費206万円、敷地の造成に係る経費60.8万円。
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 731.8 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅を市内の危険区域外に建設し、又は購入に要する資金を金融機関から借り入れた場合の借入金の利子の一部を補助。年利率8.5%を限度とする。上限金額は住宅の建設、購入及び改修に係る経費465万円、土地の取得に係る経費206万円、敷地の造成に係る経費60.8万円。
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【木造建築物等地震対策促進事業】1981年5月31日以前に着工された2階建て以下の木造住宅が対象。他要件あり。耐震診断は、無料(耐震診断士派遣)。耐震補強設計+耐震改修の場合、耐震改修工事に要する費用の4/5を補助(上限100万円)。

周辺地域日南市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)日南市移住促進住宅(短期滞在施設)。(2)空き家・空き地情報バンク。(3)移住・定住コンシェルジュ(専門相談員)。(4)空き家カウンセラー(空き家の総合相談窓口)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【飫肥杉マイホーム建築支援事業補助金】一定の条件を満たし、市が定めた分譲地を購入後、構造材をすべて飫肥杉材を使用し住宅を建築する場合、助成。構造見学会を開催する場合、50万円。構造見学会と完成見学会を開催する場合、100万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【耐震改修総合支援事業】耐震診断の結果、評点1.0未満の住宅の耐震改修工事費用を助成。耐震改修工事費用の80%(上限100万円)。段階的耐震改修の場合、対象工事費の80%(上限60万円)。段階的耐震改修後に耐震改修を行う場合、対象工事費の80%(上限40万円)。

周辺地域小林市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家等情報バンク制度(登録された空き家等の情報をホームページ等で提供)。(2)空き家バンク活動事業補助金(空き家所有者と移住者との間で賃貸借契約が締結され、移住者が3年以上定住する見込みがある場合、空き家の改修等に対して上限50万円の補助)。(3)お試し滞在施設(生活体験や移住準備のために使用できる施設。1日1,000円で最長30日間使用可能。施設により使用期間は異なる)。(4)移住支援金交付事業(県外から市に移住した者に対し、移住支援金を交付する)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 120 万円
補助/助成金条件・備考等 【小林市中心市街地空き家活用促進事業】中心市街地エリアに空き家(中古住宅)を購入し、居住する者に対し、住宅購入費用の2/3以内を補助(上限100万円)、子育て世帯、他地域からの移住世帯は上乗せ(20万円)、予算がなくなり次第終了。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)15万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【経済対策住宅等リフォーム促進事業】予算がなくなり次第終了。工事費(税抜)の補助。市内居住者で市内業者(市内本店があること)が施工のものに限る(15万円)。(2)【小林市木造住宅耐震改修事業】耐震診断を行った住宅を対象に補助を行う。1981年5月31日以前に着工された木造住宅で、改修工事は市内業者で施行すること、その他条件あり(最高100万円)。

周辺地域串間市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【移住体験ツアー事業】ツアーを企画・実施する民間団体に対し、補助金を交付。(2)【お試し滞在助成】移住希望者が串間市を体験するため市内宿泊施設に2泊以上宿泊する場合に1泊1/2(上限3,000円)を補助。また、宿泊助成を受ける者が市内レンタカー事業者の車両を借り上げる場合1/2(24時間上限3,000円)を補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 10 万円
補助/助成金条件・備考等 【串間市住宅等リフォーム促進事業】自己の居住又は所有している住宅又は店舗等で建築後1年以上経過し市内の施工業者が行う20万円以上のリフォーム費用の10%(上限10万円)を補助。他要件あり。

周辺地域曽於市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度を実施。(2)移住・田舎暮らし体験プログラム(移住希望者に対して、農業体験・田舎暮らし体験費用を全額補助)。(3)住宅取得祝金等支給制度。(4)市有地活用定住促進補助金。(5)曽於市新規就農者支援対策事業。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)(商品券+現金)50万円(2)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅取得祝金等支給制度】住宅を新築した者に商品券、現金をそれぞれ5万円ずつ助成。転入者の場合、商品券、現金をそれぞれ10万円ずつ加算。転入者でかつ子どもがいる場合、子ども1人につき商品券、現金を5万円ずつそれぞれ加算(ただし、子どもが2人以上いる場合は、2人分を上限とする)。他要件あり。(2)【市有地活用定住促進補助金】曽於市の所有する土地を購入し、住宅を建築する際に、土地取得費用の1/10を助成。転入者は上限50万円、曽於市在住者は上限30万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券+現金)50 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得祝金等支給制度】住宅を購入した者に商品券、現金をそれぞれ5万円ずつ助成。転入者の場合、商品券、現金をそれぞれ10万円ずつ加算。転入者でかつ子どもがいる場合、子ども1人につき商品券、現金を5万円ずつそれぞれ加算(ただし、子どもが2人以上いる場合は、2人分を上限とする)。他要件あり。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券+現金)50 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得祝金等支給制度】住宅を購入した者に商品券、現金をそれぞれ5万円ずつ助成。転入者の場合、商品券、現金をそれぞれ10万円ずつ加算。転入者でかつ子どもがいる場合、子ども1人につき商品券、現金を5万円ずつそれぞれ加算(ただし、子どもが2人以上いる場合は、2人分を上限とする)。他要件あり。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)15万円(2)42 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム促進事業補助金】リフォーム等20万円以上の工事に対し10%を補助、上限15万円。(2)【木造住宅の耐震診断・改修工事補助金】診断補助金は1棟につき上限12万円。改修補助金は対象経費の9/10、上限30万円。

周辺地域霧島市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【移住定住促進補助事業】霧島市(市街地又は中山間地域)への転入及び中山間地域への転居により住宅を新築・購入又は増改築する方に最大80万円の補助金。移住先(市街地・中山間地域)並びに住宅取得等要件(新築・中古購入・増改築)により補助金額決定。さらに、霧島市の中山間地域への転入により賃貸住宅に入居する方に最大24万円の補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域に住宅を新築した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、50万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域に新築住宅を購入した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、50万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域に中古住宅を購入した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、最大30万円の補助金を交付する。また、市街地に中古住宅を購入した市外からの転入者に対し、最大10万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)106 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住定住促進補助事業】霧島市の中山間地域の住宅を増改築した市外からの転入者及び市街地からの転居者に対し、最大20万円の補助金を交付する。また、市街地の住宅を増改築した市外からの転入者に対し、最大10万円の補助金を交付する。さらに中山間地域の転入者で、高校生(18歳)以下の子供がいる場合、または40歳未満の既婚者で配偶者と同居している場合一律30万円の加算金を支給。(2)【木造住宅耐震改修工事補助金】1981年5月31日以前に建築された、現在住んでいる方がいる専用住宅又は併用住宅が対象。耐震診断は補助率2/3で上限6万円、改修工事費は補助率4/5で上限100万円を助成。

周辺地域志布志市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:U・Iターン者支援事業。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(新居の家賃、引越費用など結婚に伴う新生活のスタートアップに係る費用を支援する事業。上限30万円を補助)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)15万円(2)15万円(3)36 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム助成事業】対象経費が20万円以上の工事で、経費の15%、上限15万円(2)【空き家リフォーム助成事業】対象経費が20万円以上の工事で、経費の15%、上限15万円(3)【耐震診断・耐震改修助成事業】耐震診断においては助成対象経費の2/3、上限6万円。耐震改修工事においては助成対象経費の1/3、上限30万円。