「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

海南市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度を実施。(2)【空家リフォーム工事補助事業】転居または移住に伴い、空家を購入または譲り受けて、リフォーム工事を行う場合の費用を補助。市内転居の場合は工事費の2/3(上限20万円)、市外からの移住の場合、工事費の2/3(上限80万円)、さらに40歳以下の方で中学生以下の子供を扶養しているまたは結婚して5年以内の方は上限90万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 116.6 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅耐震改修補助】耐震診断の結果、耐震性を満たしていない住宅の建替え費用(設計費・工事費)の2/5(上限額50万円)+66.6万円を補助。上限116.6万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)8.9万円(2)116 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅耐震診断補助】2000年5月31日以前に建築された木造住宅は無料で診断。1981年5月31日以前に建築された非木造住宅の診断費の2/3(上限8.9万円)を補助。(2)【住宅耐震改修補助】診断の結果、耐震性を満たしていない住宅の耐震改修費の2/5(上限額50万円)+66.6万円(定額)の合計最大116.6万円を補助。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域和歌山市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【和歌山市転入型三世代同居・近居促進補助金】市外から市内に転入して三世代で新たに同居又は近居するための住宅を取得する場合や同居するための住宅をリフォームする場合に一定の要件を満たせば最大30万円を助成する制度。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(経済的理由で結婚に踏み出せない方に、結婚に伴う住居取得又は賃借にかかる経費[賃料・共益費については1ヶ月分のみ]および引越し費用を、最大30万円支援することにより、結婚の希望をかなえる。夫婦の合算所得が340万円未満、婚姻時における夫婦の年齢が34歳以下であること等条件あり)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 116.6 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅耐震建替補助金】耐震性が低いと判定された旧耐震基準(1981年5月31日以前に着工)の戸建て住宅の建替え費(設計費及び工事費)の一部を補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)8.9万円(2)116.6万円(3)10 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【耐震診断助成】木造は無料(4.8万円~6.3万円相当分)、非木造は上限8.9万円の助成。(2)【耐震改修助成】耐震性が低いと判定された住宅の耐震改修費(設計費及び工事費)の一部を助成。(3)【リフォーム工事助成】1981年5月31日以前に建築された住宅の改修工事と同時に行うリフォーム工事が対象。費用の20%。他要件あり。

周辺地域有田市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【移住希望者現地訪問支援補助金】事前に市職員へ移住相談を行った方が、移住を目的として県外から有田市へ現地訪問を行う場合、往路経費(上限2万円、2回まで)を補助。(2)【三世代定住等支援事業】市外在住の子ども世帯が市内の親世帯と同居または近居するために住宅を取得する場合、その費用の一部(補助率1/2、上限20万円)を助成。(3)【奨学金返還支援助成金】有田市に住み、起業や就業を行う者について、奨学金返還額の1/2(上限12万円)を補助。※市内事業所へ就業・起業の場合、4年目から10/10(上限20万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援補助金】若い世代の経済的支援を図るため、39歳以下の夫婦の結婚に伴う住宅取得費用や賃貸、引っ越し費用を補助[補助率10/10、上限30万円])

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 20 万円
補助/助成金条件・備考等 【三世代定住等支援事業】市内で三世代が定住することを促進するため、市外在住のこども世帯が市内の親世帯と同居または近居するために住宅を取得する場合、その費用の一部を助成。取得費用の50%、上限20万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 20 万円
補助/助成金条件・備考等 【三世代定住等支援事業】市内で三世代が定住することを促進するため、市外在住のこども世帯が市内の親世帯と同居または近居するために住宅を取得する場合、その費用の一部を助成。取得費用の50%、上限20万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 20 万円
補助/助成金条件・備考等 【三世代定住等支援事業】市内で三世代が定住することを促進するため、市外在住のこども世帯が市内の親世帯と同居または近居するために住宅を取得する場合、その費用の一部を助成。取得費用の50%、上限20万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)20万円(2)20万円(3)125.5 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【有田市住宅リフォーム工事費補助金交付制度】市内施工業者の施工によりリフォーム工事を行う者に対し、補助金を交付。(2)【三世代定住等支援事業】市外在住のこども世帯が市内の親世帯と同居するために住宅を増築する場合、費用の50%、上限20万円を助成。(3)【有田市住宅耐震改修事業費補助金交付制度】旧基準住宅の非木造住宅耐震診断、耐震補強設計及び耐震改修工事を実施する者に対し、補助金を交付する。

周辺地域紀の川市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【若者定住促進住宅取得奨励金】若年層の住宅取得者に対し、予算の範囲内で奨励金を交付。要綱に定めた条件を満たした者へ、30万円(基礎額)を交付。それに加え、一定の要件を満たした場合は、基礎額に最大20万円を加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者定住促進住宅取得奨励金】若年層の住宅取得に対し、予算の範囲内で奨励金を交付。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者定住促進住宅取得奨励金】若年層の住宅取得に対し、予算の範囲内で奨励金を交付。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者定住促進住宅取得奨励金】若年層の住宅取得に対し、予算の範囲内で奨励金を交付。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 116.6 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅耐震改修事業費補助金】2000年5月末以前着工の木造の場合は耐震診断の総合評点1.0未満、1981年5月末以前着工の非木造の場合はIs値0.6未満又はq値1.0未満の住宅。補助は2パターン。(a)設計と改修工事の総合的な補助の場合、耐震工事費の40%(上限50万円)+66.6万円(固定)(b)設計と改修工事を個別に補助の場合、耐震設計費の2/3(上限13.2万円)、耐震工事費の2/3(上限60万円)+耐震工事費の11.5%(上限41.1万円)。